あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

天正壬午の乱(1582年)

武田滅亡後、真田一族生き残りの戦いとなった「天正壬午の乱」。本稿では大国に挟まれた真田昌幸が、その乱の中で自領を守り抜いた事蹟をみていく。

昌幸、織田信長に臣従

名門・甲斐武田氏が滅亡し、主君を失った昌幸だが、実は生き残りのために事前に策を講じていたようだ。

武田滅亡直前の天正10年(1582)3月6日に、沼田城を守る矢沢綱頼宛てに以下の内容の書状を送っている。

  • 綱頼の目にかなう優秀な人物に知行を配当して城を守る兵力を確保すること。
  • 指揮下に置いている牢人衆に備蓄してある城米を分配してもかまわないこと。
  • 真田氏の所領を与えることを条件として牢人衆をただちに雇用すること。
  • 兵力を確保してなんとしても沼田城を守ること。

この時点で、昌幸は武田勝頼のもとを離れ、岩櫃城へ向かっているが、この書状を見ると、岩櫃城だけでなく、沼田城も北条氏から死守しようとしているのがわかる。
また、一方では情勢に応じて北条氏に帰属しようとする意図もみてとれる。

それは武田滅亡直後の3月12日付けで織田信長は、その勢いで上野国にまで森長可らの軍勢を派遣してきたため、昌幸の北条氏への帰属の思惑は崩れ去ってしまった。そして、織田軍の侵略に国峯城主・小幡信実(信貞)、安中城主・安中七郎三郎などの上野国衆は次々と降伏し、臣従していった。さらに昌幸と北条氏との折衝を仲介していた八崎城の長尾憲景も北条氏から織田へ転じた。

こうした情勢を目の当たりにした昌幸も織田氏に帰属を決意。


こうして昌幸は織田四天王の一人で信長から上野一国と信濃国・小県郡を拝領された滝川一益の元に置かれた。このとき、昌幸は滝川一益に沼田城と岩櫃城を明け渡し、また、信長に馬を贈って臣下の礼をとったとされ、これに対して信長は4月8日付で昌幸に令状を送っている。

信長の死により、天正壬午の乱が勃発

6月2日、天下統一を目前にしていた信長が、家臣・明智光秀の謀反によって、非業の死を遂げた。(本能寺の変)

上野国では・・

変を知った上野国では国衆らの新たな動きが始まっていた。

滝川一益の支配する上野国・沼田城では、元城代の藤田信吉が城主・滝川儀太夫(益重)に城の明け渡しを要求するがこれを拒否されたため、沼田城を脱出して軍勢を集めた後に沼田城を攻撃してきた。しかし、儀太夫軍の奮闘と滝川一益の援軍の到着もあって、信吉は沼田城の奪取をあきらめて上杉氏へ亡命していった。

こうした中、今度は北条氏直の大軍が上野国へ向けて北上を開始。6月16~19日にかけて武蔵国児玉郡上里町周辺で滝川一益がこれを迎え撃ったが、敗退して信濃へ逃亡を余儀なくされた。(神流川の戦い)

信濃国・甲斐国では・・・

一方でこの頃、北信濃の海津城主・森長可、南信濃の飯田城主・毛利長秀は身の危険を察知して領地を放棄してそれぞれ美濃と尾張へ逃げ帰り、甲斐を任されていた河尻秀隆は6月18日に武田遺臣による襲撃によって殺害されてしまった。

こうして旧武田領である甲斐・信濃・上野は空白地帯となり、徳川・上杉・北条の3氏と、真田氏をはじめとする武田遺臣や地元の国衆らによる争奪戦が繰り広げられることになる。(天正壬午の乱)

なお、参考までに信濃国の主な武田遺臣・国衆を以下にあげておこう。

  • 小県郡:真田昌幸、室賀正武、出浦昌相など
  • 木曾郡:木曾義昌
  • 諏訪郡:諏訪頼忠
  • 伊那郡:保科正直
  • 安曇郡:仁科氏

※国衆とは? ⇒ 戦国大名と国衆

まずは上杉に従属

武田滅亡、本能寺の変など、立て続けに後ろ盾を失った真田氏だが、この「天正壬午の乱」で徳川・上杉・北条といった強大な勢力を相手に、昌幸はどのように生き残りを図ったのだろうか?
この乱は6月から10月まで繰り広げられていくが、昌幸がのちに「表裏比興者」と評された理由は、この争いでの振る舞いから見えてくる。

越後の上杉景勝は、本能寺の変を知るとすぐに北信濃の川中島の制圧に着手。そして、真田家の生き残りをかけた昌幸の知略は、まず、この景勝に従うところから始まる。

6月16日、昌幸は上杉氏に従属しながらも上野国・鎌原宮内少輔を味方につけ、信濃国から岩櫃城に向かう関門を確保。そして、その後に草津の武士・湯本三郎右衛門尉を懐柔して派遣し、明き城同然となった岩櫃城を確保した。

同じ頃、北条氏は滝川一益を敗走させた後に上野国の制圧を推し進めており、さらに信濃侵攻をも目前にしていた。
北条は信濃国衆の調略をすすめていき、6月19日までに室賀城主・室賀正武、出浦城主・出浦昌相を味方につけ、さらに野沢城主・伴野信番、前山城主・伴野全真、宮内信守父子、諏訪郡千野兵衛尉昌房も臣従させることに成功している。
そして、6月下旬までには沼田・吾妻領の真田の支配地域と前橋城主・北条芳林の支配地域を除く地域を確保。沼田や前橋は後に回して、信濃国への侵攻を急いだという。

北条氏が配下におさめた上野国衆は、白井城の長尾氏、高山城の高山氏、新田金山城の由良氏、安中城の安中氏と一宮氏、箕輪城の内藤氏・小幡氏、和田城の和田氏、後閑城の後閑氏、小泉城の富岡氏、今村城の那波氏など

こうした情勢を鑑みた昌幸は、密かに北条氏へ転じる決意をしたといい、信濃小県郡の室賀氏の家臣達を調略によって取り込み、6月21日までに羽尾領・吾妻領を制圧するに至っている。

一方、上杉景勝は別働隊を編成し、越後にかくまっていた小笠原洞雪斎を擁立して、調略によって信濃安曇郡の仁科氏遺臣の勢力を結集させ、織田信長に所領を安堵されていた木曾義昌のいる深志城に侵攻させていた。そして、木曾義昌を本領の木曾に撤退させ、6月下旬ごろには空き城となった深志城には洞雪斎を入れた。
実はこの深志城への侵攻に一役買ったのが真田昌幸であった。深志城へ侵攻するには、川中島から深志へ抜ける要衝・麻績城(おみじょう)を支配する青柳頼長や会田岩下氏を味方につける必要があった。この役目を昌幸が担当し、見事に調略によってこれを実現させている。この調略を済ませた直後、昌幸は上杉氏を離れたとされている。

徳川家康の動き

一方で徳川家康は、本能寺の変から帰国後、各地に匿っておいた武田遺臣を呼び出して、本領に帰還させて味方を募るよう命じた。また、武田遺臣の旧領回復を支援して自軍に帰属させるなど、甲斐・信濃を奪取するための様々な工作を行なっていた。

6月28日には七手衆(大久保忠世・本多広孝ら)を先発隊として甲斐へ派遣して甲府を占領。その後、諏訪頼忠を味方にするべく、直ぐに諏訪へ進軍させている。

今度は北条へ転じる

北条の信濃侵攻

7月9日、昌幸は北条方に正式に帰属し、それと同時に7月は上野国に家臣を駐留させる体制構築を進めていった。

7月12日、北条氏直は信濃国衆を取り込んだ上で先陣を信濃国佐久郡に侵入させた。この動きに徳川方の依田信蕃(よだ のぶしげ)は佐久・小県郡の国衆を調略していたが、小諸城を放棄して春日城へ逃亡して籠城することに。
7月13日、真田昌幸や塩崎氏、海津城代の春日信達など、13人の有力武将が北条氏直のもとへ出仕。その他、木曾義昌も北条方に転じた。その後、氏直は徳川方の依田信蕃の春日城を攻め、信蕃は蓼科山麓の三澤小屋に籠城。氏直は重臣・大道寺政繁に三澤小屋を託し、自らは川中島の制圧に転身して海津城の上杉景勝との決戦に臨むこととなった。


氏直は武田四天王の一人・高坂昌信(春日虎綱)の次男で海津城代の春日信達と内通しており、景勝が海津城を出陣したら信達を城兵と蜂起させて挟撃する手筈であった。しかし、その調略が上杉方に露呈して春日一族が処刑されてしまったことで作戦は失敗に終わり、手詰まりとなるのであった。

北条と上杉の講和

昌幸は、氏直に対し、上杉氏との戦いで士気の低下と兵糧の欠乏の恐れがあることから早期決戦を進言するが、これを却下されてしまう。そして氏直は上杉との決戦を中止し、駿河の徳川家康軍と対決すると宣言、北条氏照らの諸将もこれに賛同した。
これに対して昌幸は、「だったら佐久郡に侵入したときにそのまま甲斐に攻め入らなかったのか」「甲斐は既に徳川方の調略が進んでいるため手遅れ」などと氏直を諌めたが、受け入れられなかった。

7月19日頃、昌幸の進言も空しく、北条軍は撤退を開始して甲斐国へ向かった。このとき、景勝の抑えとして昌幸は残留を申し出て許可されている。

なお、上杉景勝は7月27日に北信濃の武士・山田右近尉に朱印状を送って褒め称えているが、これは謀反人・真田信尹(=加津野昌春)を追放したためのことであったといい、信尹が昌幸の命で山田右近尉を調略して上杉領を狙っていたといわれている。

7月末には、上杉氏と北条氏で講和が結ばれた。この講和は上杉氏は新発田重家への憂いがあり、また一方の北条氏も家康との戦いを前に後顧の憂いを断つ必要があったため、両者の思惑が一致した格好であった。この結果、上杉氏は川中島四郡の所領化を達成し、越後に引き上げていった。

徳川家康の調略と北条軍の南下

一方で家康は、7月に入ってから浜松城を出陣して駿河国・遠江国の守りを固める指示をだし、7月9日には甲府、そして、7月18日には先発隊として甲斐国へ派遣していた七手衆と諏訪で合流。
そして、7月中旬ごろまでには調略により、伊那郡・筑摩郡・安雲郡が徳川方に帰属する見通しとなっていた。

同じ頃、徳川本隊に従軍していた小笠原貞慶は上杉領となっていた深志城を目指して別行動をとり、叔父の小笠原洞雪斎を追放して深志城を奪取している。

しかし、諏訪において諏訪頼忠の説得に失敗。7月22日には北条方についた諏訪頼忠と一戦交えることとなってしまう。これを知った北条氏直の大軍が頼忠救援のために信濃から南下を開始。
さらに追い打ちをかけるように深志城の小笠原貞慶が徳川家臣の酒井忠次・奥平信昌と対立し、北条方に転じてしまう事件が起きた。
こうして情勢が不利となってしまった家康は、8月初旬に諏訪・高島城の攻略をあきらめ、新府城と能見城を対北条戦の拠点として、再度作戦を立て直すことを余儀なくされた。

8月12日、北条氏忠・氏勝の軍勢が家康の背後を襲うべく、甲斐東部の郡内地方へ進撃してくるが、これを撃退した。(黒駒合戦)
8月22日には北条方についていた木曾義昌が家康側に寝返る。

一方で昌幸はこの混乱の影で、8月下旬までに沼田城に矢沢綱頼、岩櫃城には子の真田信幸を置く体制を整えていった。

戦局のキーマンとなった昌幸

依然として劣勢であった家康はこれを打開するため、昌幸を味方につけようと目論み、一方で信濃佐久郡では唯一の徳川方の依田信蕃が三澤小屋に籠城しつつ、隙をみて北条方の諸城を攻めるなどのゲリラ戦を展開していたが、兵力や兵糧不足で大きな戦果をあげられずにいた。

家康からの援軍を受け、9月初旬には甲斐の武川・津金衆らの支援等で兵は増えたものの、兵糧不足はより深刻となっていった。そこで信蕃は昌幸を味方につけようと考えるのである。

同じことを考えていた家康と家臣・大久保忠世は、信蕃に昌幸を味方にするよう書状を送っており、信蕃は返書で家康にもそのための策を講じてほしいと要請。
家康は昌幸宛ての半形を用意して忠世に渡し、忠世は家臣に半形を渡して家康の密命を伝え、昌幸の元へ派遣。一方の信蕃もまた、滋野一族と縁の深い天台宗の住職を使者に頼み、昌幸の元へ派遣したという。

昌幸は深い天台宗の住職の使者と対面し、詳細な返事を求めた。そこで信蕃から2度目の使者・家臣の依田十郎左衛門が派遣されてきて、徳川方との和睦交渉を行うこととなった。
昌幸は和睦に同意して三澤小屋の麓まで出向き、信蕃と話し合いを行なった。このとき、家康に従属する旨の起請文を出すよう要請されるが、昌幸も逆に家康の起請文を出すよう願い出たという。

こうして交渉は成立し、昌幸は兵糧に苦しんでいた信蕃に兵糧を提供することとなるのである。

最後は徳川へ転じる

9月28日、昌幸がついに正式に徳川方に転じた。同日付けで家康は箕輪城一帯や甲斐国で2000貫文、諏訪一郡、当知行(現在の昌幸の支配地域)を与えると明記した知行宛行状を作成している。
さらにこのころ、徳川方は対北条戦のために上杉氏との連携の合意に至っている。

なお、徳川方ではこの一連の真田昌幸の調略は極秘裏にすすめられており、ほとんどの徳川方の諸将は知らされていなかったという。真田昌幸が味方になったという諸将への通達は10月10日だったという。

ところで、昌幸は何故、北条を見限って徳川に転じたのであろうか?

それは、昌幸が武田勝頼より受け継いだ沼田城と岩櫃城を確保することが最大の目的であったと推察されている。しかし、北条氏政が沼田城と岩櫃城を手中におさめることを公言していたといい、これが徳川に転じた理由のひとつとみられている。

北条方は10月に入り、ようやく昌幸の不穏な動きを察知することとなった。
昌幸は10月19日までに北条方に手切れを通告し、小県郡を攻めるなど軍事行動を開始した。また、このころには昌幸は「真田郷 → 鳥居峠 → 羽根尾城 → 岩櫃城 → 尻高城」を結んで沼田城へ至るラインを確保し、守備固めを終えたのであった。


一方で佐久郡の徳川方が10月21日に望月城を陥落。これに対して北条方は北条綱成らを甲斐国から戻し、また、吾妻郡の大戸城主・浦野入道にもすぐに岩櫃城を攻めるように指示している。

その後、昌幸と依田信蕃は小諸城と伴野城の連絡を遮断。10月26日には徳川方が芦田城を陥落。この城の確保のため、昌幸が兵糧を提供している。また、信蕃は内山城を奪取して北条軍の補給路の遮断に成功。やがて昌幸とともに碓氷峠を占領して、さらに岩村田城も攻略する。
こうして佐久郡の戦いは徳川方優位となり、昌幸は本領に引き上げていった。

乱の終結

徳川との戦いで進退に窮し、また、常陸国の佐竹義重が上野国へ侵攻してきたこともあり、北条方はついに家康との和睦を決意。10月29日には織田信雄を仲介役として、以下の内容で講和が締結されることとなった。

  • 甲斐国・信濃国で北条方が占領した領土は徳川家康に渡す。
  • 上野国は北条氏が切り取り次第とし、真田昌幸が確保した沼田領は北条方に渡す。
  • 北条氏直の正室に家康の娘・督姫を娶らせ、同盟を結ぶ。

この講和条件は沼田領を切望する昌幸にとっては到底受け入れがたいものであり、のちに昌幸と家康が対立する遠因となっていくのであった。


 PAGE TOP