丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

斎藤道三 -「美濃のマムシ」の異名をもつ下剋上の体現者-

斉藤道三の肖像画

斎藤道三(さいとう どうざん、1494?-1556年)は下剋上により一介の油商人から美濃一国の大名へ成り上がった戦国大名で「美濃の蝮(まむし)」の異名をもつ。

しかし、晩年はその下剋上に泣くこととなった。

経歴

明応3年(1494年)、松波庄五郎、または、松波左近将監基宗の子として山城乙訓郡西岡で誕生。幼名を "峰丸" といった。

生誕年は永正元年(1504年)説があり、生誕地についても諸説あって定かではない。
道三の先祖は代々北面武士を務め、事情によって牢人となり西岡に住んでいたという(『美濃国諸旧記』)。

商人として成功するが・・

11歳の春に京都妙覚寺で得度を受けて僧侶となり、"法蓮房"と名乗ったといい、その後、法弟であり学友の日護房(南陽房)が美濃国厚見郡今泉の常在寺へ住職として赴くと、法蓮房もそれを契機に還俗して松波庄五郎(庄九郎とも)と名乗った。

油問屋の奈良屋又兵衛の娘と結婚した庄五郎は油売りを生業として、大永年間に油商人として成功して美濃国内で評判になった。

しかし、武士になりたいと思った道三は美濃守護土岐氏小守護代の長井長弘と知り合うと、その家臣となって念願かなうのであった。

長井長弘は道三に魅力を感じ、守護の土岐頼武(政頼)に引き合わせた。すると、土岐頼武の弟で長井長弘の主君・土岐頼芸(よりのり)に信頼されるようになり、道三は重臣に登用されるまでになるのである。

大永7年(1527年)には土岐政頼を越前へ追いやり、土岐頼芸の守護補任に大きく貢献している。

下剋上で美濃国を乗っ取り

大永7年(1533年)、実権を握っていた長井長弘を越前に追放された土岐頼武と内通したとし、道三は上意討ちの名目でこれを殺害し、"長井新九郎規秀"と称すようになった。

これが道三の下剋上のはじまりであった。

天文7年(1538年)に美濃守護代の斎藤利良が病死すると、その名跡を継いで "斎藤新九郎利政" を称した。

天文10年(1541年)には頼芸の弟・土岐頼満を毒殺してしまう。これがきっかけとなって頼芸との対立が起こる。

そして翌天文11年(1542年)年、ついに主君・土岐頼芸とその子・二郎(頼次)を尾張へ追放し、美濃を事実上支配する。

こうして道三は一介の油商人から一国の大名にまでのしあがるのであった。

しかしその後、美濃を乗っ取られた頼芸が織田家に協力を要請して再三攻撃をしかけてくると、道三は天文17年(1548年)には娘の濃姫(帰蝶)を信秀の子・信長に嫁がせて織田家との対立を回避した。

息子の義龍が孤立し、そして・・

天文23年(1554年)、家督を子の斎藤義龍へ譲り、自らは剃髪して道三と名乗って鷺山城に隠居した。

道三の息子には長男・義龍、次男・孫四郎、三男・喜平次がおり、道三と三人の息子は皆、稲葉山城に居城していた。

道三は長男・義龍を愚か者と思い込み、弟二人を偏愛したため、義龍と不和が生じるようになっていく。

天文24年(1555年)、こうした中で一大事件が起きた。

義龍は仮病を使って弟二人を呼び寄せ、ご馳走をだして無防備にさせたところ、2人とも切り殺してしまったのである。

義龍がこのことを山の麓にいる道三に伝えると、仰天した道三はすぐに兵を集めて町全体を焼き尽くして撤退し、長良川を越えて山県郡の山中へ逃亡したという(『信長公記』)。

義龍の母・深芳野は元々、土岐頼芸の愛妾(あいしょう)であったことから、義龍は道三の実の子ではなく、土岐頼芸の子であったとする説がある。
道三がこれを疑って義龍との対立が生まれたとみられている。

義龍 vs 道三の父子対決の末・・

弘治2年(1556年)に、道三は義龍を討つために兵をあげて、長良川の戦いが勃発、しかし、義龍に返り討ちにあって戦死した。

首を討たれた際に乱戦の中で井上道勝により鼻も削がれたという。享年63。

道三の首は義龍側に就いた旧臣の手で道三塚に手厚く葬られた。

墓所は岐阜県岐阜市の常在寺に営まれているほか、同市の道三塚も。常在寺には道三の肖像や「斎藤山城」印などが所蔵されている。


 PAGE TOP