丁寧に歴史を追求した、正統派の戦国Webマガジン

【名場面】信長、乞食に情けをかける(1575年)

※『信長公記』より

美濃国と近江国の境に山中(=岐阜県不破郡関ヶ原町)というところがあり、その道のほとりで、身体に障害のある者が雨露にうたれ、乞食をしていた。

信長は京都への行き来にこれを見ていて、たいそう哀れに思っていた。

そんなある時、信長は乞食に対して不審をいだき、町のとある者にふと聞いてみたときのことである。

---ある日---

織田信長アイコン

信長

たいてい乞食というものは、住まいを定めずに各地をさすらい歩くものだが・・
あの者(=乞食)はいつもこの地におる。何かワケでもあるのか?

町のとある者

はい。昔、この山中の宿で常盤御前(=源義朝の妾、義経の母)が殺されました。
その報いによって殺した者の子孫は代々、身体に障害をもって生まれ、あのように乞食をしております。

家臣アイコン

町のとある者

世間でいう〝山中の猿〟とは、あの者のことでございます。

家臣アイコン
織田信長アイコン

信長

そうであったか・・・・。

そして、やがて信長は6月26日に急に上京することになった。

--上京に向けて出発--

こうした多忙の最中、信長は乞食のことを思い出して、木綿二十反を自ら用意してお供の者に持たせた。
そして上京途中の山中の宿で馬を止めると、お供の者に以下のように命じた。

織田信長アイコン

信長

この町の者ら全員を出頭させるように触れを出せ。言いつけることがある。

町の人々はどんなことを言いつけられるのかと、おそるおそる出頭したところ、信長は木綿20反を乞食のために下賜し、町の人々にこれを預けた。

町の人々

町の人々:ざわざわ・・・

家臣アイコン
織田信長アイコン

信長

そなたら。この木綿の半分を費用にあてて近所に小屋を作り、この者を住まわせて、飢え死にしないように面倒を見てやるのだ。

町の人々

町の人々:ざわざわざわざわざわ・・

家臣アイコン
織田信長アイコン

信長

そして近隣の者たちは、麦の収穫があったら麦を1度、秋の収穫後には米を1度、1年に2度ずつ毎年、負担にならぬ程度に少しずつ、この者に分け与えてくれれば、わしはうれしく思う。

と言った。

町の人々

町の人々:うううっ・・なんとありがたい事じゃ~涙)

家臣アイコン

この信長の恩情に、乞食の ”猿” はいうまでもなく、町の人々も泣かぬ者はなかった。そして信長のお供の者たちも皆、涙を流し、それぞれ少しの銭を拠出したのであった。

町の人々はお礼の言いようもない様子であり、 "情深い信長には神仏の加護があり、きっと一門は末長く栄えるだろう" と思ったのであった。


おすすめの記事

 PAGE TOP