あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

池田恒興

池田恒興(いけだ つねおき、1536-1584年)は織田信長の家臣。信長の戦いのほとんどに従軍し、尾張・犬山城主、摂津・兵庫城主、美濃・大垣城主を務めた。清洲会議での織田四宿老の一人。晩年には入道して勝入と号した。

経歴

母の養徳院は織田信長の乳母であり、信長の父の織田信秀の側室であった。幼少の頃から小姓として信長に仕え、桶狭間の戦い(1560年)、美濃攻略、大河内城の戦い(1569年)、姉川の戦い(1570年)、比叡山焼き討ち(1571年)、第三次長島一向一揆(1574年)、長篠の戦い(1575年)など、信長の主だった戦の多くに参戦した。また、花隈城の戦い(1580年)では信長に謀反を起こした荒木村重の最後の砦・花隈城を攻略し、戦後に村重の旧領を賜った。

本能寺の変(1582年)が勃発すると、中国攻めから引き返してきた羽柴秀吉に合流し、光秀討伐となった山崎の戦いで右翼先鋒を務め、織田家の宿老に列した。その直後の織田家の後継者を決める清洲会議では、秀吉・丹羽長秀と共に信長嫡孫の三法師(織田秀信)を擁立。賤ヶ岳の戦い(1583年)後には美濃国にて13万石を拝領し、大垣城主となった。
しかし、小牧・長久手の戦い(1584年)で長久手にて娘婿の森長可と共に戦死した。

略年表

  • 1536年(天文5年)、誕生。
  • 時期不明、幼少の頃から小姓として織田氏に仕える。
  • 1560年(永禄3年)、桶狭間の戦いに従軍。
  • 時期不明、美濃攻略戦に参加。
  • 1569年(永禄12年)、大河内城の戦いに参戦。
  • 1570年(元亀元年)、姉川の戦いに参戦
  • 1571年(元亀2年)、比叡山焼き討ちに参戦。
  • 1574年(天正2年)、第三次長島一向一揆に参戦。
  • 1575年(天正3年)、長篠の戦いに参戦。
  • 1580年(天正8年)、摂津・花隈城に籠もる荒木村重を破る(花隈城の戦い)。
  • 1582年(天正10年)、山崎の戦いに従軍。清洲会議では秀吉とともに三法師を擁立。
  • 1583年(天正11年)、美濃国にて13万石を拝領し、大垣城主となる。
  • 1584年(天正12年)、小牧・長久手の戦いで戦死。享年49。


 PAGE TOP