あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

筒井順慶

筒井順慶(つつい じゅんけい、1549-1584年)は信長の家臣。大和筒井城主、後に大和郡山城主。

経歴

わずか2歳のとき、大和一国をほぼ手中に収めていた父・筒井順昭が死去したため、家督を相続。

父・順昭は死の間際、敵を欺くために声が自分と良く似た木阿弥(もくあみ)という奈良の僧を替え玉に立て、自分の死を隠すことを家臣らに命じた。筒井家臣団が体制を整えた後に順昭の死が発表されると、木阿弥は奈良へ帰され、元の本人に戻ることができた。これが "もとの木阿弥" のたとえの由来である。

そのような中で宿老たちに守られていたが、のちに松永久秀が大和国に侵攻しはじめ、1560年(永禄3年)には居城・筒井城を追われた。その後、三好氏と松永久秀の関係が決裂すると、密かに三好義継や三好三人衆と同盟を結び、筒井城争奪戦が開始される。

1566年(永禄9年)には久秀から筒井城の奪還に成功し、得度して陽舜房順慶と称している。しかし、織田信長が上洛(1568年)すると、久秀はいち早く信長に臣従し、再び久秀の侵攻を受けて筒井城を再び追われた。

1571年(元亀2年)には再び筒井城の奪還に成功し、信長に臣従することとなり、対する久秀は逆に信長に背いて、のちに信長配下となった順慶らに信貴山城の戦い(1577年)で滅ぼされる運命をたどった。

織田政権下では、三好義継討伐(1573年)、長篠の戦い(1575年)、越前一向一揆攻略(1575年)、雑賀攻め(1577年)、信貴山城の戦い(1577年)、播磨攻め(1578年)、有岡城の戦い(1579年)、天正伊賀の乱(1581年)などに参戦し、功をあげた。

また、この間に大和守護に任ぜられ、大和郡山城を築城して移転している。

本能寺の変(1582年)の勃発後、親密な関係にあった光秀から誘いを受けるも拒否。日和見していたが、結局秀吉に臣従し、大和の所領安堵を得た。その後、小牧・長久手の戦い(1584年)では要請を受けて病気をおして出陣したが、同年に死去した。

略年表

  • 1549年(天文18年)、大和国の戦国大名・筒井順昭の子として誕生。
  • 1550年(天文19年)、父の病死により、わずか2歳で家督を継ぐ。
  • 1565年(永禄8年)、松永久秀に居城・筒井城を奪われ、一族のいる布施城に逃れる(筒井城の戦い)。
  • 1566年(永禄9年)、三好三人衆と結託して筒井城を奪還し、陽舜房順慶と改名。
  • 1567年(永禄10年)、三人衆と結んで奈良で松永久秀と交戦。
  • 1568-69年(永禄11-12年)、上洛した信長に臣従した久秀に攻められ、叔父の福住順弘の下へと落ちのびる。
  • 1570年(元亀元年)、十市城を攻め落とす。同年、窪之庄城を奪回し、椿尾上城を築城。
  • 1571年(元亀2年)、再び筒井城を奪還、同年、信長に臣従し、久秀とも和議。
  • 1572年(元亀3年)、久秀との和議が破綻。
  • 1573年(天正元年)、松永方の河内・私部城を陥落させる。三好義継討伐では先陣を務める。
  • 1575年(天正3年)、長篠の戦い、越前一向一揆攻略に参戦。
  • 1576年(天正4年)、大和守護に任ぜられる。安土城を訪問、信長に拝謁。
  • 1577年(天正5年)、紀州征伐に参加。信貴山城の戦いの先鋒を務め、松永久秀を滅ぼす。
  • 1578年(天正6年)、龍王山城を破却。播磨攻めに参戦。同年、神吉頼定を攻撃。帰国後は、石山本願寺に呼応した吉野の一向衆徒を鎮圧。
  • 1579年(天正7年)、有岡城の戦いに参戦。
  • 1580年(天正8年)、筒井城はじめ支城を破却し、築城した大和・郡山城に移転。同年、大和一帯に差出検地を実施。
  • 1581年(天正9年)、天正伊賀の乱に参戦。
  • 1582年(天正10年)、本能寺の変後に光秀からの誘いを拒否、羽柴秀吉への恭順を決意。秀吉の家臣となる。
  • 1584年(天正12年)、秀吉方として小牧・長久手の戦いに参戦。病死。享年36。


 PAGE TOP