丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「浅井久政」弱腰外交などのレッテルを貼られるも、近年は再評価?

浅井久政の肖像画
浅井氏2代目当主の浅井久政。信長の義弟であり、名高い武将でもある浅井長政の父として知られるが、意外にも後世の評価は低い。しかし彼の生涯は一言に暗愚と片付けがたい波乱に満ちていた。近年に再評価されつつある浅井久政とは一体どんな人物だったのか?

父の死、そして家督相続へ

浅井久政は大永6年(1526年)に浅井氏当主・浅井亮政の長男として生まれた。幼名は猿夜叉といい、母親は亮政の側室であった馨庵(近江尼子氏の出)とされる。

浅井家では父亮政と正室との間に息子が生まれず、娘の海津殿の婿で浅井一族でもある田屋明政に家督を譲るつもりだった。しかし、その後に側室との間に久政が生まれたことで事態が一変。ここに火種がくすぶることに…。天文11年(1542年)に父亮政が死去したため、久政が正式に家督を相続したのであるが、これに反感をもった田屋氏が反乱を起こすなど、浅井家中は混乱。父とは対照的な武勇に冴えない久政の性格も相まって、その後の浅井家は徐々に力を失っていくことになる。

久政の弱腰外交

久政が当主となった浅井家は、次第に南近江に勢力を持つ六角家からの攻勢に徐々に押されていく。ついには苦境に立たされた久政は、浅井家の存続のために六角家への臣従を選び、こうして久政が当主となった浅井家は六角家の配下となってしまう。久政は自らの嫡男(のちの浅井長政)に六角義賢の一字を拝領して「賢政」と名乗らせ、また賢政の妻に六角家の重臣である平井定武の娘を迎えるなど徹底して六角家への従属姿勢を貫き、浅井家の存続に努めた。ところが、こうした久政の外交政策は浅井家の家臣の目には弱腰に映り、その結果多くの家臣が久政への不満を持つようになってしまうのである。

家臣のクーデターと強制隠居

やがて不満を持つ家臣たちが団結し、永禄2年(1559年)にクーデターを起こした。久政は強制的に隠居させられ、勇ましい性格で才気を見せる嫡男・賢政に浅井家の家督も譲ることになった。また、賢政は義賢に貰った「賢」の一字を捨て、名を長政と改め、妻である平井夫人も六角家に送り返した。

永禄3年(1560年)には長政が当主となった浅井家が野良田の戦いで六角家に勝利し、浅井家は北近江の戦国大名として揺るぎない立場を築いた。こうして隠居した久政はクーデターの際には一時、竹生島に幽閉されるなどもしたようだが、その後の浅井家中でもある程度の発言力は持ち続けており、のちに織田家、朝倉家に対する浅井家の外交にも深く関わっていった。

久政の死

やがて浅井家は台頭してきた尾張の織田家と同盟を結ぶが、その後に浅井家の古くからの盟友であった朝倉家と織田家が対立。織田家と朝倉家の板挟みとなった浅井家はどちらにつくかの決断を迫られ、家中の意見は割れた。当主の長政は織田家を支持したが、久政は頑なに朝倉家への支持を主張し、結果的に長政が折れる形となって浅井家は織田家と対立する道を選ぶ。
だが、久政のこの決断が結果的に浅井家の滅亡を呼んでしまう。織田・徳川連合軍との戦いは熾烈を極めたが、天正元年(1573年)に織田軍の猛攻を受けて朝倉家が滅亡。続いて浅井家も本拠・小谷城を攻められ、ついには落城し、籠城していた久政もこのときに自害し、浅井滅亡と共にその生涯を終えた。享年48。

現代の久政の評価

一代で浅井家の礎を築いた父・亮政や、才気に溢れ悲哀を誘う物語を持つ子・長政に比べ暗愚と評価されてきた久政。しかし現代においては再評価が行われているようだ。

一見弱腰に見える久政の外交姿勢も、当時の弱体化した浅井家では六角家やその他隣国の脅威に対抗する力はなく、六角に従属するという選択は妥当な判断にも思われる。また、六角家の庇護を受けたことで、久政は他国の牽制をしながら領国の経営に専念することができ、実際その間に内政の安定化や傘下の土豪たちの掌握に努め、浅井家の安定した地盤を築きあげた。

六角家から先進的な技術を取り込み、能などの文化の推進や治水事業での法令の整備などを地道ながらも着実に進めた久政。 一言に暗愚とは片付けられない彼の手腕があったからこそ、のちの長政率いる浅井家が独立を迎えることができたともいえるだろう。


 PAGE TOP