あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

武田勝頼:天目山で最期を迎えた信玄の後継者

武田勝頼の肖像画

偉大なる父・信玄の跡を継ぎ、大国の当主となった武田勝頼。
しかし、権力基盤の脆弱さや、織田・徳川連合による反撃によって徐々に綻びをみせ、武田滅亡への道を歩んでいくことになる。

諏訪勝頼と義信事件

勝頼は天文15年(1546)、武田信玄の四男として誕生。母は信玄側室の諏訪御料人(=諏方頼重の息女)である。
武田氏はかつて諏訪氏と同盟関係にあったが、父・信玄は諏方頼重を滅ぼして信濃諏訪郡を制圧し、前年に諏訪御料人を側室として迎えていた。そして戦後処理において、諏訪氏の惣領に頼重の遺児・寅王丸を擁立する約束をしていたようだ。

だが、信玄はこの約束を反故にし、勝頼を諏訪氏の惣領にしようとしていたとみられる。というのも、勝頼誕生のとき、諏訪一族の有力者・諏方満隆(=頼重の叔父)が謀反を起こして切腹となった。これは信玄が寅王丸を廃嫡したことにあるのではないかとの推測があるのだ。勝頼が諏方の本拠・上原城を居城とすることはなかったらしく、これは信玄が諏方一族との対立を考慮してのことと考えられている。

永禄5年(1562)、17歳となった勝頼は信濃伊那郡・高遠城への在城を命じられ、諏方四郎勝頼と称した。
このときに諏訪氏の跡を継いだとみられるが、それは惣領家ではなく、諏訪氏の庶流・高遠氏であったといわれている。 実際、勝頼の支配権は高遠・箕輪領のみであり、諏方郡には及んでいないようだ。

義信事件により、信玄の後継者へ

勝頼は庶子で四男だったため、武田家の家督を継ぐ立場にはなく、信玄の後継者は兄・武田義信であった。

『甲陽軍鑑』によると、義信は異母弟の勝頼が高遠城主に就いたことに不満をもち、部屋住みから一城の主となったことを快く思っていなかったという。さらに義信は、父・信玄との間で、武田家の戦略をめぐって不和が生じはじめていたようだ。

こうした中、永禄8年(1565)3月、東美濃において、武田と織田の軍勢が神篦口(=岐阜県瑞浪市)で衝突。(『信長公記』ほか)
この頃、信玄は信濃国の大半をすでに制圧し、美濃国と接するまでになっていた。一方の織田信長もまた、美濃国の経略をすすめていた時期であり、武田と織田の所領が接するようになっていたのであろう。

この衝突を機に武田・織田の双方は和睦・同盟の機運が高まったとみられ、同年9月には信長から婚姻同盟を申し込まれたとされる。信長の養女(=遠山直廉息女)を勝頼に娶らせるというものであった。

実はこの頃、義信と宿老の飯富虎昌らは信玄暗殺のクーデターを企てていたといい、この同盟交渉が大きく関わっていたとみられる。

これまで武田・今川・北条はそれぞれが婚姻同盟、いわゆる甲相駿三国同盟を維持してきた。だが、その一角である今川家は、桶狭間で今川義元が信長に討たれて以降、配下の松平元康(=のちの徳川家康)をはじめとする国衆らの離反などで没落過程にあったため、信玄は外交戦略を転換して今川家を滅ぼそうと目論んだ。
しかし、義信は正室に義元の娘を迎えているなど、今川家とのつながりも深かったゆえに、今川の仇敵の織田家と同盟を結ぶことなど受け入れられなかったのである。

義信ら三国同盟維持派は、信長との同盟を反対したが、信玄はこれを押し切って同盟をすすめた。その結果、同年10月にはクーデターが露呈し、首謀者とみなされた飯富虎昌らは処刑されることになった。
なお、11月に勝頼と信長養女との婚礼が実施されている。

義信はこの事件がきっかけで、のちに廃嫡されて甲府の東光寺に幽閉となり、永禄10年(1567)10月に自害となった。

当主・武田勝頼の誕生

その後、信玄は家康と今川領を分割する密約を結び、三国同盟を破って駿河今川領に攻め込んだ。すぐに駿府を占領して今川を追い出すが、その後まもなく今川を支援する北条氏と駿河国を巡って長期の攻防戦となった。(駿河侵攻)
駿河の制圧がほぼ成った元亀2年(1571)には、信玄は勝頼を新たな後継者として指名し、甲府に迎え入れるのである。

一方、信長は上洛して将軍義昭を誕生させていたが、その将軍権力をも制限するほど強大な力をつけ、将軍義昭との関係は悪化していた。信玄はそんな信長を敵視しはじめる。そして、将軍義昭をはじめとする反織田勢力に加わり、翌元亀3年(1572)からは、大胆にも織田・徳川領へ対外遠征を実施するのであった。(西上作戦)

信玄は遠江・三河・東美濃など、瞬く間に勢力を拡大したが、発病によって遠征中の元亀4年(1573)4月に病没となった。信玄は自分の死を3年隠し、内政に専念する旨を遺言したという。

信玄死後の武田家

勝頼の家督相続に伴い、勝頼と不仲だった信玄の重臣層との対立があったとみられ、武田家の内部は混乱して軍事行動も停止していたようだ。信玄の死のうわさはすぐに広まり、同年5月上旬には徳川家康が駿府や遠江国井伊谷に侵攻したが、武田方はほとんど反撃しなかった点からもうかがえる。

信玄の死に乗じて、織田・徳川連合はすぐさま反撃にでてきた。

7月には武田方の三河長篠城が徳川軍によって包囲。8月には武田方の奥平定能・信昌父子が徳川に寝返り、9月には長篠城が開城となって徳川方の手に渡ってしまった。一方で同じ頃、信長も将軍義昭を追放して室町幕府を滅ぼし、続けて越前の朝倉義景、近江の浅井長政を滅ぼしている。

このように、反織田勢力は一気に駆逐され、武田に従属していた国衆も相次いで離叛し、武田を取り巻く情勢は激変したのであった。

長篠での大敗と戦後処理

天正2年(1574)正月になると、勝頼もようやく東美濃に向けて軍事行動を開始した。

勝頼の反撃

武田軍は美濃国岩村城を拠点として、2月までに明知城ほか18もの諸城を攻略(『信長公記』ほか)して信長を慌てさせており、さらに4月には遠江国へ出陣し、6月11日に徳川方の堅固な高天神城を陥落させてもいる。(高天神城の戦い)
信長ははじめ勝頼を見くびっていたが、この勝頼の攻勢を受け、6月29日付の上杉謙信宛ての信長書状で、勝頼への評価を一変させて警戒している様子がうかがえる。

武田軍の勢いはとどまるところを知らず、勝頼は天正3年(1575)3月から先鋒隊を三河へ派遣し、勝頼自身は亡き父・信玄の法要を済ませた後の4月に出陣した。
同19日には先鋒隊が三河・足助城を陥落。続いて勝頼は事前に内通していた岡崎町奉行の大賀弥四郎らの手引きで岡崎城の攻略を企てたが、大賀弥四郎らの内通がバレて失敗に終わっている。その後、目標を東三河へ転じて野田城を攻略、続けて家康本隊が入城した吉田城の攻略に動くが、これも諦めて5月1日から長篠城を包囲することにしたのである。

長篠合戦

だが、こうした勝頼の積極路線は、"長篠の戦い" で信長・家康連合に歴史的大敗を喫し、裏目にでてしまうことになる。

武田軍は連日のように長篠城を攻め立てたものの、なかなか攻略できずにいた。その一方で、徳川の援軍要請を受けた織田軍が救援に到着し、織田・徳川連合は3万余人を数える大軍となった。
これを受けて武田方は軍議を開くことになり、このとき、山県・馬場・内藤ら重臣らはこぞって撤退を主張し、勝頼側近の跡部勝資らと意見が対立したという。ここで勝頼は重臣らの主張を退け、決戦に踏み切ることを決断した。

こうして5月21日に織田・徳川連合との決戦が行なわれたが、武田軍は敵の馬坊柵に攻めあぐねて、さらに鉄砲衆を相手に劣勢となり、最終的には山県昌景馬場信春内藤昌豊・甘利信康・原昌胤のほか、真田信綱・昌輝兄弟など多くの重臣と兵卒を失う大敗となったのである。

戦後、武田軍の大敗はたちまち知れ渡り、奥三河ではすぐに離反するものが現れるほど、武田方の諸城は動揺したようだ。 戦意喪失した奥三河の武田方の諸城は、まもなく徳川軍に攻め込まれると、あっけなく開城している。
勝頼は駿河・遠江方面の軍事の再編(新たな将卒の募集、配置)や戦死者の後継者の指名などの戦後処理に追われたが、これを織田・徳川の両者が見逃すことはなかった。徳川は5月末から駿河・遠江、織田は6月から東美濃に、それぞれが失地回復に攻め込んできたのである。

勝頼は敗戦処理に加え、東美濃と遠江・駿河の2方面での対応を迫られることになり、組織的な軍事行動が行なえずに、次々と所領を失っていった。
同年6月には三河国の拠点をすべて失い、11月には秋山虎繁の守備する東美濃の岩村城も織田信忠の軍勢に攻め落とされ、東美濃の支配権も喪失。さらに遠江国では徳川軍の絶え間ない侵攻によって、諏方原城や二俣城などの重要拠点を失うこととなった。

このように、長篠の敗戦をきっかけに、織田・徳川との戦いは完全に守勢に回ることになってしまったのである。

勝頼と反織田勢力

信濃や駿河の防衛など、軍備を整えることに奔走していた勝頼だが、天正4年(1576)正月6日付の春日虎綱に宛てた書状で、三河侵攻の延期を通達しているため、どうやら徳川への反撃を計画していたようだ。

同4月には、躑躅ケ崎館において、亡き父・信玄の正式な葬儀が盛大に行われている。信玄の死は3年間の秘匿扱いであった。
このときの葬儀は武田一族や重臣ら一堂に会する場となったが、勝頼はこれを機に木曾義昌に起請文を提出させ、忠誠を誓わせている。というのも信濃国木曽郡は、美濃の織田領と接しており、木曾義昌は織田方の調略を最も受けやすい状況だったからである。
なお、この年も長篠の敗戦が影響してか、武田方の軍事行動は控えめであり、結局三河への侵攻も行なわれなかった。 ただ、9月と12月に遠江の徳川領に侵攻したとみられる。

幻の最強タッグ・甲相越

さて、この年の信長の状況はどうだったのだろうか?

織田政権は、既に将軍義昭を追放し、幾内・東海だけでなく、中国や北陸方面にも勢力を拡大していた。
だが、ここで将軍義昭が再び登場。義昭は毛利氏の庇護を受けており、信長打倒を掲げて上杉・武田・北条を和睦させ、西の石山本願寺勢力と毛利氏を加えて、東西から信長を挟撃しようと目論んだのだ。

この要請に上杉謙信は応え、4~5月には石山本願寺や加賀一向一揆と和睦。8月までには勝頼と北条氏政も、甲相越の三国和睦に賛同を表明。勝頼は9月に毛利輝元と同盟を結び、信長打倒の決意を述べている。

ここに反織田勢力は、武田・上杉・北条・毛利・本願寺、と、そうそうたるメンバーが名を連ね、信長は大大ピンチ。
・・・となるはずだったが、9月以降にこの構想は史料にみられなくなり、幻に終わってしまったようだ。理由はわからないが、一説に北条氏と敵対し、上杉方と同盟関係にある佐竹氏や結城氏ら関東の諸大名の意向が背景にあるという。

天正5年(1577)に入ると、勝頼は北条氏政の妹を正室にむかえ、甲相同盟を強化している。
この年は、北遠江や駿河国北部において徳川方が積極的に攻勢を仕掛けてきており、勝頼は小長谷城を防備強化する等して対応に苦慮したようだ。

閏7月には、徳川軍が高天神城に向けて行動を開始しているが、このとき勝頼は領内の貴賤を問わず募兵しており、兵力不足に悩まされている様子がうかがえる。
9月にも再び徳川軍が動きだしており、勝頼は防衛のために甲府から駿河江尻城、田中城、小山城など、奔走している。家康が決戦を回避したため、勝頼も駿河方面へと撤退して収束した。

御館の乱への介入

天正6年(1578)3月13日、越後では上杉家当主・上杉謙信が病没。そしてその直後、謙信の2人の養子である上杉景勝上杉景虎との間で家督を巡り、上杉領内で二派に分裂して内戦が勃発した。(御館の乱)

やがて上杉諸将の旗幟が鮮明になると、景勝は先に春日山城を占拠。一方の景虎は5月に春日山城を退去して御館(=春日山城下に設けられた関東管領の館)に移って籠城し、兄の北条氏政に救援を要請した。
景虎は配下に命じて春日山城下に放火を行うなど撹乱戦術を展開し、景勝は北条方の援軍を警戒して上越国境の防備を固めていくのである。

上杉領の東上野は、武田氏と北条氏に挟まれていた土地ということもあり、厩橋城(まやばし)城主の北条高広や沼田三人衆の一人・河田重親など、北条家から養子に入った景虎を支持するものが多くいた。東上野での内戦は5月21日に、景勝方の猿ヶ京城が景虎方の攻撃を受けるもこれを撃退していることが史料でみてとれる。

勝頼、越後・上野へ出陣

乱を知った武田氏と北条氏は景虎派を支援することで一致し、ともに越後侵攻を企図した。

勝頼は5月下旬、景虎援軍として武田信豊を派遣して海津城の春日虎綱(=高坂昌信)と合流させた。これに対して危機感を募らせた景勝は、すぐに和睦を申し入れ、武田信豊と春日虎綱を仲介として和睦交渉に持ち込んでいる。(※6月14日に春日虎綱は病没)

一方で北条氏政はこのころ、北関東の大名の連合軍(佐竹氏・結城氏・宇都宮氏・那須氏など)との戦い(小川台合戦)で拘束されて身動きができず、そして7月中旬になって氏政はようやく上野国に入った。
なお、北条が出陣しないことに不信感を募らせた勝頼は、どさくさまぎれに真田昌幸を東上野に向かわせ、同国の上杉領の調略を行なわせており、これを知った北条方は武田方に抗議を申し入れている。

勝頼、景勝と和睦して撤退?

勝頼は景勝との和睦交渉中も越後への進軍を止めることなく、根知城を占拠。景勝はやむなく武田方の和睦条件を受け入れ、北信濃の割譲に同意し、東上野も切り取り次第とすることとした。勝頼のねらいは上杉領の割譲を無傷で実現し、さらに景勝と景虎の和睦を仲介することであった。

8月18日、勝頼は景勝と起請文を取り交わして妹・菊姫を景勝に娶らせることを約束した。(甲越同盟)
その後、一時的に景勝と景虎の和睦を成立させたが、これはすぐに破綻となった。そして、徳川軍が武田領への攻撃を開始してきたため、8月28日にやむなく景勝と景虎の和平仲介を断念し、越後から撤退してしまうのであった。

一方、北条方は9月に北条氏邦らが三国峠を越えて越後・上田庄への攻撃をしているが、頑強な抵抗にあって苦戦。やがて深雪に見舞われたために12月には帰国し、困難な戦線は東上野衆に押しつけられることになった。
明けて翌天正7年(1579)、豪雪の中で補給もなく孤軍奮闘を強いられた北条方の東上野衆(河田重親・北条高広ら)は不満を募らせ、2月には樺城・荒戸城などすべてを放棄して上野国に撤退してしまった。

こうして武田・北条の撤退がひびき、3月24日に景虎は自害となった。

甲相同盟の破綻と東上野経略

景虎の敗北が濃厚となった同年2月の時点で、甲相同盟の破綻は不可避であった。このため、勝頼は北条との戦いに備え、以下のように合戦準備をすすめていった。

  • 2月:箕輪城に城代として内藤昌月を派遣。
  • 3月:信濃国海津城代春日信達ら川中島衆を駿豆国境に転属。
  • 7月:駿豆国境の沼津(静岡県沼津市)に新たに三枚橋城の築城を開始。
  • 8月:内藤昌月が前橋城主の北条高広を調略。

時期は定かでないが、9月以前に武田方のほうから同盟破棄を通達したとされ、これは勝頼の独断ではなく、重臣らとの合意で決定したという。甲相同盟の破綻は、勝頼を取り巻く情勢を大きく転換させることになる。

そして9月、北条氏政が武田との手切れを想定して徳川家康と同盟を締結すると、ついに北条・徳川連合が武田挟撃作戦に出てきたのである。このときは北条・徳川ともに決戦を避けたため、大規模な戦闘は起きなかったようだ。
なお、同月には武田氏と佐竹氏との間でも同盟が合意に至っている。(甲佐同盟)

11月には、関東の情勢が緊迫したため、駿豆国境に在陣していた北条軍は小田原に撤退している。
一方で勝頼は、家康を牽制するために遠江へ出陣し、高天神城へ入っている。その後、兵を引き上げて今度は北条方の伊豆まで侵入し、各地を攻撃して12月に甲斐に帰国している。
なお、同じころ上野国では武田方の調略により、不動山城主・河田重親や沼田城代・小中彦兵衛尉など、旧上杉方の諸将が相次いで北条氏から離反している。

このように勝頼は、上野国においては北関東の諸大名と提携して戦局を優位にすすめていたが、駿河・遠江方面では徳川・北条を相手に守勢に回っていった。

北条・徳川連合との攻防

天正8年(1580)に入ってからも、勝頼は佐竹氏ら関東の諸大名らと北条包囲網を形成し、北条氏を窮地に追い込んでいた。
勝頼は同年正月早々に上野国へ出陣すると、2月には真田昌幸が小川城主・小川可遊斎を調略に成功。こうした事態に危機感を募らせていた氏政は、家康を介して信長に接近しており、同年3月には織田との同盟を成立させている。

勝頼帰国後の閏3月、今度は駿河・伊豆国境で北条軍との抗争がはじまる。この後、徳川軍もこれに呼応して駿河西部へ侵入し、武田方を背後から脅かした。こうした北条方の支援と同時に、家康が遠江・高天神城包囲のための付城の普請を着々と進めていた点は見逃せない。

一方、東上野の調略を任された真田昌幸は、5月までに猿ヶ京城を、その後に名胡桃城を相次いで奪取し、8月にはついに沼田城をも陥れたのである。そして9月、沼田城攻略を受けて勝頼は上野へ出陣、佐竹勢とともに北条氏政との決戦を望んだが、佐竹勢は帰陣してしまい、北条方も決戦を避けたため、10月にやむなく甲府へ戻っている。

このように前年から同年にかけて、東上野をはじめとする関東戦線は、武田方や関東諸大名らが圧倒的に優勢となっていったのである。

武田滅亡のシナリオ

だが、天正9年(1581)に入ると、武田衰退の兆候がみえはじめた。

新府築城と高天神城の陥落

同年1月に、勝頼は新たな本拠として甲斐国・韮崎に新府城の築城を開始した。
この築城に関しては家臣から強い反対があったとみられる。というのも、一説には築城に伴う負担の増加があったからである。

そして3月には遠江の高天神城が徳川軍によって陥落させられた。徳川方がかねてから進めていた付城の構築により、同城は陸上・海上からの補給、兵員交替が遮断され、城内では餓死者が続出し、最期に城将・岡部元信らが城外に討って出た末の陥落であった。 救援要請を受けていたにもかかわらず、勝頼は後詰を送らなかったため、武田氏の威信は地に落ち、家中には動揺が走ることになったのである。

相次ぐ離反

一方、同年は北条氏が北関東で巻き返しに転じた年でもあり、上野国でも武田の衰退がはじまる。

3月には沼田平八郎が旧領の沼田奪回に向け、由良氏の後援で挙兵。このときは真田昌幸が謀略によって平八郎暗殺に成功し、事なきを得たようだ。しかし、その後は上野において長尾憲景、河田重親、宇津木下総などの有力な将が北条方に転じる事態となった。
こうした謀反の背景には、高天神城陥落や知行割り当ての混乱などが影響しているとみられている。

この頃、既に信長は武田を滅ぼすことを決定しており、武田方に対して秘かに内通者を募るなどの調略をすすめ、さらには正親町天皇に武田を朝敵と認めさせていた。なお、同年末には勝頼と穴山梅雪が不仲となっており、しかも梅雪は既に織田方に内通していたらしい。

武田征伐、はじまる

そうした中、天正10年(1582)正月には信濃国木曾郡の有力国衆で武田一門の木曾義昌が信長に内通。これを機に2月3日、ついに信長が武田討伐の号令をかけたのである。(甲州征伐)

織田・徳川・北条軍による侵攻が一気にはじまり、圧倒的兵力を前に武田家臣らは謀反と逃亡が相次ぎ、勝頼はなすすべもなかった。
14日に起きた浅間山の大噴火は、世に "武田勝頼の没落" と受け止められ、武田軍の求心力はさらに低下。28日には穴山梅雪が織田方へ去っていった。これにより、家中は動揺して逃亡する者も相次ぎ、信濃での決戦をあきらめて新府城へ撤退せざるを得なくなったのである。

そして、追い詰められた勝頼は新府城で最期の軍議を行ない、都留郡の岩殿城で決戦を主張する小山田信茂の策を選択するのだが、これが命取りとなってしまう。小山田信茂の策に従って岩殿城へ向かう途中、その信茂も裏切ったため、岩殿城へ入城できなくなったのである。
勝頼は甲府に戻ることもできず、行き場を失い、兵卒も逃亡して勝頼主従は100人ほどになったという。そして武田氏の先祖が自害した天目山を目指した。

3月11日、ついに滝川一益の軍勢が姿を現した。勝頼は大軍を相手に奮闘し、最期は自害して果てた。 ここに名門・甲斐武田氏は滅亡となったのである。

勝頼は最期、武田氏ゆかりの地である天目山で自害を余儀なくされた。名門・甲斐武田家の歴史は閉ざされた。


おすすめの記事



 PAGE TOP