丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

甘利虎泰:「両職」として板垣信方と双璧をなす筆頭家老

信虎・信玄の二代に仕えた甘利虎泰は、板垣信方とともに武田家の最高職「両職」を務めた。

史料が少なく、出自もあいまい

甘利虎泰に関する史料は少なく、その実像はよくわかっていない。
甘利氏は、甲斐国巨摩郡の甘利荘を本拠とした武田氏の庶流であり、武田信義(=武田氏の祖)の孫・甘利行忠を祖としている。 甘利行忠は鎌倉時代、甲斐源氏(=武田氏をはじめとした、源義光を祖とする一族)を恐れる源頼朝に誅殺されており、その後の甘利氏は家系を伝えていくも、甘利虎泰まで繋がる系譜は不明である。
なお、虎泰の生誕年もわかっていない。

信虎に仕え、四宿老の一人に

虎泰は武田信虎に仕えると、やがて板垣信方・虎泰・小山田古備中とともに宿老となり、また、合戦においては損害を少なくするように配慮して臨んでいたため、信虎から戦上手にみられていたようだ。
また、信虎に疎まれていた信玄は、家臣にも見下される傾向にあったが、虎泰や信方ら一部の者は信玄の才能を見抜いていて、これに同調しなかったという。

クーデターのとき

天文10年(1541)には、主君・信虎が同盟相手の今川義元に会うために駿府に赴いている間、信玄と重臣らによるクーデターが勃発して信虎を追放しているが、これに虎泰も大きく関わっていたとされている。

信虎が駿府へ向かう前に、虎泰と板垣信方は、次郎(のちの武田信繁)を躑躅ヶ崎館の留守居役にすること、および、嫡男信玄の監視を命じられていたという。
そして、信虎が駿府へ向かった後、虎泰は信玄や板垣信方からクーデター計画に協力するよう要請されているのである。

このとき、虎泰はクーデターに加担することは天道に背くのではないかと恐れていたようだ。

迷っていた虎泰は、武田家の守護神・八幡大菩薩と重宝御旗・楯無の鎧の前でクジを取り、クーデターが吉となったため、これに加担することにしたという。

若き信玄を補佐

信玄が武田家の当主になると、虎泰は板垣信方や飯富虎昌らとともに、引き続き宿老として補佐役を務めた。

天文11年(1542) には、甲府に虎泰の屋敷が新築されたという。『高白斎記』
また、同年には信玄が父の信濃経略を引き継いで信濃諏訪郡への侵攻を行なったが、虎泰もこれに従軍して功をあげている。

諏訪氏を滅ぼして諏訪郡を制圧した信玄は、板垣信方に対し、翌天文12年(1543)に上原城代と諏訪郡代を命じている。
このとき虎泰が、今井伊勢守や駒井高白斎らとともに信玄の上意を信方に伝えたという(『高白斎記』)。

家臣団で最上位

虎泰は信玄から「弓矢ばしら」(武田家の柱石)と評されていたらしい。

『甲斐国志』によれば、板垣信方とともに武田家臣団で最高位の「両職」に就いていたともいう。 つまり、宿老の中でも虎泰と信方は別格だったのである。

さらに虎泰は、信玄から10人の「素破(すっぱ)」(=スパイ、忍者を意味する) を預けられていたといい、しかもこれを預けられたのは虎泰・信方・飯富虎昌の3人の宿老だけだったという。
また、彼ら3人は配下の素破を使って諜報活動を行ない、戦略に活かすための情報を収集して信玄に報告する役目を果たしていたという。

最期

虎泰の合戦での大功といえば、板垣信方とともに出陣した天文16年(1547)の佐久郡志賀城攻めが知られる。

武田軍が志賀城を包囲していた所、敵の援軍・関東管領の上杉憲政が派遣した軍勢が碓氷峠を越えて押し寄せてきた。
これに対し、虎泰は板垣信方・多田三八郎らとともに別働隊を率いて小田井原でこれを迎え討ち、大勝したという。(『勝山記』)

しかし、翌天文17年(1548)に小県郡へ進出した信玄が、村上義清の軍勢と上田原で一戦を交えた際に大敗したが、このときに虎泰は惜しくも戦死した。

虎泰の死を知った信玄は、表面は平常心を装っていたものの、大きな衝撃を受けて気落ちし、一時は「存命不定の煩」にかかったと他国で噂される程だったという。(『甲陽軍艦』)
なお、この戦いでは板垣信方も討死している。


 PAGE TOP