丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「安藤守就」野心家が災いした?最期はかつての仲間に…。

安藤守就は西美濃三人衆の一人であり、竹中半兵衛は娘婿にもつ。

西美濃三人衆の一角

安藤守就は文亀3年(1503年)、または永正5年(1508年)に伊賀定重の子として誕生したという。

美濃安藤氏は、父の代まで伊賀氏を称し、守就の代から「安藤」の姓を名乗るようになったといい、代々伊賀守を称したらしい。 守就の初期の事績は定かでないが、はじめは美濃北方城主として美濃守護で知られる土岐頼芸に仕えたが、やがて下剋上によって美濃国主が斎藤道三に代わると、これに仕えるようになる。

以後、斎藤家中で活躍して有力家臣となり、守就は重要な立場にいたことからか、稲葉一鉄氏家卜全と並んで美濃三人衆と呼ばれている。道三が尾張の織田信秀と同盟を結び、娘の濃姫を信長に娶らせたのは有名だが、その信長が当主となってまもなくの天文23年(1554年)には道三の命を受けて信長の援軍に出されている。(村木砦の戦い) その後の斎藤家は、道三が子の斎藤義龍を廃嫡しようとしたことで長良川の戦いが勃発。父子の死闘は道三が討死して義龍に軍配が上がるが、このとき守就ら美濃三人衆は義龍方に与していたようだ。

龍興とは対立、美濃平定時に信長家臣へ

しかし、その義龍も永禄4年(1561年)には病没。龍興が後を継ぐのだが、彼は評判の悪い斉藤飛騨守を重用するなどして、三人衆らを遠ざけたらしい。そして家臣からの人望を失いつつあった龍興との折り合いが悪くなる中、永禄7年(1564年)には守就の娘婿である竹中半兵衛が斎藤氏の居城・稲葉山城を占拠。このとき守就も半兵衛に加担し、2千の兵で稲葉山城下一帯を占領しているのである。このクーデターによる稲葉山城占拠は半年以上にも及んだが、結局は斎藤家臣から支持を得られず、龍興に稲葉山城を明け渡している。

その後も2人は龍興家臣として仕えたようだが、永禄10年(1567年)に守就ら美濃三人衆は信長に内通。これまで難攻不落の要塞だった稲葉山城は、織田軍の侵攻を受けてあっさりと落城となったのである。(稲葉山城の戦い
以後、守就ら美濃三人衆は信長に仕えるようになり、一方の龍興は舟で伊勢長島へ逃亡するハメとなった。

織田家に仕えてからは各地転戦の日々

美濃三人衆とともに守就は、信長の下で各地で転戦する。ざっと参戦した戦いを以下にあげてみよう。

永禄11年(1568年)足利義昭を奉じての上洛戦、元亀元年(1570年)姉川の戦い元亀2年(1571年)の伊勢長島一向一揆との戦い、天正元年(1573年)の槇島城の戦い、同年の朝倉攻め、天正2年(1574年)の伊勢長島一向一揆殲滅戦などである。なお、守就の部隊は信長直属の立場だったらしい。
さらに織田軍の支配領域が広がって方面軍団が形成されてからも、守就は援軍として天正5年(1577年)8月に柴田勝家軍の加賀平定戦に、翌天正6年(1578年)5月に羽柴秀吉軍の播磨国神吉城攻めに参加、また信長に謀反した荒木村重の有岡城包囲戦にも加わるなどしている。

突如追放!

各地の転戦で身を粉にして働いた守就だったが、天正8年(1580年)に突如、林秀貞や丹羽氏勝とともに追放の憂き目に遭う。事実かどうかはわからないが、『信長公記』によると、3人の追放理由は「信長が苦闘を重ねていたのに乗じて、野心を含んだため」としている。なお、同時期に宿老の佐久間信盛父子も追放となった。

守就のその後はどのように過ごしたのかは明らかではないが、天正10年(1582年)に本能寺の変が勃発して織田家が混乱状態に陥ったとき、息子の尚就とともに挙兵し、かつて居城としていた美濃北方城を奪取。しかし、皮肉なことに北方城は三人衆の1人・稲葉一鉄のものであった。最期は稲葉軍の攻撃を受けて敗れて自害したという。


 PAGE TOP