丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「稲葉一鉄」"頑固一徹" という言葉はこの武将から生まれた!?

稲葉一鉄の肖像画
稲葉一鉄は、戦国乱世をたくましく生き抜いた武将である。その性格と生き様が「頑固一徹」の語源になったとも言われる。江戸幕府三代将軍徳川家光の乳母・春日局を養育した人物としても知られる一鉄の生涯とは、どんなものだったのだろうか。

美濃三人衆の一人

稲葉氏は美濃の土豪で、一鉄の名は歴史好きには「美濃三人衆」または「西美濃三人衆」の一人として広く知られている。稲葉良通(一鉄)、安藤守就、氏家直元の三人は、織田信長に属したあと、織田家中にあって三人一体の行動を取ることが非常に多く、いつしかそう呼ばれるようになったのである。中でも一鉄はそのリーダー格と目されており、織田家の天下統一戦争を戦い抜き、豊臣政権でも用いられて、江戸期に稲葉家が大名となる礎を作った。

生まれたのは永正12年(1515年)で、6男だった。家督を継ぐ可能性は低かったはずが、大永5年(1525年)に起きた北近江の浅井家との牧田の戦いで、父と兄5人が揃って戦死してしまう。寺に入っていた身から武士に戻り、幼少にして稲葉家の当主となった。

美濃の中心勢力となる

稲葉家が仕えていたのは土岐頼芸で、その土岐氏に代わって斉藤道三が美濃の実権を握ると、一鉄も道三に仕えた。弘治2年(1556年)に今度は道三が息子の斉藤義龍と争うと、義龍の側について勝利を治めている。美濃の国主が変転する中、常に勝者の側に身を置くことで影響力を高め、守就、直元らと自己の勢力を高めていった。 義龍が病死し、その子の斎藤龍興が跡を継いだころ、南の尾張から信長が美濃攻略を狙って侵攻してくるようになる。一鉄は美濃の中心勢力として永禄4年(1561年)の森部の戦い、永禄5年(1562年)の軽海の戦いで尾張衆と戦い、活躍を見せて織田勢に苦汁をなめさせた。

織田勢の一員として活躍

その後、斉藤龍興と家臣団の間に亀裂が入ると、一鉄は三人衆と一緒にそれまで仇敵だった信長に下る。永禄10年(1567年)のことで、一鉄が斉藤家を見限ったとみるや多くの美濃衆が歩調を合わせ、瞬く間に美濃は尾張衆に攻め落とされた。龍興は逃亡して斉藤家は滅亡し、一鉄たちは美濃衆の筆頭として織田軍に編入させられた。

信長はそれまでの遺恨を一切忘れたかのように、一鉄たち三人衆を厚遇する。永禄11年(1568年)の上洛以後、元亀元年(1570年)金ヶ崎の戦い姉川の戦い、翌年の長島攻め、天正元年(1573年)一乗谷城の戦い天正3年(1575年)長篠の戦い越前一向一揆攻めなど、織田勢の主要な戦いのほとんどに参加し、武勇を誇っている。中でも、姉川の戦いでは徳川家康が一鉄の武功を認めて援軍に請うたエピソードが伝わっており、その戦上手振りは有名だったという。

乱世を渡り歩く

天正10年(1582年)の本能寺の変の時は本領の美濃におり、明智方と戦いつつも独立独歩的な動きを見せている。すぐに旗幟を明確にしないあたりに、一鉄の老獪さを見る向きも多い。このとき、一鉄はのちに春日局となる孫娘を匿っているが、彼女は明智光秀の重臣の子である。もし一鉄がすぐ羽柴秀吉方に付いていたら、春日局は見捨てられた可能性もあり、歴史は変わっていたかもしれない。

ともあれ、新たに美濃の国主となった信長の三男・織田信孝にも、一鉄はすぐには服さず、秀吉に接近して信孝と争った。信長の後継者争いを老獪に渡り歩き、信孝が秀吉によって討たれ、さらに美濃の国主が変わっていっても、稲葉家の領地を守り抜いて秀吉政権に上手く移行している。かつての三人衆の安藤と氏家は没落していったのに比べ、乱世の処世術を見事に体現したと言えるだろう。

頑固一徹の語源となった生涯

本能寺の変の頃には70歳近い高齢で、それでも天正12年(1584年)小牧・長久手の戦いに参陣している。その後は戦場には出ず、天正15年(1587年)に大坂城内の山里丸の茶室で秀吉の茶会に招かれた記録がある。その翌年、領地の美濃で74歳で死去した。

性格について詳しく書かれた史料は少ないものの、「頑固一徹」の言葉の語源と言われている。性格というより、信長や秀吉に対してへりくだり過ぎず抗い過ぎず、独立の気風を持ちながら巧みに乱世を渡ったその生き方が、一本気の通った生涯だと受け止められたのかもしれない。のちに春日局となる女性お福は、一鉄の孫と結婚している。稲葉家は春日局の影響力もあり、江戸幕府の譜代大名として栄え、明治まで続いた。


 PAGE TOP