あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

徳川方を撃破!第一次上田城の戦い(1585年)

天正13年(1585年)には、沼田領の引き渡しの命令を受けた家康に、怒り心頭となって手切れを通告した真田昌幸。

家康はもちろん、真田討伐に繰り出してくるのであるが、昌幸も幸村を人質に提出することで、上杉景勝という後ろ盾を得ていた。

上田城攻めに向けた徳川・上杉の動向

同年の8月、家康は上杉方に転じた真田昌幸を成敗するために各出陣の命をだした。家康自身は秀吉方の監視のため、浜松を離れられずにいた。以下は徳川の動きである。

  • 8月8日、甲州郡主・平岩親吉の元に甲斐の武士を招集し、大久保忠世の指示があり次第、出陣を命じる。
  • 8月20日、伊那衆の小笠原、松岡、下条氏らに小県郡への出陣を命じる。
  • 8月26日、徳川軍は小県郡禰津へ進出。佐久郡・諏訪郡の諸士も参加。

一方の上杉家では、真田昌幸が味方に加わったことが北信濃衆に通達され、越中の佐々成政との戦い(富山の役)の準備・参戦のため、北信濃国衆の軍勢が春日山城に動員されていた。
このためか、真田への援軍には通常動員対象としない15歳未満の少年、60歳以上の老人まで含まれていたという。

同月末、この援軍(海津衆の一部)は須田満親の命で曲尾へ派遣され、矢沢三十郎頼幸がこれを迎え入れて砥石城、もしくは矢沢城の守備を固めたとされている。

また、真田幸村が人質として海津城代・須田満親のもとを経て、景勝のいる春日山城へ送り届けられ、この件で須田満親から頼幸に謝意の書状が送られている。
ただし、頼幸は前述のとおり上杉援軍を迎え入れているため、幸村に同行はしていないと考えられている。

ついに開戦!

そして閏8月2日、ついに徳川軍が昌幸の居城・上田城への総攻撃を開始した。

★真田軍 総勢2千人余り
※参戦要請に応じた百姓らも含む。

★徳川軍 総勢7千人余り
・三河衆(鳥居元忠・平岩親吉・大久保忠世・芝田康忠ら)
・諏訪頼忠、保科正直、保科正光、下条牛千世
・知久衆、遠山衆、大草衆
・依田康国、屋代秀正
・甲斐衆(三枝昌吉)
・駿河衆(岡部康綱、岡部長盛ら)


昌幸は上田城に籠城して迎撃。徳川軍に城内二の丸まで攻め込まれたが、撃退に成功して勝利をおさめた。

各史料によれば、真田昌幸の策は上田城内に引きよせて総攻撃し、徳川軍が城外に退却した後には側面と退路を攻撃する作戦であったといい、昌幸は上田城下と神川沿いに千鳥掛けの柵を多重に設置し、さらに真田信幸の別働隊を砥石城に配置したという。

徳川軍が進軍してくると真田軍は城外で迎撃し、しばらくしてから上田城内に退却して徳川軍を城内二の丸まで呼び込んだ。このとき、徳川方では口論があり、大久保忠世の弟・忠教が火を放とうとしたところ、芝田康忠が城内の味方を考慮し、放火を却下したという。

その後、仕切り直しのために徳川軍が城外へ退却したところ、昌幸は徳川軍を討って出ます。徳川軍は以下、昌幸の罠の餌食となったのであった。

  1. 千鳥掛けの柵が障壁となり、直ぐに逃げられずに真田軍の追撃を受ける。
  2. 城下町に火がつけられ、さらに、周辺の百姓らが旗を立てたという、真田の大軍の包囲を装った策にかかり、パニックに。
  3. 撤退中に真田信幸の別働隊の側面攻撃を受ける。
  4. 神川まで逃げた時、昌幸の事前工作?による増水した川によって溺死者が続出。

以下、軍記物を元ネタにしたフィクションを記したのでみてほしい。

--信濃国・上田城--

真田家臣アイコン

真田家臣

御屋形様!上田城下の手前で徳川の大軍がひしめいております!

真田昌幸アイコン

昌幸

うむ。家康は出馬せずに家来ども7000人が相手か・・。

むむ、雨雲じゃ!上流へ合図を送れ!

信濃国では山岳地帯のため集中的に雨が降ることがしばしばあり、昌幸はそれを重要な戦略として取り入れていた。

真田信幸アイコン

信幸

はああっ!!
徳川に真田の槍をご馳走してやれ!

信幸率いる先手隊が徳川軍に攻め込み、続いて昌幸も出陣した。
最初こそ信幸の攻撃に押されていた徳川軍であったが次第に形勢は逆転。真田軍は上田城内に押し返された。

真田昌幸アイコン

昌幸

源三郎(=信幸)!
おぬしは先の手筈どおり、ただちに砥石城へむかえぃ!

真田信幸アイコン

信幸

承知!!

城内二の丸まで徳川の大軍が侵入。しかし、待ち構えていた真田の兵が総攻撃を仕掛け、上田城下へ撤退させる。

真田昌幸アイコン

昌幸

これでよい。源三郎も砥石城に戻って神川の仕掛けも整ったようじゃ!
さて、戦の仕上げと行くかのう。

昌幸が上田城下へ再び打って出ると、続いて砥石城から信幸隊おおよそ300が出撃し、上田城下に充満して動けない徳川軍を挟み打ちにした。

徳川軍は真田勢の攻めに後手に回り、千曲川にのがれるも、ここでも真田軍の伏兵が鉄砲を撃ちかけ、徳川軍はたまらずに千曲川支流の神川へ退却。
しかし、ここで昌幸の指示で神川上流でせき止められていた大量の雨水が一気に放たれた。

徳川の兵たち

うわあああああーーーーー!!!

徳川軍アイコン

徳川軍は突然の洪水に飲み込まれて大敗を喫した。


その後も、昌幸が尾野山城に布陣して、徳川軍と小競り合いが続いた。
徳川軍は翌閏8月3日、丸子平内の守る丸子城攻めに転じ、八重原に布陣する。丸子河原で両軍が激突し、これに昌幸・信幸も参戦した。一方で、天神林(佐久郡望月)でも真田の一隊と徳川方の依田康国らが戦っている。
閏8月28日には真田軍が撤退したため、徳川軍は小諸城に一時撤退した。

沼田の情勢は?

一方で、上田合戦が行なわれていた頃、徳川軍に呼応した北条軍が沼田・吾妻領への侵攻を開始していた。

上野に進出した北条軍であるが、本隊の北条氏直が下野国の佐野へ転戦したため、沼田攻めは北条氏邦が委ねられる。
こうした中、真田信幸は閏8月13日、書状で沼田の諸将に北条への備えを命じている。

翌24日、真田方は上野国勢多郡津久田で北条氏邦隊と交戦するも敗戦、さらに、森下城も陥落させられている。

9月初旬には北条軍によって沼田城が包囲されるが、沼田城代の矢沢頼綱が守備を固めてこれを凌いだ。

矢沢頼綱、下野の結城晴朝は上杉景勝に救援を要請したが、このころの景勝は上田合戦に援軍をだしていたため、沼田まで手が回らずにいた。

氏邦は吾妻郡・大戸城に兵力を割き、岩櫃城の攻撃準備にはいるも、北条の兵力は佐野・沼田・岩櫃と分散したのもあり、結局、北条氏邦は同月に撤退した。

合戦後

この戦いで、徳川方が真田に撃破された情報は各地に伝わり、真田の武功と六文銭の旗印は日本中に知れ渡ることになった。

ちなみに下総の結城晴朝は、景勝に送った書状の中で徳川方の敗北を喜んでいる。

徳川軍はしばらく小諸城に在陣して真田への攻撃をうかがっており、家康は井伊直政ら援軍を派遣。一方で真田方の上田城には景勝の援軍が続々と到着。そして、上田城の改修を行なって9月末にほぼ終了させる。


あわせて読みたい
鳥居元忠
徳川家康トップ / 登場人物伝
真田信之(信幸)
真田幸村トップ / 登場人物伝
上杉景勝
上杉謙信トップ / 登場人物伝
3分でわかる徳川家康の生涯
徳川家康トップ / 入門
真田昌幸
真田幸村トップ / 登場人物伝

 PAGE TOP