あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

真田幸隆

真田幸隆(さなだ ゆきたか、1513-1574年)は真田の祖であり、信玄の家臣時代に次々と武功をたてて真田家の基盤を作り、後に武田二十四将にも数えられた。「攻め弾正」の異名をもつ。

経歴

1513年(永正10年)、信濃国・小県郡(現在の長野県東御市)の豪族・海野棟綱の子、あるいは棟綱の娘婿真田頼昌の子として誕生。出自については様々な家系図とともに諸説あり。幼名は次郎三郎。

真田氏は信濃(現在の長野県)の豪族である滋野氏の流れをくむ一族といわれ、上田(現在の上田市)の近くにある真田の里を根城に、その地方一帯を治めていたといわれている(諸説あり)。

武田信玄に臣従

1541年(天文10年)、甲斐・武田信虎が信濃へ侵攻、海野平合戦に敗れた幸隆は真田の地を追われ、武田氏と敵対する上杉氏側の長野業正を頼って上野へと逃亡した。

その後、武田氏では当主・武田信虎が嫡男・武田晴信(後の信玄)に駿河へ追放されるクーデターが発生。1545年(天文14年)頃、武田晴信のもとに出仕。信濃国衆・村上義清の統治下となった旧領・真田郷の回復を狙うのであった。

旧領回復

1550年(天文19年)、信濃中南部の大半を制圧した信玄は信濃北部・東部の平定を目指して北信濃の砥石城攻略に乗り出した。このとき幸綱は敵の援軍への対処として寺尾城の防衛に回された。戦いは大敗に終わり、武田軍は甚大な被害を受けた(砥石城の戦い、砥石崩れ)

しかし、翌1551年(天文20年)、幸綱は調略を用いて武田軍が攻めあぐねた砥石城をわずか1日で攻略した。この手柄で砥石城の城主となり、真田郷も回復することができた。

川中島の戦い

1553年(天文22年)、武田信玄と上杉謙信との間で、北信濃の支配権を巡って戦いが始まった(川中島の戦い)

この戦いは一般に以下、5回に分けられる。

  • 第一次合戦:1553年(天文22年)
  • 第二次合戦:1555年(天文24年)
  • 第三次合戦:1557年(弘治3年)
  • 第四次合戦:1561年(永禄4年)
  • 第五次合戦:1564年(永禄7年)

幸綱は飯富虎昌や小山田虎満の指揮を受けて、この北信濃川中島の勢力拡大に従った。1556年(弘治2年9月8日)には埴科郡東天飾城を攻略して小山田虎満とともに城番を務めている。

1560年(永禄3年)には長尾景虎(=のちの謙信)が山内上杉家の家督を継ぎ、関東管領職に就いたことの祝儀として、長尾家の本拠・春日山城に太刀を進上しに赴いている。これは信玄が謙信に敗北したことを想定して今後の領土保全を図ったとみられている。

西上野への侵攻

1561年(永禄4年)の四次合戦では上杉軍の背後を狙う別働隊の一員であったという。この年から信玄が西上野侵攻を開始し、幸綱は上野吾妻郡の攻略に従事するようになる。

1563年(永禄6年)には上杉方の斎藤氏の居城・岩櫃城を陥落させた。

1564-65年(永禄7-8年)頃には出家して一徳斎と号している。また、一般に実名は”幸隆”とされているが、”一徳斎幸隆” とセットで記されるのが基本であり、”幸隆”という名は法名の可能性が高いとみられている。

続いて1565年(永禄8年)には獄山城、1567年(永禄10年)には白井城を調略によって攻略した。このとき信玄からは「思いもよらない次第」と書状を送られ、その功績を賞賛された。

このころに病気のために家督を嫡男・信綱に譲って隠居したとみられ、その後は上杉謙信への備えで岩櫃城の守備に専念したとみられている。

1573年(天正元年)には西上作戦の途上で信玄が死去すると、翌1574年(天正2年)には体調を崩し、信玄の後を追うように砥石城で没した。享年62。


墓所

墓所は長野県上田市真田町の曹洞宗真田山長谷寺。肖像は長野県長野市松代町の長国寺所蔵。法名は”月峯良心庵主”

略年表

  • 1513年(永正10年)、誕生。
  • 1541年(天文10年)、海野平合戦で甲斐の武田信虎や北信濃の村上義清らに敗れて真田郷を失う。 同年、武田家では武田信虎が信玄によって追放。
  • 1546年(天文15年)、武田信玄に臣従。
  • 1550年(天文19年)、砥石崩れに従軍。このとき武田軍は北信濃の村上義清に大敗。
  • 1551年(天文20年)、砥石城を攻略して奪取。
  • 1553年(天文22年)、村上義清の亡命により真田郷を回復。
  • 1561年(永禄4年)、第四次川中島の戦いに参戦。
  • 1563年(永禄6年)、上野・岩櫃城を陥落させる。
  • 1567年(元亀元年)、長男・信綱に家督を譲る。
  • 1574年(天正2年)、死去。


 PAGE TOP