あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

島津家久

島津家久(しまづ いえひさ、1547-1587年)は薩摩国・島津氏の島津貴久の四男で、島津義久・義弘・歳久の弟。


経歴

初陣でわずか15歳ながら敵将を討ち取るなど、若年の頃から祖父・島津忠良に「軍法戦術に妙を得たり」と評価される。

島津氏が三州平定(1577年)した際には、神仏の加護を伊勢神宮などに謝するために上洛し、この時の顛末を『家久君上京日記』という旅日記に家久自身がまとめている。
沖田畷の戦い(1584年)では地形や戦術を巧みに利用して、総大将の龍造寺隆信をはじめ、一門・重臣を含む多くの龍造寺勢を討ち取る大功をたてる。この戦いで龍造寺傘下の国人らが一気に寝返り、島津家の勢力は一気に拡大。

秀吉による九州征伐(1586-87年)では豊臣連合軍の先発隊を迎え撃ち、戸次川の戦いで大勝を収めた。しかし、秀吉軍の圧倒的な兵力を前に、島津氏は最終的に降伏を余儀なくされたが、このとき、島津4兄弟の中で最も早く単独講和した。

島津家久の略年表

  • 1547年(天文6年)、誕生。
  • 1561年(永禄4年7月)、大隅国の肝付氏との廻坂の合戦で初陣を果たす。
  • 1575年(天正3年)、三州平定した島津家の神仏の加護を伊勢神宮などに謝するために上洛。
  • 1584年(天正12年)、沖田畷の戦いでは総大将として龍造寺を破る。
  • 1586年(天正14年)、戸次川の戦いで豊臣連合軍を迎え討って大勝。
  • 1587年(天正15年)、九州征伐での降伏の際、4兄弟中、最も早く単独講和。しかし、天正同年6月5日に急死。


 PAGE TOP