丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「一条兼定」長宗我部氏に干されてキリシタンへ。

一条兼定の肖像画
幼い頃に父親を亡くして土佐一条氏の家督を継いだ一条兼定。長宗我部元親に四万十川の戦いで敗れ、一代であっさりと滅亡に至らせたため、暗愚な人物との評価も…。

土佐一条氏の始まり

土佐一条氏が始まったきっかけは、応仁2年(1468年)に初代当主となった一条教房が、応仁の乱の戦場となっていた京都を離れて土佐国西部に下向したのが始まりである。

天文12年(1543年)一条兼定は、父の一条房基と母の大友義鑑の娘の間に誕生。一条氏が戦国大名として振る舞うようになったのは、父房基の代であるとされている。

天文18年(1549年)に父が自殺したことで家督を継ぐことが決定。兼定はまだ幼かったため、関白で大叔父にあたる一条房通が後見人を務めることになった。 2年後の天文20年(1551年)に元服、永禄元年(1558年)には伊予国大洲城主である宇都宮豊綱の娘と結婚するが、7年後の永禄7年(1564年)に離婚し、豊後の大友義鎮と手を結んで義鎮の娘と再婚している。なぜ離婚して再婚したのかは明らかになっていない。

永禄11年(1568年)、大友義鎮に協力して伊予出兵。このとき宇都宮豊綱を助けて伊予国湯築城主の河野通宣と戦うが、安芸の毛利元就が河野軍の援軍として介入してきたことで敗北を喫する。この頃、京都の一条本家とも疎遠になり始めた。

長宗我部の台頭、追放される

永禄12年(1569年)に起きた八流の戦いで、「土佐の出来人」と言われていた長宗我部元親の侵攻を受けて妹婿の安芸国虎が自害。これにより安芸氏は滅亡し、以後の兼定と元親は敵対関係に入る。
かつて長宗我部氏が本山氏の攻撃を受けたとき、元親の父国親を庇護して滅亡の危機を救ったのは一条氏だったため、両者は友好関係にあった。しかし、一条氏と安芸氏は縁戚関係にあったことから、安芸氏を攻め滅ぼした長宗我部氏と断交するに至ったのである。

土佐統一への足掛かりを得た元親は元亀2年(1571年)には姫野々城主・津野勝興を降伏させている。

こうした中、兼定は天正元年(1572年)家臣の土居宗珊(そうさん)を殺害。殺した理由は、「土佐物語」では兼定の素行の悪さを諫言したためで殺されたとされているが、「四国軍記」では元親との内通を疑われたため殺されたとなっている。これがきっかけとなり、家中の統制が乱れて家臣からの信用を失うことになる。

天正元年(1573年)家臣の羽生監物、為松若狭守、安並直敏たちから隠居をするように強く求められる。 兼定は自分の嫡男である一条内政(ただまさ)に家督を譲った。天正2年(1574年)中村を追われて、妻の実家である豊後国の大友義鎮(大友宗麟)のもとへ追放される。

キリシタンに

豊後国では、イエズス会の日本布教長ジョアン・カブラルの影響を受けてキリスト教に感化された。 天正3年(1575年)にはカブラルの弟子バウチスタから洗礼を受けた。霊名は「ドン・パウロ」と呼ばれる。7月、大友宗麟からの支援を受け再興をはかり、伊予国宇和島へ上陸し攻め込む。一条家の旧臣達も従い3500人の軍勢を集めて、栗本城を攻め落とし、ここを拠点にして北東の長宗我部元親軍と対峙した。その後、元親は弟の吉良親貞を大将として7300人の軍勢を中村に派遣して四万十川の戦いがはじまった。

一条軍は川に乱杭を仕掛けておき、長宗我部軍が川を渡った時に足をとられたところを攻める作戦をとった。しかし、元親は軍を2つに分けて杭のない上流に別働隊として福留隼人の部隊を向かわせた。上流から攻め込まれた場合も考えた兼定軍も部隊を2つに分けたが、手薄になった一条軍に長宗我部軍は数で攻め込み圧倒。この戦いで、一条軍の死者は数百人を出し一条兼定は敗れ戦国大名の土佐一条氏は滅亡となった。

戦後、兼定は伊予国宇和島にある戸島に隠居。しかし、兼定のことを恐れて元親に内通した家臣によって重傷を負わされる。キリシタンの資料によると、身体は弱くなったが豊後から送られる日本語訳のキリスト教の書物に慰められて残りの人生を信仰に向けたと伝えられている。

天正13年(1585年)7月、戸島で病気により亡くなった。一条兼定の性格はいくつかの文書によると、残虐な性格の持ち主で罪のない家臣を罰して酒におぼれていたと記されているが真実は分からない。


 PAGE TOP