あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

犬伏の別れと三成との約束(1600年)

関ヶ原の戦いでは、東軍の徳川家康につくのか、西軍の石田三成につくのか?
この答えを出すため、真田父子は議論して最終的に「犬伏の別れ」をすることになる。

犬伏の別れ

一体どのような経緯で、そのようなことになったのだろうか?

慶長5年(1600年)7月、家康は上杉景勝直江兼続らを討つべく、大阪を出陣して、ひとまず江戸城へ入っていた。一方で真田昌幸・幸村らは家康の号令の下、徳川秀忠率いる軍勢との合流にむけて沼田を出立し、下野国・宇都宮城へ向かっていた。

こうした中で7月17日、ついに石田三成が大阪で挙兵。

何も知らない真田父子は、7月21日に宇都宮城の南に位置する下野国・犬伏(栃木県佐野市)に到着して陣を構えた。まさにそのとき、三成が挙兵した7月17日付けの三成書状を受け取るのだ。

書状には、三成が家康打倒のために挙兵し、秀頼に忠誠を尽くすために真田も自分に味方する旨の事が書かれており、真田父子は、石田三成に味方するかどうかの議論をすることになる。

昌幸はこのとき、信幸と幸村を呼び出し、人払いをして密談をしたという。そして、最終的に昌幸と幸村が三成に与する決断をしたが、徳川と結びつきのある信幸はこれに難色を示したようだ。

こうした結果、真田家を分けることを選び、昌幸・幸村は石田方に味方して上田へ向かい、信幸は徳川方に残って宇都宮に進むこととなったのである。

これが「犬伏の別れ」だが、真田父子がどういった議論をしたのか等の詳細はわかっていない。
・・・がしかし、逸話がいくつか伝わっているため、それを元ネタにしたフィクションを以下に書いてみた。

--下野国・犬伏--

真田昌幸アイコン

昌幸

ちっ!家康のやつめ・・ブツブツ・・。

真田信幸アイコン

信幸

おやじ様はなにをブツブツいっておられるのですか?

真田幸村アイコン

幸村

・・・ふっ(笑)

すると・・三成からの密書が送られてきた。

真田家臣・河原綱家

御屋形様!たった今、石田三成様から密書が届きました。

家来アイコン
真田昌幸アイコン

昌幸

なんじゃと~!?

その密書には、「秀吉の遺言に背き、秀頼を見捨てて出馬した家康に罪があるとして、秀吉の恩を忘れていないのであれば、秀頼に忠節を誓ってほしい」との内容が書かれていた。

真田昌幸アイコン

昌幸

こ、これは・・!!
信幸へ急ぎの用がある故、ここ犬伏まで密かに来るように使者を出すのじゃ!!

そして信幸が犬伏に到着すると、昌幸は信幸と幸村を呼んで人払いをした。

こうして三成に着くか、家康に着くかを巡る真田家の密談が始まる。。

真田昌幸アイコン

昌幸

さて、どうするかのう~。退屈だし、家康相手に一暴れでもしようかのう?

真田信幸アイコン

信幸

おやじ様!なにを言うておられます!!家康公を裏切るおつもりか!!
今の家康公はおやじ様が以前戦った相手ではござらぬぞ!負け戦をするおつもりか!?

その時、ガチャッ!!
河原綱家が様子を気にしてか、部屋の戸を開けて伺いたてる。

真田家臣・河原綱家

御屋形様!いかがなされましたか?

家来アイコン
真田昌幸アイコン

昌幸

!!!
何人も部屋には入るなと申したはずじゃ!!

昌幸履いていた下駄を投げつけ、河原綱家はこれを顔に受けて前歯が砕かれる。

真田家臣・河原綱家

グギャーー!

・・・ご・ご無礼いたしましたー!!

家来アイコン

そして、綱家は涙目で部屋からでていった。

真田昌幸アイコン

昌幸

ふんっ!邪魔がはいったが、幸村よ。おぬしはこれをどう見る?

真田幸村アイコン

幸村

それがしは、初めからおやじ様にどこへでも着いていくと決めております。

真田信幸アイコン

信幸

・・・・・・・・

そして、しばし沈黙が続いた後・・・

真田昌幸アイコン

昌幸

・・・・。信幸!わしゃ~決めたぞ~。三成方について、あのタヌキを討つ!!

お主はどうするのじゃ?

真田信幸アイコン

信幸

!!!!!!
・・・・。

わたくしは・・・徳川家には恩がございまする。それに家康様の重臣である忠勝殿の娘を娶っている立場上はそれゆえ、徳川方につきまする。

真田昌幸アイコン

昌幸

ほうかあ~。それじゃあこれからお主とわしらとは敵同士じゃ。しかし、これで三成と家康のどちらが勝った場合でも真田家は生き残れるということじゃあ~~!!

信幸は正室が家康の功臣・本多忠勝の息女であり、また家康の信任も厚いことから、徳川氏に残るといい、そして、豊臣氏と縁の深い三成の盟友・大谷吉継の息女と姻戚にあった幸村と、豊臣秀吉の恩恵を受けた昌幸は三成に加担することを決断。

こうして昌幸・幸村の2人と信之は袂を分かつこととになるのであった・・・。

石田三成とのやりとり

同日付けで昌幸は三成に返書を出しており、その中で「自分に相談なくこんな大事を起こすとは何事か」と叱責している。

これに対し、三成は7月末の返書で詫びており、昌幸に味方するように懇願している。

また、一方で同じ頃に大谷吉継から届いた昌幸宛ての書状には、昌幸・幸村らの妻子を無事に保護した旨が記されていたという。

こうした書状のやりとりから真田家と石田三成との関わりが深いことがわかるが、その背景には以下の2つがあげられる。

  1. 三成が豊臣政権下で真田家との取次を担当したこと。
  2. 三成が昌幸と縁戚関係にあったこと。

昌幸と三成は豊臣秀長の家老・宇多頼忠を介して縁戚関係にあった。昌幸の娘・趙州院(ちょうしゅういんどの)は宇多頼次に嫁いでおり、三成は宇多頼忠の娘・皎月院(こうげついんどの)を娶っている。

三成はこのときの昌幸との書状の中で宇多頼次父子の消息についても触れている。

"犬伏の別れ" 後の各諸将の動向

信幸と袂を分かち、犬伏を出立した昌幸・信繁は徳川方との遭遇を恐れ、中山道ではなく吾妻街道を通って上田城を目指した。

その道中、一説によれば上野の沼田城にたどり着き、沼田城を乗っ取ろうと企てたという。 このとき信幸の正室・小松姫が対峙する構えを見せて入城させなかった。そして昌幸は孫の顔をみたいだけという旨を伝え、小松姫は孫をつれて昌幸に合わせた後に昌幸らを去らせたという。

これも以下、逸話が元ネタのフィクションをみてみよう。

※『明良洪範』『長国寺殿御事蹟稿』より

--上野国・沼田城--

真田昌幸アイコン

昌幸

もうすぐ沼田じゃ源次郎!わしゃ~久々に孫の顔でもみたいのう~。
(フフ。・・ついでに沼田城を乗っ取ったるわい。)

真田幸村アイコン

幸村

ふっ・・(苦笑)

こうして昌幸ら一行は沼田城に着くと、夜には沼田城に使者をだし、城内で休息したい旨を伝えた。

そして、このとき信幸の妻・小松姫が応対した。

小松姫

!!!?どういうことです?

いまなぜ家康公を見捨てて、なぜ帰陣なさるのですか?

女性アイコン
家来アイコン

昌幸の使者

理由は存じあげませんが、にわかに上田に戻ることになりました。

小松姫

夫も一緒にいるのですか?

女性アイコン
家来アイコン

昌幸の使者

いえ、伊豆守殿(=信幸)は家康公に従軍なさいました。

小松姫はこれに安堵の表情を浮かべた。そして・・。

小松姫

女とはいえ、この城を預かっている以上、舅(=昌幸)といえども夫の敵となった者を城内にお入れすることはできませぬ!

それでも城に入ると申すならば、城に火をつけ、私は我が子と一緒に討死するまで。どうかお引き取りください。

女性アイコン

こうして昌幸の使者が帰ろうと城門まで辿り着いたとき、既に櫓には兵が守備しており、弓鉄砲が備えられていた。
そして使者が城外にでると、小松姫は侍女らに薙刀を持たせ、鉢巻き・たすき掛けの姿で指揮を執ったという。

一方で使者から復命を受けた昌幸は・・・。

真田昌幸アイコン

昌幸

フフフ、そうか・・・。事情を察しなかったわしの軽率な誤りじゃったわ。

それにしてもさすがは本多の娘じゃ~~。

真田幸村アイコン

幸村

父上・・どうやら義姉上は本気のようですな。

そして昌幸は再び沼田城に使者をだし、自分の意志を伝えた。

家来アイコン

昌幸の使者

殿(=昌幸)はなにも沼田城を取ろうとしているわけではなく、ただ "孫の顔がみたいだけ" とのことでございます。ご心配なさらずに。

小松姫

・・・。

(義父上様・・・。孫たちは元気にしていますよ。)

女性アイコン

こうして小松姫は孫を連れ、昌幸と孫を引き合わせた。昌幸らは和やかな一時を終えて、その後上田城へ向かったのであった。


一方、家康は7月24日に小山評定を行ない、西軍の石田三成との決戦を決断して西の方角へ反転したとされている。

そして、犬伏の別れを知った家康は、真田昌幸・幸村父子が離反したにもかかわらず、徳川方に残った信幸を7月27日付けで褒賞した。このとき家康は昌幸打倒後には信幸に信濃小県を与えることを約束した。

8月1日には、家康の重臣・鳥居元忠が伏見城の戦いで戦死している。

一方で沼田を後にした昌幸と幸村一行は、上田へ向かう途中で徳川軍と遭遇して交戦しており、かつての家臣・吾妻衆の横谷左近らの協力もあって徳川軍を撃破して既に上田の地に就いていた。
この日に横谷左近に本領の松尾で知行を与える約束をしている。

石田三成は、8月5日付けの書状にて昌幸に信濃一国を与えるとしたが、その後の毛利輝元らとの協議で翌8月6日付けの書状では信濃一国だけでなく、甲斐国も切り取り次第で与えるとした。

そして、8月10日には美濃・大垣城に入り、関ヶ原決戦の準備に入っている。


おすすめの記事



 PAGE TOP