あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

斎藤道三の家紋・家系図

家紋

道三が使用した家紋は ”二頭立波”。美濃斎藤氏の家紋に "撫子"があるが、斎藤氏を継承した道三がこれを使用したかどうかは不明。

斎藤道三の家紋(二頭立波)
二頭立波(にとうたつなみ)

この紋は道三が自らデザインし、波の寄せ引きを合戦の駆け引きに見立てたものという。

斎藤氏の家紋(撫子)
撫子(なでしこ)

美濃守護代・斎藤氏の家紋。

長井氏の家紋(一文字三星)
一文字三星(いちもんじさんせい)

道三がかつて仕えた長井氏の紋。道三が長井の姓を称した頃、使用したかどうかはわかっていない。


家系図

斎藤道三の父母

父は松波庄五郎(まつなみ しょうごろう。別名・長井新左衛門尉)または、松波左近将監基宗といわれている。

道三が一介の油商人から美濃守護代の長井氏の家臣になるまでの経歴などは、父・長井新左衛門尉の経歴であるか、道三の経歴と混在している可能性がある。

母は不明。

斎藤道三の妻子

正室は明智光継の娘・小見の方(おみのかた)。

小見の方(正室)

道三との間には濃姫、孫四郎、喜平次、そして末子の利治(長龍)をもうけたとされる。一説に明智光秀は小見の方の甥にあたるとされる。

  • 孫四郎(二男、まごしろう)
    道三と不和になった長兄・義龍によって謀殺された。
  • 喜平次(三男、きへいじ)
    二兄・孫四郎と同時に長兄・義龍によって謀殺された。
  • 利治(末子、としはる)
    信長に近侍して功をあげ、のちに織田信忠の側近となった。しかし、最期は本能寺の変(1582年)で主君・信忠と運命をともにした。
  • 濃姫(のうひめ)
    織田信長の正室。
深芳野(側室)

道三の側室だが、元々は土岐頼芸の愛妾であった。嫡男の義龍は道三の子ではなく、土岐頼芸の子という説もある。


おすすめの記事



 PAGE TOP