あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

真田信綱

真田信綱(さなだ のぶつな、1537-1575年)は甲斐国・武田氏の家臣で父・幸隆の後を継いだ真田家の当主。武田信玄・勝頼の2代に仕え、武田家の騎馬200騎持の侍大将となり、武田二十四将にも数えられている。


経歴

1537年(天文6年)、真田幸隆の嫡男として誕生。幼名は源太。弟に昌輝、昌幸、信尹がいる。

武田氏に従事

父・幸隆と同様に武田家へ仕えているものの、初陣や出仕時期など前半生はよくわかっていない。同母弟の昌幸・信尹らが幼年期から武田信玄に近侍しているため、信綱も早い時期から信玄に出仕していたと考えられており、戦場では父・幸隆、弟・昌輝らと共に信濃や上野を転戦して手柄をたてていった。

1561年(永禄4年)の第4次川中島の戦いでは父・幸隆と共に妻女山攻撃の別働隊に加わっていたという(『甲陽軍鑑』)。

1567年(永禄10年)、この頃、幸隆が病気のために家督を継承したとみられている。

1568年(永禄11年)には幸隆に代わって弟・昌輝と共に駿河侵攻の先鋒を担っており、翌1569年(永禄12年)の三増峠の戦いでは昌輝や内藤昌豊とともに殿軍を務めて戦功を挙げている。

1572-73年(元亀3-4年)の信玄による遠征(西上作戦)にも従軍し、徳川家康に大打撃を与えた三方ヶ原の戦いでは武田軍の先手を務めている。

1573年(天正元年)、従兄弟の河原綱家に仮名 ”又次郎” と "綱" の字を与えて元服させている。また、翌1574年(天正2年)には四阿山(あずまやさん)別当に修験の蓮花童子院を任じた。四阿山は滋野一族の信仰対象となっているため、真田家がその統治の一翼を担っていることを領民に示し、領民の統合を図ったものとみられている。

1575年(天正3年)長篠の戦いで、三尺三寸の陣太刀・青江貞を振り回し、馬防柵を次々となぎ倒しながら敵陣に迫ったが、鉄砲部隊の銃撃によって弟の昌輝と共に戦死した。享年39。

信綱の首は着用していた陣羽織に包まれて、家臣(近習)の北沢最蔵と白川勘解由が甲斐に持ち帰ったといい、この「血染めの陣羽織」は上田市の信綱寺に収蔵されている。なお、この2人は信綱を追って殉死し、その忠義を賞されて北沢家には300石、白川家にも200石が与えられた。また、真田家の家督は勝頼の命令により信綱の幼児らに受け継がれる事は認められず、武藤家を継いでいた同母弟の昌幸が継承した。


墓所・子孫など

信綱の菩提寺である信綱寺(現:長野県上田市真田町長8100)に墓がある。また、設楽ヶ原古戦場には弟・昌輝と連名の供養墓がある。法名は信綱寺殿大室道也大居士

娘の清音院殿(せいいんいんでん)は真田信幸の正室に嫁いだが、信幸がのちに徳川家臣・本多忠勝の娘を正室に娶った際には正室から側室に退いた。

真田信綱の略年表

  • 1537年(天文6年)、真田幸隆の嫡男として誕生。
  • 1561年(永禄4年)、父・幸隆と共に第四次川中島の戦いに参戦。
  • 1567年(永禄10年)頃、真田家の家督を継ぐ。
  • 1568年(永禄11年)、弟・昌輝と共に駿河侵攻に従軍。
  • 1569年(永禄12年)、三増峠の戦いでは弟・昌輝と共に殿を務める。
  • 1572年(元亀3年)、西上作戦に従軍。三方ヶ原の戦いでは弟・昌輝と共に武田軍の先手を務める。
  • 1575年(天正3年)、長篠の戦いで弟・昌輝と共に戦死。


 PAGE TOP