丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「朝倉景鏡」主君に引導を渡した?朝倉滅亡に大きく関与。

朝倉景鏡は越前朝倉氏の一門衆であり、朝倉家中でも序列が高かった人物であるが、彼には陰湿なエピソードも多く残っている。

朝倉一門衆の筆頭格

景鏡の父は朝倉景高とされ、景鏡は越前の戦国大名・朝倉義景の従兄弟にあたる。生誕年ははっきりしないが、義景よりは年上とされているようだ。

義景に仕え、越前国大野郡の亥山城を拠点として朝倉家中では大野郡司を務めたといい、朝倉一門衆でも筆頭格だったと考えられている。史料が少なく、特に前半生については定かでないが、越前朝倉一門として生まれた時点で義景に仕える運命だったのだろう。

永禄7年(1564年)の加賀一向一揆との戦いの際には、景鏡と朝倉景隆が大将として出陣している。翌永禄8年(1565年)に13代将軍足利義輝永禄の変で三好三人衆らに暗殺されると、義輝の弟・覚慶(のちの足利義昭)が義輝の側近に助けられて脱出。はじめは若狭武田家を頼るも、その後は近江の矢島御所を経て越前国へ移ってくると、景鏡が義景の命で使者として遣わされ、義昭の来訪を歓迎したという。

室町幕府の再興を目指していた義昭は、朝倉氏に上洛への助力を期待して、朝倉氏と加賀一向一揆との和睦を取り持とうとしたようだが、両者の溝はかなり深く、和睦仲介はすぐには上手くいかなかったようだ。永禄10年(1567年)の3月には朝倉家臣の堀江景忠が加賀一向一揆に内通して謀反を企てた。朝倉軍は加賀から進軍してきた一揆軍と交戦しつつ、山崎吉家・魚住景固に命じて堀江家に攻撃をしかけ、最終的に和睦となって堀江景忠は能登国へと没落していった。
一説にこの内乱は景鏡が讒言したことで勃発したというが、亡命後に景忠に対して本願寺光佐から感謝状が出されていた点や一向一揆の攻撃が始まっていたことから信憑性は低いが、真相は定かではない。

やがて朝倉家中が分解?

やがて織田信長が上洛して15代将軍義昭を誕生させると、信長は義昭の命として朝倉に上洛を要請するが、主君義景はこれに応じなかった。このため、信長は朝倉討伐を決意して越前侵攻を開始し、元亀元年(1570年)4月の金ヶ崎の戦いとなる。

この戦いに景鏡は総大将として出陣していたが、信長率いる3万の大軍に押されていた状況下でも府中より先には進軍せず、ただ戦況を見守っていた。これは朝倉一門衆筆頭の朝倉景恒との序列争いが背景にあり、前線で戦っている景恒に送るはずの援軍をわざと遅らせて、戦況を悪化させたとも伝わる。
また、景鏡は同年9月から12月に行なわれた志賀の陣にも出陣するなど、当主義景の名代として出陣することも度々あったらしい。一説に、この頃から義景は政務を景鏡や朝倉景健ら朝倉一門衆に任せ、自らは遊興に耽るようになったとも言われている。

信長と浅井・朝倉連合との戦いは続いたが、天正元年(1573年)4月に反信長の中心勢力だった武田信玄が病死すると、一気に織田軍の勢いが加速する。同8月には信長が大軍勢で近江へと侵攻して浅井氏の居城・小谷城を包囲。このとき既に景鏡と当主義景の間には不和が生じていたのだろう。景鏡は義景からの出陣命令を拒否したため、義景自らが出陣せざるを得なくなったのである。

景鏡の裏切りとその後

浅井の援軍に向かった義景だが、そこで織田軍に敗北したのをきっかけに、ついに織田軍の攻撃の矛先が朝倉軍へと向けられた。 織田軍との壮絶な戦いは "一乗谷の戦い" として語り継がれている。この戦いで戦力面において圧倒的不利な状況だった義景は成す術なく大敗し、命からがら居城の一乗谷に戻るが、ここで景鏡が朝倉滅亡を決定的なものとした。

景鏡は主君義景に城を捨てて越前北部の大野郡で再起を図ることを進言。義景に仮の宿所である六坊賢松寺を提供した上で数百名の手勢を率いてこれを包囲し、襲撃して自害に追い込むと、その後に義景の妻子を捕えて義景の首級とともに信長に差し出して難を逃れたのである。

朝倉滅亡後、信長の家臣になることを許され、本領も安堵されて「土橋信鏡」と改名した景鏡だが、主君を裏切った男のその後は儚いものだった。翌天正2年(1574年)、浄土真宗本願寺教団の信徒たちが起こした越前一向一揆により、一揆軍のターゲットにされて平泉寺に籠もるも、戦死した。なお、死を悟った景鏡は最期にわずか3騎で敵中へ突入し、討ち死したと伝えられている。


 PAGE TOP