あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

柴田勝家

柴田勝家(しばた かついえ、1522-1583年)は織田信長の重臣で織田四天王の筆頭でもある。越前国北ノ庄城主。信長死後は織田家の覇権を巡って羽柴秀吉と対立し、賤ヶ岳の戦いで決戦に敗れ、妻で信長の妹でもある "お市の方" とともに自害した。

経歴

勝家は尾張国愛知郡上社村(現在の愛知県名古屋市名東区)で誕生した。初名を"権六"、のちに"修理亮"と称したという。

確証のない勝家の出自

生誕年は不明であり、大永2,6,7年(1522, 1526, 1527年)と諸説ある。

『太閤記』によれば、柴田氏は清和源氏斯波氏の流れを汲んでおり、始祖の修理大夫義勝が越後国の新発田城に居城したことで姓を柴田にしたというが確証はない。また、勝家の父は柴田勝義というが、これも定かではない。

確実な史料での勝家の初見は天文20年(1551年)であり、この年に没した織田信秀の葬儀の列席にその名がみえる。よって信秀の代から織田家臣として仕えていたようである。

織田家の内紛

信秀の死後は信長の弟・織田信行(信勝)に仕えるようになった。

織田家の家督は信長が継いだが、信長は周囲から「大うつけ者」と評されるほど素行が悪く、さらに天文22年(1553年)には信長の傅役であった平手政秀が自害する事件も重なるなど、織田家臣の中には織田家の当主にふさわしくないとみる者もいた。

一方で弟の信行は織田家中でも評価が高く人望も厚かったといい、信行は信長に対抗して代々織田家当主が名乗ってきた弾正忠の官途を自称するようになる。

こうした結果、弘治2年(1556年)に勝家や林秀貞らは信行を支持して信長を討つことを計画。この不穏な動きを察知した信長との合戦となった(稲生の戦い)
信行・勝家らはこの戦いに敗れたものの、信長と信行の母・土田御前の嘆願によって信許されたのであった。

以後、勝家は信長に忠誠を誓って仕えるようになる。翌弘治3年(1557年)には信行が再度謀反を企てたが、勝家はこれを事前に信長に報告しており、信行は信長におびき出されて誅殺されている。

ちなみに信行の遺児・津田信澄は勝家が養育することとなった。

織田政権の樹立まで

信長はその後、尾張国を統一し、永禄3年(1560年)には有名な桶狭間の戦いで今川義元を討ち、その名を全国にとどろかせると、美濃の斎藤氏攻略に着手する。

永禄10年(1567年)には斎藤義興を追放して美濃を平定した。

勝家はこれらの戦いでは名がでてこないが、翌永禄11年(1568年)に信長が足利義昭を擁しての上洛の途では従軍しており、近江六角氏との観音寺城の戦いに参戦。これを退けて続く畿内での三好三人衆らとの戦いでは先陣として戦って武功を挙げた。

同年の上洛後には勝家の奉行としての働きも垣間見える。

10月には勝家は森可成、坂井政尚、蜂屋頼隆との4人連署で宛先不明の禁制をだしており、11月には同じく4人連署で天竜寺に対して年貢などの献納を申し渡しているのである。

以後は信長の天下統一の戦いにおいて、勝頼は鬼柴田と称される猛将ぶりを発揮していく。

天下統一の戦いに転戦を重ねる

永禄12年(1569年)には伊勢攻略戦に従軍している(大河内城の戦い)。

元亀元年(1570年)には信長が朝倉討伐で越前国を攻めたものの、浅井長政の寝返りで京への撤退を余儀なくされた。

その後まもなく、信長は岐阜へ戻って長政報復の戦いを準備したが、このときの備えとして勝家は長光寺城に入っている。その他、宇佐山城に森可成、永原城に佐久間信盛、安土城には中川重政が配置された。

同年6月には伊賀に逃げていた近江六角氏が南近江に北進してきて勝家のいる長光寺城を包囲。勝家はこのとき六角氏に水源を止められ、残ったわずかな水を入れた瓶をたたき割って討ち死にを覚悟したことから「ツボワリ柴田」の異名がついたという。

その後、勝家は城外へ出陣、永原城の佐久間信盛も出陣して六角氏を撃退したのであった(野洲河原の戦い)

その後は息つく暇もなく、信長に従って浅井攻めを実施。長政の居城・小谷城の城下町を放火している(姉川の戦い)。

続いて翌7月には摂津中嶋に進出した三好三人衆が反織田の兵をあげたため、信長は摂津で交戦した。しかし9月には本願寺顕如が三人衆に呼応して挙兵すると、戦況は不利となった(野田城・福島城の戦い)。

さらに近江から浅井・朝倉連合軍も大軍を率いて侵攻を開始し、森可成、織田信治らが討ち死にするなど、京にあと一歩のところまで迫ってきていた(坂本の戦い・宇佐山城の戦い)。

こうした状況の中、守備するために信長本陣に出向いた勝家は、事態の重さを見て信長に対して京都に戻るように進言し、織田軍は摂津から全軍撤退して京へ戻っている。

一方、浅井・朝倉連合は織田軍との決戦を避けるために比叡山に立て籠もったが、信長はすぐに比叡山へ向かって包囲し、年末まで長期にわたる対陣となったが、勝家もこれに従軍している(志賀の陣)。

元亀2年(1571年)には石山本願寺に呼応して伊勢長島一向一揆が勃発。
織田軍は周辺の村々に放火して一旦退却したが、このとき殿軍を務めた勝家は一揆軍の伏兵に遭って負傷し、馬印(=戦場で目印として背中にさした小旗)を奪われている。

同年9月、勝家は信長の命を受けて佐久間信盛とともに六角義賢と一向一揆の拠点となっていた志村城・小川城を陥落させている。 その直後には、前年に浅井・朝倉に味方した比叡山の焼き討ちに参加している。

元亀3年(1572年)、このころは将軍足利義昭と信長が不和になり、義昭が裏で反信長勢力を糾合しようと動いていた。反信長勢力とは浅井・朝倉・本願寺・三好三人衆・武田などである。

同年に三好義継・松永久秀らも信長に反旗を翻して三好三人衆と結託したが、これを受けて4月に勝家が三好義継攻略に派遣されている。

室町幕府、および浅井・朝倉を滅ぼす

元亀4年(1573年)、義昭は二条城の周囲に堀をほるなど、信長との戦いの準備をしていた。これに対して信長は戦いを避けようと和睦を申し入れたが、義昭は聞き入れなかった。

このため、やむをえずに信長は義昭との戦いを決意する。

同年2月には勝家は明智光秀とともに、幕臣・山岡景友らが入っている近江の今堅田・石田砦を攻撃して攻略した。

3月には義昭自ら挙兵して戦いを宣言したので、信長は再度和睦を持ちかけたが、義昭の決意が変わることはなかった。このため、4月に信長は二条城を包囲し、勝家を総司令官として上京焼き討ちをさせ、二条城の周囲に砦を築くと、まもなくして正親町天皇から和睦の勅命によって一旦は和平となった。

しかし、7月には義昭が再度挙兵し、三淵藤英や伊勢貞興らに二条城を守備させ、自らは槇島城へ立て籠もった。このとき 勝家は説得によって二条城を開城させている。
義昭は織田の大軍の前にあっさり降伏し、室町幕府滅亡となった。

8月に信長に朝倉氏を攻め、勝家は先手の一人として当主の朝倉義景を追い詰めて自害させると(一乗谷城の戦い)、浅井攻めにも従軍し、浅井長政も滅んだ(小谷城の戦い)。

9月に織田軍は北伊勢に出陣して2度目の長島一向一揆攻めを行ない、勝家は坂井城を攻略するなどの功をあげている。

この後も信長は11月に三好義継を自害に追い込み、12月には松永久秀も降伏させ、反織田勢力は崩壊したのであった。

天正2年(1574年)、3月に勝家は松永久秀のいた大和国(=現在の奈良県)の多聞山城に入って守備を任せられた。同年7月に信長は総動員で最期の長島一向一揆攻めに臨み、勝家は佐久間信盛とともに賀鳥口に着陣して指揮をとり、一揆鎮圧に貢献している。
一揆平定後、長島城は滝川一益に与えられ、また、勝家は病気になっていたことが史料からうかがえる。

天正3年(1575年)、勝家は伊勢の長島城の復旧工事の普請奉行を務めていたが、 4月には河内国・高屋城の遊佐信教が三好康長と手を結び、さらに本願寺も呼応して挙兵した(高屋城の戦い)ため、この討伐軍に参加して功をあげている。

続いて5月に武田勝頼との戦い・長篠の戦いに従軍すると、さらに7月には越前一向一揆との戦いに主力として参戦し、大活躍をしたのであった。

越前国は朝倉義景の滅亡後、一揆が勃発して一向一揆勢力が支配していた。

越前一国の大名へ

戦後、勝家は信長から越前一国49万石を与えられると、府中三人衆(前田利家・佐々成政・不破光治)を与力とした北陸方面軍団の指揮官に任命され、加賀国の攻略をまかされることとなったのである。

越前国の支配をまかせられた勝家は、まもなくして北ノ庄城の築城を開始すると、国内で検地や新田開発、道路や橋などの交通網の整備、刀狩りなどを実施した。

以降は加賀一向一揆や上杉氏との戦いとなる。

天正5年(1577年)には加賀へ進出した上杉謙信との唯一の戦いである手取川の戦いで敗北を喫している。

この戦いの前に、勝家は軍議で羽柴秀吉と衝突し、秀吉は信長に無断で戦線を離脱している。

同年には謙信が病没して北陸の情勢が変化。しかし、翌天正6年(1578年)年には荒木村重の謀反などで与力の府中三人衆が摂津国へ動員されたが、勝家は上杉への備えとして越前に留まって加賀への侵攻を行なっている。

天正8年(1580年)には再び加賀へ侵攻し、加賀一向一揆の首謀者を倒してついに加賀を平定し、能登・越中へも進出を果たした。このころには織田家の筆頭家老の座にまで上り詰めていた。

本能寺の変では・・

天正10年(1582年)の3月から勝家率いる北陸軍団で上杉景勝方の越中・魚津城を包囲(魚津城の戦い)
同年6月3日にこれを落城したが、前日に京では本能寺の変で信長が明智光秀に討たれていたのであった。

信長の死を知って急遽撤退し、勝家は光秀討伐に向かおうとするが、これを知った上杉方に邪魔され、光秀討伐は羽柴秀吉に先を越されてしまうのであった。

秀吉との戦いに敗れる

信長死後、まもなくして織田の後継者、および、織田領の再分配を決めるための重臣会議が行なわれた(清洲会議)。

このとき勝家は信長三男・織田信孝を推し、羽柴秀吉の推す信長の嫡孫・三法師(織田秀信)と意見が対立するが、丹羽長秀ら他の重臣が秀吉の案を支持したことで後継者は三法師に決定となり、勝家と秀吉の立場は逆転することとなった。

以後、勝家は秀吉と織田家の覇権を巡って対立することとなる。

天正11年(1583年)には勝家と秀吉の間で織田家を2分した決戦が勃発。勝家には織田信孝、前田利家、佐々成政、滝川一益といった面々が味方したが、前田利家の軍勢が突如戦線を離脱したのをきっかけに勝家方は総崩れとなり、最期は北ノ庄城に逃れて自害した。

勝家の墓所・史跡

西光寺(さいこうじ)

勝家の菩提寺。境内には勝家とお市の方の墓のほか、柴田勝家公資料館もある。

北の庄城址・柴田公園

公園内にある柴田神社(しばたじんじゃ)は勝家と妻・お市の方が合祀されており、すぐ横には浅井三姉妹を祀る三姉妹神社もある。
その他、北の庄城址資料館がある。


あわせて読みたい
織田信孝
織田信長トップ / 登場人物伝
柴田勝家の家紋・家系図
織田信長トップ / その他の記事
柴田勝家の名言・逸話まとめ
織田信長トップ / その他の記事

 PAGE TOP