丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「富田長繁」越前支配の野望に取りつかれて暴走。その先に迎えた最期とは?

戦国時代、戦国武将は皆多かれ少なかれ波乱万丈の生涯だった。松永久秀や明智光秀などのように、有名な武将でかつ、主君を裏切って最期を迎えた武将はインパクトが強いであろう。一方、マイナー武将でもかなり波乱万丈で興味深い人生を送った人物もいる。今回取り上げる朝倉家臣・富田長繁(とだ ながしげ)という武将もその1人であろう。

朝倉に仕える

富田長繁は天文21年(1551年)、今の福井県である越前国に産まれた。彼の出自は出雲国出身でそこから朝倉氏に仕えたといわれているが、現在では曾祖父の代から越前国の所領を持っていた説が主流になっている。なお、同じ越前国は富田流の開祖である富田勢源一族がいるが、彼らの関係については不明である。

長繁が歴史の舞台に登場したのが元亀元年(1570年)織田信長の越前侵攻を迎撃するために1千騎を率いて出撃したことである。この事から20歳前後で部隊の指揮官を勤めるほど朝倉家の中では期待されていたと思われる。しかし、元亀3年(1572年)の織田軍との対峙のとき、長繁は突如朝倉を裏切って織田の陣営に走り込んで寝返ったという。翌天正元年(1573年)に朝倉家が滅びると長繁は府中城主に任命され、この後も信長の天下統一戦争で武功を上げ続けることになる。

朝倉滅亡後はまさに台風の目!

しかし、この長繁の活躍に不満を持っていた人物がいた。それは長繁と同時期に朝倉家から織田家に寝返っていた前波吉継である。

彼は朝倉家時代から奉行衆を勤め、織田家に臣従してからも越前国の守護代に任命されるなど、非常に大きな権限を持っていた。そのため、吉継は長繁の活躍に不満を持っており「長繁の領地は多すぎる」とか「府中に住まわせてはいけない」と不満を漏らしており、長繁は長繁で「なんで合戦で活躍している俺より、何もしていない前波が地位が上なんだ」というように、両者の仲は非常に悪く、ついに長繁は吉継を殺害することを決意。これが越前国を大きな戦乱に巻き込むきっかけとなる。

天正2年(1574年)正月18日、ついに長繁は吉継に不満を持つ者たちと手を組んで、義継の悪政に不満を持つ民衆を扇動して吉継に対して土一揆を引き起こした。そして自ら土一揆の大将として一揆軍3万以上を率い、翌々日の20日には吉継を彼の家族を含めて討ち取ってしまったのである。

驚愕の暴挙!

これで行動をやめればよかったのだが、長繁はここからさらに暴走を起こす。前波吉継を討ち取った直後、なんと織田家の代官が駐留していた北庄を襲撃する。このとき朝倉景健が両者の間に入った事で代官たちが殺されることはなかったのだが、長繁はたまったエネルギーを発散するかのように、今度は24日に朝倉旧臣の魚住景固を殺害するという暴挙に出た。
そもそも景固は敵対していたわけでもなく、領民からも慕われている人物だったため、結果的に土一揆からの反発を招くことになった。さらには同じ朝倉旧臣たちも長繁を警戒して近づかなくなってしまうなど、まもなくして長繁は孤立し始める。

このような暴挙をやってしまった以上、長繁は織田家から討伐軍を差し向けられてもおかしくはなかったのだが、いっこうに討伐軍が結成されたという話もなく、逆に長繁が信長に謝罪して人質を出す事と引き換えに越前守護に就くという風聞が立った。しかし、この 風聞がきっかけで一揆軍は長繁と手を切り、代わりに隣国加賀の一向一揆の指導者である七里頼周を招いて大将にすると、まもなく長繁を討つために北陸の援軍を含めた総勢14万もの一揆勢が越前各地で蜂起するのである。

同年の2月13日には北庄が制圧され、長繁の腹心である毛屋猪介を討ち取るなど、彼らは翌14日には長繁が籠る府中城を包囲し始めた。これで長繁の命運も尽きたかと思いきや、わずか700名余りの手勢のみで一揆軍に突撃を敢行し、2~3千ほどの首を挙げたうえに一揆軍を敗走させるという大勝利を得たのである。

狂犬の末路

この大勝利に勢いを得た長繁は、町衆や本願寺と対立する宗派の信徒など、あわせて6千五百以上を懐柔して味方に加えると、 17日には北之庄奪取を目指して府中より出陣。浅水にて一揆軍の残存部隊を撃破することに成功。

その勢いのまま、長繁の軍勢は休むことなく朝倉景健の本陣を目掛けて攻撃を仕掛けたという。しかし、このあまりにも無茶苦茶な戦いに味方からうんざりするものが出始めたあげく、長繁は合戦中に味方から背中から鉄砲で撃たれるという最期を遂げた。享年24。


 PAGE TOP