あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

武田勝頼

武田勝頼(たけだ かつより、1546-1582年)は甲斐国の戦国大名で甲斐武田家第20代当主。父は武田信玄。

経歴

父・信玄が諏訪侵攻を行った後、諏訪頼重の娘・諏訪御料人を側室に迎え、勝頼が誕生。幼年期は母とともに躑躅ヶ崎館で育ったと考えられており、武田軍の西上野侵攻時、上野国・箕輪城攻めで初陣を飾る。

信玄の後継者であった武田義信が信玄暗殺を企てたとされて幽閉された後、信玄の指名で後継者と定められた。

信玄が西上作戦(1572-73年)の最中に死去し、家督を相続して武田家当主となった後は積極的な外征を実施し、高天神城を陥落させるなど、織田・徳川を相手に奮戦した。

長篠の戦いで織田・徳川軍に大敗

しかし、長篠の戦い(1575年)では織田・徳川軍の馬坊柵や鉄砲衆を相手に苦戦を強いられ、最終的には大敗してしまう。この戦いで馬場信春、山県昌景、内藤昌豊ら武田四天王や真田信綱・昌輝など、多くの重臣を失う羽目となり、戦後は武田領の各城への新たな家臣の配備や戦死者の後継者の指名など、戦後処理に追われることになった。

御館の乱への介入

1578年には越後で上杉謙信が死去し、上杉景勝と上杉景虎による後継者争いが勃発した(御館の乱)。

景虎は北条氏政の弟であることから北条氏と武田氏は景虎派を支援する方向で一致していた。そして越後へ出兵したが、景勝方から 和睦交渉を持ちかけられ、勝頼は北信濃の割譲と東上野を切り取り次第とする条件で和睦してしまった。

その後、勝頼は景勝と景虎の和睦も仲介して妹の菊姫を景勝に娶らせることを約束(のちの甲越同盟)するなどしたが、和睦の仲介は最終的に失敗し、武田領で家康が攻めてきたことも重なって帰国。

翌1579年には景虎が敗北して自害した。これをきっかけに北条氏政は甲相同盟を破棄し、勝頼は織田・徳川・北条を一手に敵に回すことになるのであった。

こうした危機に上杉氏(甲越同盟)や佐竹氏(甲佐同盟)と同盟を締結、さらに信長との和睦を模索(甲江和与)するがこれは失敗に終わっている。

武田滅亡へ

高天神城の戦い(1581年)では徳川軍に敗北して城が陥落する際、家臣の岡部元信が救援依頼を出したにもかかわらず、勝頼は後詰を送らなかった。このことで武田家の威信は地に落ち、国人衆の動揺を招くことになる。

一方で信長は武田討伐に向けて朝廷へ働きかけ、武田氏を朝敵とし、武田領侵攻の準備をすすめていた。

そうした中、1582年(天正10年)に家臣・木曾義昌が信長の調略を受けて離反。信長によって武田征伐の号令がかけられると、織田・徳川・北条軍による侵攻が一気にはじまり、圧倒的兵力を前に武田家臣らは謀反と逃亡が相次ぎ、勝頼はなすすべもなかった(甲州征伐)。

最期は武田氏ゆかりの地である天目山で自害。名門・甲斐武田家の歴史は閉ざされた。

略年表

天文15年(1546年)
武田信玄の庶子として誕生。
永禄5年(1562年)
諏訪家の名跡を継いで諏訪四郎勝頼と称す。同年、信濃・高遠城主となる。
永禄6年(1563年)
上野箕輪城攻めで初陣を飾る。
元亀2年(1571年)
信玄の指名で後継者と定められ、甲府へ召還される。
元亀3年(1572年)
西上作戦では武田信豊・穴山信君とともに大将を努める。
元亀4年(1573年)
信玄の死により、武田家の家督を継ぐ。
天正2年(1574年)
遠江国の堅城・高天神城を陥落させる(高天神城の戦い)
天正3年(1575年)
  • 三河・長篠で織田・徳川連合に大敗(長篠の戦い)
  • 同年、東美濃の岩村城も落される。
天正5年(1577年)
北条氏政の妹を後室に迎える。
天正6-7年(1578-79年)
越後上杉家の家督争い・御館の乱では北条氏の要請で景虎派を支援をするも、景勝と和睦する。景虎の死をきっかけに甲相同盟は破綻して北条氏とは手切れとなる。妹の菊姫を景勝に嫁がせて甲越同盟を締結。
天正9年(1581年)
  • 高天神城の戦いで後詰を送れずに敗退。
  • 同年、新府城を築城。
天正10年(1582年)
織田信長による甲州征伐によって最期は天目山で自害を余儀なくされ、武田家は滅亡した。


あわせて読みたい
鉄砲の威力発揮!長篠の戦い(1575年)
織田信長トップ / ヒストリー
武田信玄の名言・逸話まとめ
武田信玄トップ / 入門
武田信虎
武田信玄トップ / 登場人物伝

 PAGE TOP