丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「津野親忠」元親三男。家督相続問題に端を発した運命とは?

長兄の長宗我部信親の死後、家督相続を巡って久武親直に翻弄された親忠。久武親直による讒言から実父に疎まれ、挙句の果てに幽閉されると、まもなく訪れる最期はあまりにも不憫なものだった。。

土佐の土豪・津野氏を継ぐ

津野親忠は元亀3年(1572年)に土佐国の戦国大名である長宗我部元親の三男として誕生した。親忠が津野を名乗っているのは、親忠誕生の前年に父元親が土佐国高岡郡の有力国衆・津野氏を降し、のちに親忠を津野勝興の養子に送り込ませたからである。平たくいえば、長宗我部氏は親忠を津野氏の当主にさせ、津野氏を乗っ取ったということである。

その後、元親は天正3年〈1575年)四万十川の戦い一条兼定を追放して土佐統一を果たすと、四国平定に向けて、讃岐・阿波・伊予へも進出。四国統一を間近にして友好関係にあった織田信長に突如睨まれて窮地に立たされるも、天正10年〈1582年)本能寺の変による信長の死により、滅亡の危機を免れた。
しかしながら、 のちの天下人・豊臣秀吉が信長の後継として台頭しても、長宗我部は引き続き反秀吉の立場に立たされ、天正13年(1585年)の四国征伐を受けて敗北となった。
このとき14歳の親忠は秀吉への臣従の証に人質として送られている。

兄の死後、後継者問題で父に疎まれるように・・

天正14年(1586年)、豊臣秀吉による九州征伐が開始されると、戸次川の戦いで長兄の長宗我部信親が戦死してしまい、その後親忠は長宗我部氏の家督相続問題に巻き込まれることになる。

元親の後継者候補には、次男の香川親和、三男親忠、四男長宗我部盛親の3人がおり、元親は四男の盛親を後継者に推したが、盛親は家中で人望が薄く、これに反対する者も多くいたという。
こうした中で、家中は盛親反対派と賛成派に分かれて対立すると、盛親を推す久武親直が元親に讒言したこともあり、反対派の吉良親実や比江山親興が長宗我部一族でありながら処刑されるという事態にまで発展。結局は四男盛親が父の一存によって世子となった。なお、親忠自身はこの決定に特に不満を持っていなかったが、その立場は微妙なものになっていく。

家督が盛親に決まってからも、元親は信頼している家臣の久武親直の讒言を受け、親忠への不信感を高めていった。具体的には、親忠が盛親に謀反を起こして家督を奪うのではないかと猜疑心を強めていく。

久武親直の讒言で最期は?

慶長4年(1599年)には、久武親直の讒言を受けていた元親により、親忠は香美郡岩村に幽閉されており、同年元親が没している。
慶長5年(1600年)の関ヶ原合戦のとき、長宗我部家は西軍に加わったが、西軍が敗れたために井伊直政に仲介役をしてもらい、徳川家康に謝罪を申し出た。

一説に親忠はこのとき親密だった藤堂高虎を通じて家康に働きかけ、長宗我部氏の存続の内意を得ていたという。しかし、この一件でここでも久武親直が盛親に讒言をし、これを聞いた盛親が親忠を殺害した、もしくは盛親に聞き入れられなかった親直が親忠を殺害して「盛親の命でやった」という口実をつけたといわれている。享年29。

なお、この盛親の「兄殺し」を問題視した家康が激怒したことで、長宗我部氏が改易になったという。


 PAGE TOP