あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

【第1回】おんな城主・直虎とその時代

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公となっている"井伊直虎"

"直虎"という名前からは男性が想像できると思われるが、ドラマの "おんな城主"というタイトルから想像できるように、直虎は女性でありながら、井伊氏の当主となった人物である。

直虎の時代

井伊氏といえば、徳川家康の重臣で徳川四天王筆頭と目された "井伊直政" や、幕末に暗殺された大老の "井伊直弼" が有名であり、江戸時代には代々彦根藩主を務め、大老職にもつくなど、幕閣の中枢を成した譜代大名筆頭の家柄であった。
しかし、そんな井伊氏も戦国期には没落した遠江国(静岡県)の国衆であり、直虎の時代はまさに井伊氏の存亡をかけた苦しい時期であったのである。

直虎の誕生

直虎は父・井伊直盛、母・新野氏との間に井伊氏の本拠・遠江国の井伊谷(いいのや)で誕生。父・直盛は井伊家当主であり、母は新野新城(舟ヶ谷城・御前崎市)を本拠とする今川氏の一族であった。
直虎の本名はわかっておらず、生誕年も定かではない。ただ、歴史研究家の小和田氏は天文5年(1536年)ころに生まれたのではないかとみている。

同じ年、今川氏では家督争い(花蔵の乱)が起き、その戦いの勝者となった"栴岳承芳(せんがくしょうほう)"が今川家当主として誕生した。
・・・あの桶狭間の戦いで有名な"今川義元"のことである。

今川氏は代々駿河・遠江の2か国の守護職を務めた足利一門の名家であり、特に義元時代には駿河・遠江・三河を支配するほどの大大名となる。遠江の国衆にすぎない井伊氏は、常にこの強大な力をもつ今川氏の影響を受けて翻弄され、直虎の代には激動の時代を迎えることとなる。

井伊と今川の歴史は敵味方を繰り返しており、直虎の母が今川氏の一族であることや、井伊一族の娘が今川義元の側室となるなど、今川氏との結びつきは強い。

ところで直虎には婚約者・亀之丞(井伊直親)がいた。父・直盛には男児がなかったため、直盛は家督相続のことを考えて直虎と従兄弟の関係にある亀之丞を養子に迎え、直虎と結婚させようとしていたようである。
ちなみに亀之丞(井伊直親)は天文5年(1536年)生まれなので、直虎と同じくらいの年齢とみられている。

直虎と関わる人々は他にも数多くいるが、ここでは触れずに後の記事で紹介していく。

数奇な運命をたどる直虎

やがて井伊氏に悲劇が訪れる。

讒言・謀殺・討死 etc...

ここで詳細は記述しないが、井伊の男たちは次々と消えていき、婚約者の亀之丞も出奔してしまう。婚約者と離ればなれになって失意の直虎は周囲の反対を押し切って出家し、 "次郎法師" と名乗る。
やがて井伊家の家督を継ぐ者は幼少の虎松(のちの井伊直政)を除き、誰もいなくなり、さらに虎松も命を狙われて逃がしたため、ついには井伊家当主が不在という事態に陥った。

こうして永禄8年(1565年)頃、女にして井伊家の当主 "井伊直虎" が誕生するのである。

さて、このように数奇な運命をたどっていく直虎であるが、残念ながら直虎に関する史料は非常に乏しい。

ちなみに先日(2016年12月14日)には直虎に関する新たな史料が見つかったとのニュースがでていた。
その内容がまた衝撃で、直虎は実は男(今川家の家臣・関口氏の子)である可能性があるというものであった。次郎法師が存在したのは確かなようであるが、「次郎法師=直虎=女」という構図がもしかしたら崩れるかもしれないということである。
また、大河ドラマの影響で注目度も高いので、今後も新たな史料が発見される可能性もあるだろう。

このように直虎は多くの謎に包まれていて情報も少ない人物なので、当連載では直虎を中心としながらも、井伊氏全体の歴史や今川・徳川といった主筋の戦国大名の動向や時代背景等も織り交ぜ、可能な限り直虎のイメージが伝わるようにしていきたいと思う。

次回からは直虎誕生以前の井伊氏の歴史について触れていく。


 PAGE TOP