あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

第二次上田合戦(1600年)

第二次上田合戦

慶長5年(1600年)8月24日、徳川秀忠が家康本隊との合流に向け、3万8千もの軍勢を率いて宇都宮を出発。慶長同年9月1日に碓氷峠を経て軽井沢に着陣し、9月2日には小諸城に入城した。

9月3日、昌幸は信幸の元へ使者を派遣し、剃髪して秀忠のもとに出向いて降参する旨の意思を伝えた。 これに喜んだ秀忠は上田城を明け渡せば真田を赦免するとし、使者として信幸と本多忠政を昌幸の元へ派遣。両者は信濃国分寺で会見したという。

しかし、翌9月4日には昌幸が態度を翻し、これに怒った秀忠は上田城攻撃の命を出したという。
これは降伏に向けた交渉条件が折り合わなかったために決裂したとされるが、その背景には、真田軍が軍備を整えるための時間稼ぎであったとも、これから初陣を飾る秀忠に対しての挑発という昌幸の策謀であったともいわれている。

9月5日、秀忠に砥石城攻略を指示された信幸は砥石城へ向かった。城将として守備していた幸村はこれを知ると、兄弟対決を避けるために砥石城を捨てて退去したという。

9月6日、秀忠は上田城を一望できる染屋原に本陣を置いて上田城攻めに着手。まず家臣の牧野康成・忠成父子らに上田城周辺で刈田(=他人の田畑の作物を無断で刈取ること)を行なわせた。
これに昌幸は徳川軍への挑発を仕掛けた。真田軍を城から出して徳川軍に鉄砲を撃ちこんだが、反撃されると軍を城へ向かって退却させた。そして、徳川軍が城際まで迫ると今度は城から弓等で反撃を行ない、徳川軍を撃退することに成功したという。

昌幸はこの戦いで事前に以下の策をとっていたという。

  • 領内の百姓や町人らに対し、敵将の首1つにつき、知行100石を与える約束をした
  • 近隣の山や上田城側面の林に伏兵を配置
  • 神川の水を上流でせきとめておく

そして、昌幸と幸村はわずかな兵を連れて徳川軍の物見に出かけたという。この挑発にかかり、神川を渡って追跡してきた徳川軍の先陣を相手に昌幸らは適当に競り合いを展開した。そして、上田城へ向かって撤退しながら徳川の全軍をおびき寄せて神川を渡らせると 神川のせき止めを開放し、伏兵に蜂起を指示したという。

徳川軍は上田城からの弓・鉄砲と伏兵による攻撃にさらされ、本陣も襲撃されて混乱に陥った徳川軍は小諸城に向かって敗走をはじめた。しかし、向かった先の神川の増水によって溺死した将も多数いたという。

こうして真田方は大軍の徳川方を相手に大勝した。
屈辱を味わった秀忠は真田討伐に固執するも、関ヶ原での決戦の合流をひかえていたため、翌9月7日に本多正信の諫言で上田城攻略を断念。その後、秀忠は仙石秀久らに真田の抑えを命じて撤退し、関ヶ原決戦の地に向かった

関ヶ原本戦の行方と降伏する昌幸

秀忠軍を撃退した昌幸は、関ヶ原の決戦で石田三成の勝利を確信していたという。これは秀忠軍が決戦に間に合わないことを念頭に置いてのことと考えられている。

しかし、昌幸の意に反し、9月15日の関ヶ原の決戦では三成率いる西軍はわずか1日で敗れてしまった。このとき、幸村の岳父・大谷吉継は戦死、三成や小西行長らは逃亡。
9月18日には三成の居城・佐和山城は家康に攻略された。9月20日に家康は大津城に入城し、この日ようやく秀忠も合流したが、関ヶ原の決戦に間に合わなかったため、怒り心頭の家康は秀忠との会見を拒否したという。

三成の敗戦を知った昌幸は、天下をとった徳川相手に最後は討ち死を覚悟して上田城を監視する徳川軍の撃破を考えた。 そして、森忠政の軍勢に夜襲をしかけ、想定外の攻撃に驚いた森軍を交戦することなく逃亡させたという。
しかし、最後には信幸の説得もあり、ついに徳川に降伏することとなった。


あわせて読みたい
真田信之(信幸)
真田幸村トップ / 登場人物伝
真田昌幸
真田幸村トップ / 登場人物伝
本多正信
徳川家康トップ / 登場人物伝
徳川秀忠
徳川家康トップ / 登場人物伝

 PAGE TOP