あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

佐久間信盛

佐久間信盛(さくま のぶもり、1528?-1582年)は織田信長の重臣。退却戦の殿軍の指揮に優れていたことから "退き佐久間" と称され、織田家の主だった合戦のほとんどに参戦し、功を重ねて家臣団の筆頭格とまでなったが、晩年には石山合戦での不手際を咎められ、高野山へ追放となった。

経歴

初期の経歴に不明は多いが、若い頃から織田信秀に仕え、信秀死後は幼少の織田信長に重臣として仕える。以後、信長に従って各地を転戦して功を重ねていった。

稲生の戦い(1556年)の際には信長方として参戦。桶狭間の戦い(1560年)では善照寺砦を守備し、戦後に鳴海城を与えられている。信長上洛(1568年)の後には畿内の行政担当者の1人に選ばれ、松永久秀を交渉で味方にすることに成功した。信長が浅井長政の裏切り(1570年)で京へ逃れた際、警固のために近江・永原城に配置されている。

1571年には近江国栗太郡を与えられ、また、筒井順慶の帰順交渉を担当して久秀と順慶を和睦させている。天王寺の戦い(1576年)では石山本願寺攻略戦の指揮官・塙直政が戦死したため、後任を務めることとなった。このころ、信盛配下の軍団は三河・尾張・近江・大和・河内・和泉・紀伊の7ヶ国の与力をつけられ、織田家中でも最大規模となった。

参戦した合戦には、稲生の戦い(1556年)、桶狭間の戦い(1560年)、観音寺城の戦い(1568年)、野洲河原の戦い(1570年)、野洲河原の戦い(1570年)、姉川の戦い(1570年)、志賀の陣(1570年)、第一次長島侵攻(1571年)、比叡山焼き討ち(1571年)、三方ヶ原の戦い(1572年)、一乗谷城の戦い(1573年)、第二次長島侵攻(1573年)、若江城の戦い(1573年)、第三次長島侵攻(1574年)、高屋城の戦い(1575年)、長篠の戦い(1575年)、越前一向一揆(1575年)、天王寺の戦い(1576年)、紀州征伐(1577年)、信貴山城の戦い(1577年)などがある。

失脚

しかし、石山合戦終了後、その不手際によって信長から19ヶ条にわたる折檻状を突きつけられた。 信長から討ち死に覚悟で働くか、高野山への追放かを迫られるが、信盛は高野山行きを選択し、嫡男・信栄と共に高野山へ赴く。 その後、高野山すら在住を許されず、さらに南へ移っていき、紀伊熊野にて死去した。

略年表

  • 大永8年、または享禄元年(1528年)、誕生
  • 時期不明、織田信秀に仕え、その後、幼少の織田信長に重臣としてつけられる
  • 弘治2年(1556年)、稲生の戦いで信長方として参戦。
  • 永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いでは善照寺砦を守備し、戦後に鳴海城を与えられる。
  • 永禄10年(1567年)、松平信康に信長の娘・徳姫が嫁ぐ際、岡崎城まで供奉。
  • 永禄11年(1568年)、信長上洛後、畿内の行政担当者の1人に選ばれる。同年、観音寺城の戦いで功をあげる。
  • 元亀元年(1570年)、野洲河原の戦い、姉川の戦い、志賀の陣に従軍。
  • 元亀2年(1571年)、第一次長島侵攻に出陣。比叡山焼き討ちで武功を上げる、同年、近江国栗太郡を与えられる。また、筒井順慶の帰順交渉を担当し、久秀と順慶を和睦させる。
  • 元亀3年(1572年)、徳川方の援軍として三方ヶ原の戦いに出陣。
  • 天正元年(1573年)、一乗谷城の戦い、第二次長島侵攻に参戦。同年、三好義継を討伐(若江城の戦い)。
  • 天正2年(1574年)、第三次長島侵攻に出陣。
  • 天正3年(1575年)、高屋城の戦い、長篠の戦い、越前一向一揆に出陣。
  • 天正4年(1576年)、天王寺の戦いで、後任として対本願寺戦の指揮官に就任。
  • 天正5年(1577年)、紀州征伐、信貴山城の戦いに出陣。
  • 天正8年(1580年)、信長から折檻状を突きつけられ、高野山へ追放となる。
  • 天正10年(1582年)、紀伊熊野にて死去。享年55。


 PAGE TOP