あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

高坂昌信

高坂昌信( こうさか まさのぶ、1527-1578年)は甲斐武田氏の譜代家老衆で武田四天王の一人に数えられ、また、信玄・勝頼期の事績を記した『甲陽軍鑑』の著者として知られる。

百姓の出であったが、信玄に召し出されてから功を重ね、のちに上杉謙信の抑えを一手に引き受ける海津城の城代に大抜擢された。信玄によって信濃の旧族・香坂氏に養子入りさせられ、一時的にではあるが "香坂"の姓を称している。

勝頼の代になっても海津城の城代を務め、北の上杉氏の抑えの役割を果たした。やがて上杉謙信が死去したのをきっかけに家督争い・御館の乱が勃発。これに介入した勝頼の命で上杉景勝との和睦交渉を務めたものの、その最中に病没した。

経歴

大永7年(1527年)に甲斐国八代郡石和(現在の山梨県笛吹市石和町)の富裕の百姓の子として誕生。幼名を "春日源五郎"、実名は "春日虎綱" といった。

信玄に召し抱えられる

しかし、虎綱は父が死没したことで姉夫婦との財産訴訟が起こり、裁判に敗訴して身寄りが無くなったといい、天文11年(1542年)に信玄によって奥近習に召し抱えられたという。

信玄に仕えた虎綱は頭角をあらわし、天文19年(1550年)には信玄の使番に、天文21年(1552年)には100騎の足軽大将となって "春日弾正忠" を名乗ったという。
さらに翌天文22年(1553年)には信玄による村上義清の攻略時に信濃佐久郡小諸城(長野県小諸市)の城代となった。

上杉謙信の抑えに抜擢

やがて上杉謙信との抗争がはじまると、弘治2年(1556年)には謙信との争いにおける最前線・海津城の城代に任じられ、異例の大抜擢となったのである。

永禄4年(1561年)には謙信と大激闘となった第4次川中島の戦いに参戦し、このとき虎綱は馬場信春とともに別働隊を指揮している。

一説にこのころに信濃の旧族・香坂氏に養子に入り、"香坂"の姓を称したという。

高坂昌信の「高坂」は香坂氏に由来するが、実は史料による誤記という。また「昌信」という名も後世の史料にみられるものの、明らかに誤りとの指摘もある。

香坂氏は信濃国更級郡牧之島の国衆であり、このときは既に武田氏の傘下となっていた。
虎綱は永禄6年(1563年)の6月まで"香坂"の姓を称していたことが確認できるが、その後、永禄9年(1566年)までには復姓したとみられる。

虎綱は上杉謙信という最大のライバルの抑えという重責からか、実は川中島の戦いを除く軍事にはほとんど従軍していない。 一方で武田家臣団の中で最大規模の軍事力を有していたと伝わっている(『甲陽軍艦』)

ただし、元亀3年(1572年)から行なわれた信玄の軍事遠征では例外として三方ヶ原の戦いに参戦している。これは上杉謙信が降雪の影響で身動きできないと判断しての出陣命令とみられている。

武田勝頼の代

信玄の死後、勝頼の代になっても引き続き海津城代として川中島四郡を支配し、上杉氏に対する抑えを任された。

このため天正3年(1575年)の長篠の戦いには参戦しなかったが、敗戦した武田軍を出迎えると、新敷く用意した武具や旗指物に替えさせ、国内に悟られないように体面を保とうと配慮したという。

この戦いでは他の武田四天王が全員討ち死にしたが、虎綱は難を逃れる形となった。

その後、虎綱は北条氏政との同盟強化や上杉謙信との関係改善を訴えている。

天正6年(1578年)には謙信が病没したのをきっかけに上杉家のお家騒動・御館の乱が勃発すると、勝頼は同盟関係にあった北条氏政から上杉景虎の支援を要請されて越後へ出陣した。

しかし、上杉景勝から和睦を持ちかけられると、虎綱は勝頼の命を受けて武田信豊とともに同盟交渉にあたったが、その最中に海津城で死去した。

略年表

  • 大永7年(1527年)、甲斐国八代郡石和の百姓の子として誕生。
  • 天文11年(1542年)、信玄の奥近習として仕える
  • 天文19年(1550年)、信玄の使番となる
  • 天文21年(1552年)、100騎持の足軽大将となり、春日弾正忠を名乗る
  • 天文22年(1553年)、信濃国佐久郡・小諸城の城代となる
  • 弘治2年(1556年)、信濃国・海津城の城代となる。
  • 永禄4年(1561年)、第4次川中島の戦いに参戦。このころ信濃の旧族・香坂氏に養子入りする
  • 元亀3年(1572年)、三方ヶ原の戦いに従軍
  • 天正3年(1575年)、長篠の戦いには参戦せず、上杉氏に備えて海津城を守備
  • 天正6年(1578年)、御館の乱で上杉景勝との同盟交渉をするも、その最中に海津城で死去


あわせて読みたい
武田信玄の名言・逸話まとめ
武田信玄トップ / 入門
馬場信春
武田信玄トップ / 登場人物伝
内藤昌豊
武田信玄トップ / 登場人物伝
武田信繁
武田信玄トップ / 登場人物伝
山県昌景
武田信玄トップ / 登場人物伝
武田勝頼
武田信玄トップ / 登場人物伝

 PAGE TOP