あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

新領地を求め、西上野へ進出(1561-64年)

壮絶な死闘となった第四次川中島合戦が終わり、上杉謙信との戦いが一段落した信玄は、まもなく舞台を関東、とりわけ上野国(=領域は概ね、現在の群馬県)へ移していく。

信玄による上野国の経略は、主に「武田・北条連合 vs 越後上杉氏」の構図であり、両者に翻弄される関東諸将らは戦局に応じて彼らへの服属と離反を繰り返すことを余儀なくされた。
なお、武田・北条・上杉の三者は連年にわたり、各本拠から何度も出陣することになる。

さて、信玄の上野経略をみる前に、これまでの上野国の情勢をみてみよう。

これまでの上野国の情勢

武田家が武田信虎時代の頃、上野国や武蔵国は山内上杉と扇谷上杉という2つの上杉氏が支配していた。

やがて相模国の北条氏が台頭していき、両上杉と北条の戦いが起こり、武田氏は関東公方や関東管領の山内上杉氏などと関係が深かったことから、信虎は両上杉に加担する形で戦いに介入する。
しかし、信玄の代になると、武田氏と両上杉との関わりは希薄となり、やがて扇谷上杉氏が北条氏康に滅ぼされ、関東管領家である山内上杉氏の上杉憲政も越後の長尾景虎(のちの謙信)のもとに追いやられた。

以後、氏康と謙信は敵対関係となり、謙信方による関東出兵(1560-61)では、氏康が本拠・小田原城まで攻め込まれるなど苦戦し、上野・武蔵の2か国はともに謙信の勢力下に置かれていた。

一方、この間に武田・今川・北条の三者間でそれぞれ婚姻関係が結ばれて三国同盟が形成されたため、先に述べたような「武田・北条連合 vs 越後上杉氏」の構図ができあがったというワケである。

信玄の上野経略は過去にも!?

第四次川中島の後まもなく、永禄4年(1561)11月に信玄は上野国へ侵攻を開始しているが、実のところ、この上野経略はこの時がはじめてではない。

時期はハッキリしないが3~4年前ほどから、出兵や調略などを行なっていたのが確かであり、同時に飛騨・美濃・遠江などの隣国へも調略の手を伸ばしていたようだ。

信濃経略のみに注力していた信玄が外交戦略を転換したのは、今川義元が桶狭間の戦いで討死したことが影響しているとの見方もある。
武田・今川・北条の三者は三国同盟を結び、それぞれが勢力拡大を進めていた。つまり、今川氏が桶狭間以後、没落過程に入ったことで、信玄が外交戦略を見直したということであろう。

信玄の西上野侵攻

話を元にもどし、第四次川中島以降の西上野侵攻を述べていこう。

西上野南部エリアに進出

同年11月2日、信玄は信濃佐久郡松原社に願文を納めて上野国での戦勝祈願をし、上野国へ出兵してからは甘楽郡の高田城などを陥落したのち、24日には同郡・国峯城も攻略した。
国峯城は小幡憲重父子の本拠であり、彼らは信濃で信玄に仕えていたが、このときに旧領復帰となった。

一方、謙信も同じころに、関東諸将らの要請を受けて関東へ出陣しており、厩橋城にあった。

上杉方と武田・北条方の両軍はそのまま関東で越年したが、やがて信玄が帰国して越後方面への動きがみられたため、謙信も永禄5年(1562)3月には越後へ帰国したようだ。

そして、信玄が再び動き出す。この年の信玄らの主な動きは以下の通りだ。

  • 6月:信玄、和田城の和田業繁に書状を送って勧誘する。
  • 9月:信玄、西上野へ出陣。群馬郡箕輪・惣社・倉賀野城を攻め荒らし、作毛を刈り取る等をして帰国。
  • 9月18日:信玄、下野国の宇都宮広綱に書状で戦況を伝え、参陣を促す。(『宇都宮家所蔵文書』)
  • 9月22日:信玄、浦野新八郎に箕輪領内の地を宛行う。(『浦野文書』)
  • 11月:信玄、再度西上野へ出陣。上野から武蔵へ入り、北条氏康とともに松山城を攻める。
  • 12月:謙信が救援要請により、深雪を冒して関東へ出陣。
  • 12月中旬:和田城の和田業繁が甲府に出仕。(=つまり、武田氏に従属したということ。)

【武蔵】松山城を陥落

上杉方の松山城は、市野川を堀に利用されている天然の要害であり、武田・北条連合はなかなか陥落させることができなかったようだ。一説に、攻めあぐねた信玄は、甲斐・信濃両国の金山衆(=金山の経営を行う者)を集め、城を掘って崩させる作戦までしようとしたという。(『武家事紀』)

そして、翌永禄6年(1563)2月、ついに松山城は陥落となった。

一方、救援に向かっていた謙信は、松山城の東約8キロの武蔵国石戸にまで進んでいたが、すでに松山城は落城して武田・北条軍は撤兵した後だった。無念にも救援できなかった謙信は、その怒りをぶつけるように北条方の諸城を襲撃し、下野国の古河城も奪取している。

また、信玄はその帰路で上野国の碓氷郡に侵攻し、安中城を攻めて安中景繁を降伏させている。これにより、碓氷郡はほぼ掌握した。なお、安中景繁の父で松井田城主の重繁は抵抗したために成敗(=処刑ではなく、出家・隠退のことか。)されたという。

信玄は帰国してまもなくの4月、今度は謙信の留守中に北信を攻め、越後国を脅かす行動にでた。飯綱山の麓に軍用道路を造り、攻略をすすめようとしたのである。

この報を知った謙信は6月に越後へ帰国を余儀なくされた。なお、謙信が越後へ戻ると、その隙に今度は氏康が動いて古河城を再び攻め取っている。

西上野北部・吾妻郡へも侵攻開始

同じ頃、吾妻郡では、羽尾氏を支援する岩櫃城主・斎藤憲広と、鎌原氏を支援する真田氏で抗争がはじまる。
これは、かねてから羽尾氏と鎌原氏が領堺争いを繰り返していたところに、斎藤憲広と真田幸綱がそれぞれを支援する形の争いに発展したものであった。

真田幸綱は調略で岩櫃城主・斎藤憲広の甥や海野兄弟の内応に成功させ、10月13日には岩櫃城を攻略。信玄は岩櫃城の城代に幸隆を任命し、鎌原氏や湯本氏などの吾妻衆を与力として付けた。また、目付に三枝虎吉を派遣している。

包囲網で謙信を翻弄

信玄は、以後も謙信との直接対決を避けながら、西上野への出兵と帰国を繰り返していった。

  • 12月:信玄が再び西上野へ出陣して倉賀野城を攻め、謙信もすぐさま関東へ出陣。
  • 閏12月:謙信が上野国の和田城を攻め、倉賀野城へ迫る謙信を尻目に、信玄と北条氏康は由良成繁の上野新田郡・金山城を攻める。
    謙信が救援軍を送ると、信玄・氏康は撤兵。

永禄7年(1564)の正月には、和田城下の地侍に信濃の諸関所での通行手形のほか、このエリアの地侍に対して知行を与えるなどしている。そして、翌月以降も出兵と帰国を繰り返していった。

  • 2月:武田の別働隊が吾妻郡の尻高城を攻略。
  • 3月:信玄が信濃国水内郡の野尻城を攻略し、越後領内へも乱入して村々を焼き払う。
  • 4月:信玄に誘われた会津の芦名盛氏が越後へ侵入するが、関東から急いで帰国した謙信に敗れ、やがて野尻城も謙信に奪回される。
    同月末頃、信玄自らが西上野へ出陣し、倉賀野城を攻略。
  • 5月17日:信玄、信濃国佐久郡平原に帰陣。

このように、信玄は北条氏をはじめとした他国の諸将らと連携を取って謙信包囲網を構築し、謙信を翻弄しながら次々と勢力範囲を拡げていったのである。


あわせて読みたい
武田信玄の名言・逸話30選
武田信玄トップ / 入門
【超入門】5分でわかる武田信玄
武田信玄トップ / 入門

 PAGE TOP