丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「松井友閑」茶の湯の知識をきっかけに大出世した能吏。

信長が上洛後に茶道具に興味をもったことがきっかけで、名物狩り奉行に見出された松井友閑。のちに堺の代官として信長・秀吉時代に活躍するも、最期は突如罷免されて歴史の表舞台から消えることに。。

信長の秘書役に抜擢

友閑の一族は代々幕臣として室町幕府に仕えたとされ、友閑自身もはじめは12代将軍足利義晴とその子でのちの13代将軍となった義輝に仕え、永禄8年(1565年)永禄の変で義輝が暗殺されると、織田信長の家臣になったという。一方『信長公記』には、友閑は清洲の町人で、信長に幸若舞を教えたという。
なお、友閑の生誕年は不明だが、村井貞勝や島田秀満といった信長初期の近習と年が近いとされ、信長より5~15歳程度年上と思われる。

信長が永禄11年(1568年)足利義昭を奉じて上洛を果たすと、友閑は近畿地方の政務にあたり、信長の右筆に任命されるなど、頭角を現してくる。
右筆は文章の代筆が本来の業務であったが、時代とともに公文書の作成などを行い、事務官僚のような役割を担うようになった。 また、織田・豊臣政権時には右筆衆の制度が定められ、右筆衆が公文書を作成するだけではなく、奉行などを兼務してその政策決定の過程から関わる場合もあった。その右筆衆の著名な1人が友閑なのである。

永禄12年(1569年)になると、信長は京や堺で金や米の代わりに名物を強制的に収集させた。戦国武将は合戦で戦功を上げるのが自身にとって最も名誉あることであったが、信長は「名物」を所有しているかどうかを武将にとっての名誉にしようと考えていたという。戦国武将の戦功に対して国や領土を与えるだけでなく、「価値のある名物」を与えることで信長自身からの信頼の深さを武将たちに伝える方向性に戦国武将の価値観を変えていった。

これがいわゆる「名物狩り」であるが、その奉行を丹羽長秀とともに務めたのが友閑である。友閑はもともと茶道に精通していたと思われ、かつ、名物に対する知識に長けていたことから、信長の信頼を受けてその任を務めたのであろう。

堺の代官を務める

元亀3年(1572年)頃と思われる大徳寺宛の書状からは、大徳寺と賀茂社の間でのトラブルに対し、当時大徳寺を担当していた塙直政羽柴秀吉が公平に処置をしなかったため、友閑が信長の権威を背景に2人を叱ったことがうかがえる。このように、この頃の友閑は、村井貞勝や武井夕庵らとともに信長の近習としてトップに位置していたと思われる。

信長は堺の豪商たちが持つ南蛮貿易の知識・経験や寺社が持つ独自の交易ルートと商人たちの財力を手に入れたいと考えていたという。この頃、友閑は堺の会合衆の中心人物であり、天王寺屋の三代目・津田宗及とも親交を深めていた。宗及も友閑と同じく茶道に精通していたのもあり、友閑は信長の茶会では茶頭として呼ばれる事も多く、結果、政商としての地位を固めていった。
天正3年(1575年)頃、織田家で財務を担当していた友閑を信長が堺の代官として送り込んだのはそのためである。

信長死後は…?

天正10年(1582年)本能寺の変が勃発した当時、友閑は堺で茶会を開いて徳川家康を接待中であり、変を知るやいなや京を目指した。しかし途中で断念し、変の発生と信長の死を堺の人々に知らせている。

天正11年(1583年)、織田家中を二分した賤ヶ岳の戦いで秀吉が勝利し、7月7日に大坂城で秀吉が茶会を開催した際には、友閑はこれに参加して自然な成り行きで秀吉に従うようになった。その後、秀吉の権力が増大する中で「堺政所」という役職に任ぜられ、信長時代に引き続いてそのまま堺の政務を担当することになったが、天正14年(1586年)6月14日、突然その職を罷免されることに…。原因は不明である。

その後の友閑の消息についての史料は見つかっていない。文化人としても役人としても才能を発揮していた友閑の最期を知るものは誰もいないという。


 PAGE TOP