丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「森蘭丸(成利)」信長に寵愛された聡明な近習

森蘭丸の肖像画
信長お気に入りの小姓として知られ、本能寺の変で信長と運命をともにした森蘭丸。
本稿では蘭丸の生涯はもとより、信長とのエピソードもいくつか紹介する。

森蘭丸の生涯

永禄8年(1565年)に信長家臣・森可成の三男として誕生した彼は、6歳のときに早くも父を亡くしている。

父・森可成は、元々美濃国守護の土岐氏に仕えていたが、信長が当主となってまもなく織田家に仕え、蘭丸誕生の同年には信長から美濃金山城を与えられていた。

やがて上洛を果たした信長は浅井・朝倉と対立し、元亀元年(1570年)には浅井・朝倉との戦いに備え、可成は近江宇佐山城の築城を命じられてその城主となった。
しかし、同年に信長が摂津国で反織田勢力と交戦していた際、背後をねらった浅井・朝倉連合に攻め込まれて討死してしまうのである(宇佐山城の戦い)。なお、嫡男の森可隆(蘭丸の長兄)も父に先立って同年の初陣のときに討死したようだ。

ただ、森可成は蘭丸を含めて実に6人もの男児がいた。そして、家督は13歳の次兄・森長可が継ぐことになったのである。

天正5年(1577年)、成長して13歳となった蘭丸は、弟の坊丸・力丸とともにようやく信長の小姓として召し抱えられる。
このころの信長の勢力は、東海・近畿だけでなく、北陸や中国地方にも伸びようとしていた。

やがて、蘭丸は信長側近として、奏者や使番としての活動もこなしていくようになる。

天正7年(1579年)には信長の命で使者となり、塩河伯誉守に銀子100枚を届けており、これが確かな史料における蘭丸の初見のようだ。(『信長公記」)
そして、天正9年(1581年)にはわずか17歳にして、近江国500石の知行と被官(つまりは家来)を信長から与えられている。

天正10年(1582年)の武田を滅ぼした甲州征伐では、蘭丸は兄・長可とともに従軍しており、戦後の恩賞として長可の所領であった美濃金山城を与えられたといい(『信長公記」)、このときに長可の家老であった各務元正が、蘭丸に付けられている。
なお、長可は旧武田領である信濃国川中島四郡を与えられた。

しかし、わずか数カ月後には運命の本能寺の変が勃発。蘭丸は信長とともに殿舎にあって、明智光秀の軍勢に包囲され、信長を守るために奮戦したとみられるが、最期は討死した。享年18。
なお、弟の坊丸・力丸の2人も運命をともにしている。

エピソードでみる森蘭丸と信長

美少年で聡明だった蘭丸が、信長に寵愛されたのは有名な話である。
以下に、信長と蘭丸のエピソードをいくつかとりあげてみよう。

森蘭丸の配慮その1

※『鳩巣小説』より

森蘭丸が14、15歳頃の、とある日のこと。

<a href='http://sengoku-his.com/nobunaga'>織田信長</a>アイコン

信長

今、障子を開けっ放しにしてきた。閉めてまいれ。

森蘭丸

ははぁっ!

森蘭丸アイコン

蘭丸は信長の命で障子を閉めに行ってみると、障子はきちんと閉まっていた。そして蘭丸はひらめいた。

森蘭丸

!!
(もしや殿は私を試しているのかも知れぬ・・・)

森蘭丸アイコン

蘭丸は音がたたないように障子を静かに開けると、今度は勢いよく音をたてて障子を閉めた。

そして蘭丸が信長のもとに戻り、

織田信長アイコン

信長

どうじゃ。障子は開いておったろう。

森蘭丸

いえ、閉まっておりました。

森蘭丸アイコン
織田信長アイコン

信長

では今「びしっ」と音はなんだ?障子を閉めた音ではないのか。

森蘭丸

その通りです。障子を閉めた音です。

森蘭丸アイコン
織田信長アイコン

信長

では、やはり障子は開いていたのだろう。

森蘭丸

閉まってはいたのですが、殿は先程みなに聞こえる大きな声で「障子を開けっ放しにしてきた」とおっしゃいました。皆が耳にしているのに「閉まっていた」と申し上げれば、殿がうっかり者だと周囲に知らせることになります。

森蘭丸アイコン
織田信長アイコン

信長

・・・。

森蘭丸

閉まっていたままでは、ご命令を無視することにもなりますので、わざと開けてから、皆に聞こえるように大きな音を立てて閉め直したのです。

森蘭丸アイコン

信長はこの配慮を気に入り、蘭丸の才覚を認めたのであった。

森蘭丸の配慮その2

※『朝野雑載』より

ある日、森蘭丸が台の上にみかんを一杯積み、皆の者に見せてまわっていた。

織田信長アイコン

信長

蘭丸!そのほうの力では危ない、倒れるぞ。

信長が心配したとおり、蘭丸は台ごと倒れ、みかんが辺りに散らばった。

織田信長アイコン

信長

それ見ろ!わしの言った通りになったではないか。

そしてまた別の日・・・・・・。

ある者が蘭丸のみかん転倒事件について蘭丸に言った。

ある家中の者

あのとき殿の面前であんな無様をさらして恥ずかしいと思わぬか?

ある家中の者アイコン

森蘭丸

なんのみっともない事がございましょう。あのとき殿が注意下さったのに、ミカンの台を持ちこたえていたのでは、殿の御眼鏡違いということになります。

森蘭丸アイコン

ある家中の者

!!

ある家中の者アイコン

森蘭丸

それでわざと倒れたのです。まあ、座敷で倒れたからといって武道の傷にはなりませんから。

森蘭丸アイコン

ある家中の者

・・・。(くっこやつめ、そこまで考えておったとは・・)

ある家中の者アイコン

明智光秀が恨む!?蘭丸のご褒美の話

※『改正三河後風土記』より

ある日、信長は森蘭丸相手に褒美を与えようとしていた。

織田信長アイコン

信長

蘭丸。この中からお前のほしいものは何でも与えよう。

森蘭丸

この中に私の望む物はございません。

森蘭丸アイコン
織田信長アイコン

信長

では、そちが望む物を手の平に書いてみよ。わしも書いて見せてつかわそう。

信長がそう言うと、2人はそれぞれ手の平に書き、その後に内容を照らし合わせてみると、同じ文字が書かれていた。

織田信長アイコン

信長

フフ。どうだ。わしはお前の胸中をよく察しているであろう。望み通りにつかわすぞ。

森蘭丸

!!
・・殿にはまいりました。

森蘭丸アイコン

信長は笑いながら言い、蘭丸は深く頭を下げたのだった。そして2人の手の平には

”近江坂本6万石”

の文字が書かれていた。

近江坂本は蘭丸の亡き父・森可成(よしなり)の旧領であり、可成が討死したのちは明智光秀に与えられており、蘭丸にとって念願の地であった。

しかし、その明智光秀が障子越しにこっそりと2人のやりとりを聞いていたのだ。

明智光秀

・・・。
(くっ!わしをないがしろにしおってからに)

明智光秀アイコン

このときから光秀は信長を恨むようになり、それが本能寺の変の動機の1つになったという。

信長から刀をもらう蘭丸

※『老談一言記』より

あるとき、信長が自分の爪を切った後に言った。

織田信長アイコン

信長

蘭丸、この爪を捨てておいてくれ。

しかし、蘭丸は立って爪を捨てに行く気配がない。

織田信長アイコン

信長

ん?なぜ行かぬのだ。

森蘭丸

それが・・、殿の切った爪が一つ見当たらないのです。

森蘭丸アイコン

そこで信長が袖を振ってみると、爪が一つ落ちたという。

織田信長アイコン

信長

・・・・。
(フフ。小童のくせしてよう気が付くやつだ。)

また、あるとき、信長が厠(=便所)へ入る際、蘭丸は信長の刀を持って待つ間、刀のつばの菊模様の花弁を数えてみた。

それからしばらくたったある日・・・

織田信長アイコン

信長

わしの刀のつばの模様の花弁の数をあててみよ!あてた者にはこの刀を与えよう。

信長がたまたまその刀について近習たちに言った。皆が答える中、蘭丸だけは黙っていた。

織田信長アイコン

信長

蘭丸、そちだけなぜ答えぬのだ?

森蘭丸

先日、殿が厠に入ってその刀を預かっている際、花弁の数を数えておりましたゆえ・・・。

森蘭丸アイコン

これを聞いた信長は感心して蘭丸に刀を与えたという。


 PAGE TOP