丁寧に歴史を追求した、正統派の戦国Webマガジン

元親の家紋・家系図とそのルーツ

鎌倉・室町初期に土佐国の地頭として発展するも、戦国期に入ってまもなく、滅亡の危機にさらされた長宗我部氏。
本記事では長宗我部氏のルーツを追ってみた。

長宗我部氏のルーツ

長宗我部氏のルーツにおいては、いくつかの系図類や伝承によって様々な説があり、判然としていない。

一般には秦の始皇帝の子孫が日本にわたり、飛鳥時代の人物・秦河勝に至って、さらにその子孫・秦能俊が土佐国に入って宗我部氏を名乗ったというが、その時期は平安末期、鎌倉初期、室町期(これは信憑性が低い)など諸説あって定かでない。
この秦氏は有力な国司であったとの説もある。

元親の父・国親や元親自身も秦氏を称していたことから、自分たちは秦氏の子孫だという意識があったようだ。

ところで宗我部氏には、香美郡の宗我部氏と長岡郡の宗我部氏の二流があった。このため、これを区別するため、それぞれに郡名をつけて香宗我部氏長宗我部氏と名乗らせたという。

長宗我部氏の本拠は、江村郷岡豊山にある岡豊城で知られるが、築城の時期や移り住んだ時期はわかっていない。

地頭職となる長宗我部氏

このようにあいまいな長宗我部氏の出自だが、確かな史料での初見はいつだろうか?

それは鎌倉幕府滅亡直後の元弘3年(1333)、足利尊氏が長宗我部新左衛門宛に、土佐国介良庄でおこった在地土豪の乱妨人を鎮圧するように命じた文書が『土佐国蠧簡集』に存在している。

この新左衛門という人物は、11代目当主の長宗我部信能のことのようだ。
信能は南北朝時代に入り、足利尊氏配下の細川氏の従属下、すなわち北朝方として戦功をあげ、大埇や吉原の地頭職、さらには朝倉領家(=高知市)や深淵郷(=香美郡野市町)などの所領を拝領している(『土佐国編年紀事略』)。

なお、このころ土佐・讃岐2か国の守護は細川京兆家が、阿波国の守護は細川阿波家(細川の庶流)、伊予国守護は河野家が担っていた。

信能の子・12代兼能の康永2年(1343)頃には、長岡郡の吸江庵(=高知市五台山)の寺奉行となっている。

吸江庵は足利尊氏が師と仰いだ禅僧・夢窓疎石が創建したとあって、足利氏や細川氏の厚い保護を受けた。
なお、『吸江寺文書』によれば、寺奉行の職務は以下のようなものらしい。

  • 境争論のおこった際の仲介裁判
  • 寺院造営の監督
  • 祠堂銭(=しどうせん、寺院に寄進する金銭)の監視

14代能重のときの至徳3年(1386)頃には、土佐長岡郡の坂折山(南国市)に隠渓寺定光庵を建立している。

土佐国に乱世が到来!

やがて、戦国最大の内乱となった応仁の乱が勃発するが、応仁2年(1468)には16代文兼が、細川勝元から香美郡への出陣を命じられていることから、寺奉行としてだけではなく、軍役も負担していたことがわかる。

なお、応仁の乱の最中の文明3年(1471)頃、文兼の長子である長宗我部元門が、父や細川家に背いて追放されて「家中錯乱」となったといい、のちに和解して弟の雄親が家督を相続したという。

上述のように長宗我部氏は鎌倉期から室町期にかけ、地頭領主として足利将軍家や守護細川家の権力を後ろ盾に、小豪族を傘下に組み入れるなど力を蓄えていった。

しかし、応仁の乱以後、土佐の守護・守護代の力は弱まり、永正4年(1507)に細川政元が謀殺されたのを機に、在地領主が台頭し、土佐国にも乱世が到来することに。

時の長宗我部当主は元親の祖父・19代兼序。政元に仕えていた彼は細川政元という強力な後ろ盾を失い、やがて長宗我部氏に滅亡の危機が訪れるのであった。

 以後の展開は・・

長宗我部氏の家系図

長宗我部氏の家系図は以下の通り。さっそく確認してみよう。

上記系図のように、長宗我部氏は初代を能俊とし、元親に至っては21代当主である。

歴代当主のうち、初代能俊~元親の祖父・兼序までの流れなどは、上述の「長宗我部氏のルーツ」に記したので省略し、ここでは元親の父母・兄弟姉妹・妻子について簡潔に紹介していく。

元親の父母

  長宗我部国親(父)
長宗我部氏の主君であった細川政元が暗殺された後、土佐の諸豪族らに攻められて所領を失い、滅亡の危機にたたされた。その後、土佐一条氏の庇護を受けて長宗我部氏の復興に尽力した。

  祥鳳玄陽(母)
美濃国の守護代・斎藤利長の娘。

元親の兄弟姉妹

  親貞(弟、ちかさだ)
国親ニ男で生母は不明。元親の弟。
兄・元親の命で土佐の名族である吉良氏の婿養子となって家督を継ぎ、吉良親貞と称した。

元親の片腕として、土佐統一の過程で大いに武功をたて、土佐国西部の軍代まで努めたほどの猛将であったが、元親が四国進出を開始すると、まもなくして病死した。

  親泰(弟、ちかやす)
国親三男で生母は不明。元親の弟。
土佐の有力国衆・香宗我部氏の没落過程において、養子入りして家督を継承し、香宗我部親泰と名乗った。ニ兄の親貞同様に土佐国東部の軍代となって土佐統一に貢献。さらに外交役も担い、四国統一まで元親を支えた。
その後、豊臣政権下の朝鮮出兵(1592-93年)に赴く途中で病死した。

  親益(異母弟、ちかます)
国親三男で国親の妾の子とされ、元親の末弟にあたる。島親益と称した。

  女子(姉)
土佐の有力豪族である本山茂辰(もとやま しげとき)に嫁いだ。

  女子(妹?)
長宗我部家臣・池頼和(いけ よりかず)に嫁いだ。

  女子(妹)
長宗我部家臣・波川清宗(はかわ きよむね)に嫁いだ。

元親の妻子

正室は明智光秀の重臣・斎藤利三の異父妹という。側室に小少将がいる。

斎藤利三の異父妹(正室)

元親との間に4男4女を授かった。

  • 信親(長男、のぶちか)
    文武に優れ、父・元親の寵愛を受けていたが、豊臣政権下の九州征伐(1587年)で先陣となり、討ち死にした。
  • 親和(次男、ちかかず)
    幼年期に西讃岐4郡の守護代・香川之景の養子に送り込まれ、香川親和と称した。長兄・信親の死後は秀吉の推挙で長宗我部家の家督を継ぐかにみえたが、父・元親の意向で結局、弟の盛親が家督を継ぐこととなった。その後、親和はまもなくして病死した。
  • 親忠(三男、ちかただ)
    土佐国の豪族・津野勝興の養子として送られ、津野氏当主となって津野親忠と称した。四国征伐(1585年)後には秀吉の人質となっている。のちに長宗我部氏の家督相続で四男・盛親を支持する久武親直の讒言により、元親に嫌われて幽閉されたという。
    関ヶ原の戦い(1600年)の後、家康に謝罪して長宗我部氏の本領安堵を図っていたところ、またも久武親直の讒言によって当主で弟の盛親に殺害された。
  • 盛親(四男、もりちか)
    長宗我部氏第22代当主。関ヶ原の戦い(1600年)で西軍に属して敗戦し、領国を没収されて浪人となる。その後、大阪の陣で豊臣方の将の主力として参戦し、滅んだ。
  • 女子(長女)
    元親に擁立されて土佐一条氏当主となった一条内政のもとに嫁いだ。
  • 女子(次女)
    吉良親貞の子である吉良親実に嫁いだ。
  • 阿古姫(三女、あこひめ)
    長宗我部家臣・佐竹親直に嫁いだ。大阪の陣(1614-15年)で豊臣方に与した夫・親直は討死し、阿古姫と息子2人は仙台藩主・伊達政宗の兵に捕えられた。しかし、政宗の判断で助命され、伊達家の侍女として召抱えられた。
  • 女子(四女)
    長宗我部家臣・吉松十左衛門(よしまつ じゅうざえもん)に嫁いだ。
小少将(継室)

最初は阿波国守護・細川持隆の妻であり、次に持隆を滅ぼした三好実休の妻となり、次に実休重臣の篠原自遁の妻となっている。
そして最後に元親に側室として嫁いだといい、元親との間には右近大夫をもうけたと伝わる。

この他、細川持隆との間に細川真之、三好実休との間に三好長治と十河存保をもうけている。

  • 右近大夫(五男)
    名は不明で官位は右近大夫。異父兄に細川真之、三好長治、十河存保。
    兄・盛親の孫・長宗我部盛胤の養育にもあたったといい、最期は大坂夏の陣(1615年)で兄・盛親が徳川方に捕らえられたことで連座となり、切腹させられた。
生母不明

生母不明の子に末子の康豊がいる。

  • 康豊(末子、やすとよ)

長宗我部氏の家紋

長宗我部氏の家紋は丸に七つ方喰といい、独占紋と考えられている。

長宗我部氏の家紋(丸に七つ方喰)
丸に七つ方喰(まるにななつかたばみ)

長宗我部氏の家紋で、室町中期の家紋集『見聞諸家紋』に記されている。

長宗我部氏の家紋(方喰)
方喰(かたばみ)

元親四男の長宗我部盛親の肖像画に描かれている。

長宗我部氏の家紋(丸に方喰)
丸に方喰(まるにかたばみ)

"丸に七つ方喰"の略式紋。


おすすめの記事

 PAGE TOP