あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

真田信綱・昌輝

真田幸綱の嫡男で真田2代目当主となった真田信綱と、幸綱二男の昌輝。
武田家に仕えた2人は、長篠の戦いでともに討死し、真田家の命運は2人の弟にあたる三男の真田昌幸へと託されることになる。

信綱・昌輝兄弟の前半生は?

信綱は天文6年(1537)に真田幸綱の嫡男として誕生。
二男で弟の昌輝の生誕年はわからないが、信綱・昌輝兄弟の母は "河原隆正の妹" といい、信網は源太左衛門尉、弟昌輝は兵部丞を称したとされている。なお、彼らにはさらに2人の弟、三男昌幸・四男信尹がいる。

ところで、彼らの初陣や出仕時期だが、残念ながら前半生はほとんどわかっていない。

父・幸綱は天文14年(1545)前後に武田信玄に出仕しており、天文22年(1553)には三男昌幸が人質として武田家に預けられていることから、2人も早い時期において信玄に出仕していたと考えられている。なお、信綱の「信」の一字は、のちに信玄から与えられたものらしい。

信綱の結婚

信綱の結婚の時期は定かでないが、正室は於北といい、彼女は北信濃の国衆・高梨政頼の妹とも娘とも伝わる。

一説に、上杉謙信に属する高梨氏が、真田を寝返らせるために持ちかけた縁談だったが、幸綱は信玄に背くことは拒否したという。 しかし、幸綱は結婚を承諾して武田家をはばかり、信綱と於北の正式な婚儀を行なうことなく、密かに部屋住みの女性として扱ったという。

信綱の家督継承

信玄と謙信の大激闘となった永禄4年(1561)の第四次川中島の戦いの際には、信網は父幸綱とともに別働隊に属していたというが、『甲陽軍鑑』による記述なので、確証はない。
この後まもなく、信玄と謙信の戦いは関東に移ることになり、武田軍は西上野の侵攻を本格化させていく。

信綱が確かな史料で登場するのは、翌永禄5年(1562)であり、同年6月13日に幸綱・信綱父子は真田氏の氏神・信濃国四阿山奥宮社殿の修復を行なっている。
この頃は、信玄による西上野の経略で、幸綱が上野国吾妻郡攻略に動いているから、信綱・昌輝兄弟も父とともに出陣していたと思われる。そして永禄8年(1565)以降には、幸綱は既に岩櫃城の城将となっており、信綱・昌輝兄弟も父とともに同城を守備していたのだろう。

永禄10年(1567)頃には、信綱が家督を相続し、真田家の当主と岩櫃城の城将の地位を引き継いだとの見方もあるようだ。

駿河侵攻や西上作戦には?

その後、信玄は外交戦略を大きく転換し、休む間もなく軍事行動をとっていった。

駿河侵攻では、今川氏を事実上滅ぼし、その後に敵対関係となった北条氏との戦いに明け暮れた。やがて北条氏と再び同盟を結ぶと、今度は西上作戦を展開し、徳川家康を死の淵に追いこむほどの快進撃を見せた。

信玄のこれらの大規模な戦いに、真田一族がどの程度参加したのかはわからないが、永禄11年(1568)12月の最初の駿河侵攻のときには、信綱が参陣していたようだ。(『本藩名士小伝』) また、3度目の駿河侵攻となった永禄12年(1569)12月6日には、武田軍が北条氏信らの守備する蒲原城(静岡市清水区)を攻略したという知らせを、信玄から幸綱・信綱宛てに受けているので、これは参加していないことがわかる。

元亀3年末(1573年の正月)末の三方ヶ原の戦いに武田軍の先手として真田が参戦したのが『甲陽軍鑑』にみえるが、信綱・昌輝兄弟がいたかどうかは定かでない。

ところで、信綱・昌輝兄弟は武田家臣団の中でどういう立場だったのだろうか?
『甲陽軍鑑』によると、信玄家臣団の信濃先方衆において、信綱が200騎持の侍大将で筆頭だったといい、昌輝も信綱の指揮下にありながらこれとは別に50騎持だったという。兄弟あわせて250騎という兵力は、信濃先方衆の中でも群を抜いていたようだ。

長篠合戦での最期

信玄の死後、これを知った家康は三河国の長篠城を奪還するなど、反撃にでた。

一方で信玄の後を継いだ武田勝頼は、天正2年(1574)から積極的に軍事行動を行ない、織田領の東美濃や徳川領の遠江・高天神城、三河・長篠城を攻めた。
この間、父・幸綱(一徳斎)が病没し、信綱は各地の戦局などについて勝頼とやり取りしているので、引き続き上野・岩櫃城で吾妻郡を守備していたのだろう。

また、信綱は同年に四阿山(あずまやさん)別当に修験の蓮花童子院を任じている。四阿山は滋野一族の信仰対象となっているため、真田家がその統治の一翼を担っていることを領民に示し、領民の統合を図ったものとみられている。

そして天正3年(1575)5月21日、ついに運命の長篠決戦が行なわれた。

『甲陽軍鑑』や『真武内伝』などの軍記物によれば、信綱・昌輝兄弟ら真田隊は、武田軍の右翼を担当して馬場信春らの隊とともに、織田方の隊へ突撃したらしく、敵方の三重の馬防柵のうち、一重目を破った。しかし、その間に真田隊の多くは戦死し、信綱と昌輝も奮戦したが、鉄砲の射撃を前にして傷を負って退却し、討死してしまったという。

実際には鉄砲が原因ではなく、撤退時に織田・徳川連合軍に追撃されて戦死したのである。(『信長公記』)
それは長篠古戦場にある真田兄弟の墓所が、決戦場から離れた勝頼の退却路に位置している点からも伺える。

この戦いは、信綱・昌輝兄弟のほかにも、山県昌景馬場信春内藤昌豊など多くの有力な将が討死しており、武田・真田両家にとって大きな痛手であった。

墓所・子孫など

信綱・昌輝の墓は、兄信綱の菩提寺である信綱寺(現:長野県上田市真田町長8100)にある。また、設楽ヶ原古戦場には兄弟で連名の供養墓がある。

信綱の法名は「信綱寺殿大室道也大居士」、昌輝は「嶺梅院殿風山良薫大禅定門」

信綱の首級・遺品

信綱が討死したとき、家臣の白川勘解由兄弟は、信綱の首級と彼の刀である青江貞次の太刀を真田郷まで持ち帰り、彼らはその後、信綱を手厚く埋葬した後、信網の墓前で殉死したと伝わる。
なお、信綱の首は、白川勘解由兄弟の陣羽織に包んで持ち帰ったといい、信綱の血痕が残っているこの陣羽織は、現在も信綱の墓所である信綱寺に収蔵されている。また、長さ三尺三寸の青江貞次の太刀も真田宝物館に現存しており、国指定重要文化財となっている。

信綱・昌輝兄弟に子や子孫は?

信綱の正室・於北は、信綱の死の5年後、天正8年(1580)に没している。

なお、信綱と於北との間には1人の娘がおり、彼女は従姉弟にあたる真田信幸(信之)に嫁いでいる。
また、この他に与右衛門という男子をもうけたという説もあり、のちに加賀藩、または、越前藩士になったともいう。

一方の昌輝には、子がいたかどうかは不明である。


あわせて読みたい
真田一族ゆかりの地
真田幸村トップ / 入門
超入門!5分でわかる真田幸村
真田幸村トップ / 入門
真田一族のルーツと一門衆
真田幸村トップ / 入門
真田幸村の名言・逸話まとめ
真田幸村トップ / 入門

 PAGE TOP