あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

島津義久

島津義久(しまづ よしひさ、1533-1611年)は薩摩国・島津氏の第16代当主。九州統一にせまるほど島津氏の最大版図を築きあげたが、秀吉の台頭によってその夢は断たれた。

経歴

父の隠居により家督を相続すると薩摩国・大隅国・日向国の三州統一(1577年)を果たす。

その後、島津氏の最大版図を築き、九州統一も眼前に迫る中、天下を掌握しつつあった秀吉から九州での惣無事令がだされるが、結局これを無視して戦いを続け、秀吉による九州征伐(1586-87年)を許してしまう。

豊臣勢の大軍の前にはなすすべもなく、川内の泰平寺で秀吉と会見して降伏。

戦後は薩摩一国を安堵されるが、豊臣政権による検地実施で、鹿児島周辺の主要地は弟・義弘に与えられ、義久の直轄地は大隅国や日向国に置かれたため、富隈城に移った。

関ヶ原の戦い(1600年)の際には義久は動かなかったが、義弘の西軍加担により、島津家は改易の危機にさらされる。しかし、講和交渉を行ない、本領安堵を成し得た。その後、正式に隠居するが、江戸幕府と度々書状をやりとりするなど、なお、家中で権威を持ち続けた。

1611年(慶長16年1月21日)、国分城にて病死。享年79。

墓所は長谷場御墓(福昌寺跡)にあり、位牌は日置市の妙円寺にある。鶴嶺神社、徳重神社、精矛神社に祭られている。

略年表

天文2年(1533年)
島津氏当主・島津貴久の嫡男として誕生。
天文23年(1554年)
岩剣城攻めで初陣を果たす。
永禄9年(1566年)
家督を相続し、島津家第16代当主に就任。

三州統一へ

元亀元年(1570年)
東郷氏・入来院氏を降伏させ、薩摩国の統一を果たす。
元亀3年(1572年)
木崎原の戦いで日向国・伊東氏を撃破。
天正2年(1573年)
大隅国の統一を果たす。
天正5年(1577年)
日向国の統一を果たす。

豊後国・大友氏、肥前国・龍造寺氏との戦い

天正6年(1578年)
耳川の戦いで大友軍を破る。
天正8年(1580年)
織田信長の要請により、大友氏との和睦を受諾。
天正10年(1582年)
有馬晴信を服属させる。
天正12年(1584年)
沖田畷の戦いで龍造寺を破る。

九州統一戦と秀吉の介入

天正13年(1585年)
  • 阿蘇合戦に勝利し、肥後国を平定。
  • その後、秀吉から戦争を禁じる「惣無事令」が届くも、これを無視し、大友氏の所領の筑前国の攻撃を命じる。
天正14年(1586年)
秀吉による九州征伐が開始される。戸次川の戦いでは秀吉の連合軍に大勝。
天正15年(1587年)
秀吉の大軍を前になすすべなく降伏する。

豊臣政権下

天正18年(1590年)
  • 秀吉から羽柴の名字を与えられる。
  • 同年、梅北一揆により、秀吉から弟・歳久の首を要求され、やむなく自害を命じる。
文禄3年(1594年)
検地の実施の結果、秀吉が義弘を事実上の島津家当主として扱ったために当主を追われる。大隅濱の市にある富隈城に移るが、実権は依然として握る。

秀吉死後

慶長4年(1599年)
島津氏家中の内乱「庄内の乱」が勃発。
慶長5年(1600年)
関ヶ原合戦で弟・義弘が西軍に加担したが、戦後、義久は知らぬ事として家康と講和交渉を開始。結果、島津家は改易を免れる。
慶長7年(1602年)
「御重物」と当主の座を正式に島津忠恒に譲り渡して隠居。

晩年

慶長9年(1604年)
大隅国に国分城を築き、移り住む。
慶長16年(1611年)
国分城にて病死。


 PAGE TOP