あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

真田信之(信幸)

真田信之(さなだ のぶゆき、1566-1658年)は真田昌幸の嫡男。紆余曲折を経て徳川氏家臣として幕府に対する忠誠を続けた武将。信濃上田藩の初代藩主で、のちに松代転封をうけて信濃松代藩の初代藩主となった。

経歴

1566年(永禄9年)、真田昌幸(まさゆき)の嫡男として誕生。幼名は源三郎。弟に幸村(信繁)。父・昌幸が甲斐の武田家に臣従したため、幼時から武田氏へ出仕することになる。

1579年(天正7年)に武田勝頼の嫡男・信勝の元服と同時に元服を許され、信玄の1字を賜って信幸と名乗ったとされているが、「信」の偏諱は勝頼からとする説もある(『加沢記』)。

従事していた武田氏が滅亡

1582年(天正10年)、織田・徳川連合によって武田氏が滅ぼされると、真田氏は信長に臣従。しかし、まもなくして本能寺の変で信長が横死し、再び主君を失った。

その後、織田氏が制圧していた旧武田領を争うことになった天正壬午の乱で、北条氏直が織田氏の重臣・滝川一益を神流川の戦いで破ると、真田氏は北条氏に臣従の構えを見せることになる。この時、信幸は上野を放棄して織田領へ逃走する一益を支援し、途中まで見送ったという。

同じ頃、上杉景勝が信濃へ進出。北条氏に帰属していた信幸は川中島へ度々出陣し上杉領の海津城を撹乱した。やがて家康の家臣・依田信蕃、叔父の加津野昌春らの誘いにより、北条氏を裏切って徳川氏に従事。沼田城を北条氏から奪還し、真田氏は北条氏に敵対することになる。
信幸は手勢800騎を率い、北条氏の富永主膳軍5,000が防衛する手子丸城をわずか一日で奪還し、武功を挙げたという。信蕃らの奇襲も功を奏し、真田氏は北条氏を沼田から撃退することに成功した。

1584年(天正12年)、真田氏は小県郡の室賀氏と争い、着実に勝利を重ねて和睦に持ち込んだ。直後に信幸は父・昌幸と共謀して当主・室賀正武を討ち、小県を支配下に治めた。引き続き、真田領を狙う北条氏の侵攻は続き、北条氏邦の奇襲を察知した信幸は吾妻仙人ヶ窟にてこれを撃退している。

徳川氏へ臣従

1585年(天正13年)、昌幸が沼田領を巡り、家康と決裂。信幸は昌幸と共に上杉氏に臣従し、徳川軍と戦った(第一次上田合戦)。信幸は砥石城に兵300余名で着陣、徳川軍の主力部隊を巧みに奥地に誘き寄せ、勝利に貢献している。

1586年(天正14年)、昌幸が豊臣秀吉に臣従することになり、家康とも和睦が成立。真田氏は徳川氏の与力大名となった。信幸の才能を高く評価した家康は重臣・本多忠勝の娘・小松姫を養女とし、駿府城に信幸を出仕させて娶らせた。

信幸の戦場での活躍を聞いた井伊直政が家康に話したことが婚姻の経緯ともいわれている。

1590年(天正18年)、信幸は小田原征伐で上野の松井田城攻略で戦功をあげた。沼田領が真田氏の所領となり、沼田城主となる。1593年(文禄2年)には従五位下伊豆守に叙任される。その後、従四位下に昇叙し、侍従を本官に伊豆守を兼任。

関ヶ原の戦い

1598年(慶長3年)に秀吉が病没し、天下を目指す家康と、それを阻止しようとする石田三成らとの対立が激化。1600年(慶長5年)、家康より上杉討伐が発令。信幸は昌幸・幸村とともに従軍。しかし、その途中家康を討つために挙兵した三成より密書を受け取った。豊臣氏に恩恵を受け、かつ縁の深い昌幸と幸村は三成らの西軍に付いたのに対し、家康の養女を妻とする信幸は徳川氏の東軍に付くことを決め、袂を分かつことになった(犬伏の別れ)

上田城に戻った昌幸に対し、信幸は徳川秀忠軍に属して上田城攻め(第二次上田合戦)に参加。その途中、信幸は弟・幸村が防衛する砥石城の攻略を命じられた。信幸は砥石城に向かうが、真田軍はこれを知ると退去。城将の幸村は、昌幸了承のもと、信幸との戦いを避けて城を明け渡したといわれている。なお、秀忠は上田城が攻略できず惨敗、そのまま関ヶ原に向かうが、合戦には間に合わなかった。

関ヶ原の戦いは徳川軍の勝利で終わり、信幸は徳川氏より昌幸の旧領を得ることになった。

信幸は第二次上田合戦の前に義弟の本多忠政と共に昌幸の説得に赴くが、結局失敗に終わった。

戦後は徳川氏重臣として

家康は昌幸・幸村父子に上田領没収と死罪を決めるが、信幸は昌幸らの助命を嘆願。義父・忠勝の働きかけもあり、昌幸らは助命され高野山麓の九度山へ蟄居となった。このとき、西軍についた昌幸との決別を表すために名を”信之”に改名(諸説あり)。

1611年(慶長16年)、には父・昌幸が死没、その際に葬儀を執り行えるよう幕府に許可を願い出たが許されなかった。

1614年(慶長19年)大坂の陣では真田氏にも出陣命令がでたが、信之は病気のために出陣できず、嫡男・信吉と次男・信政が代理として出陣。

1656年(明暦元年)、松代へ転封された信之は、嫡男・信吉や嫡孫・熊之助が既に死去していたため、次男・信政に家督を譲り隠居。

しかし1658年(万治元年)に信政が急死し、真田氏では家督相続の問題が発生。長男の血統(信吉の次男)である沼田城主・信利が次男の血統(信政の六男)である幸道の家督相続に異議を唱えて幕府に訴える事態となり、幕府や縁戚の大名を巻き込んだ騒動となった。最終的には信政の子・幸道が藩主となったが、まだ2歳の幼少であったため、信之が復帰して藩政を執ることになるが、同年に死去。享年93。

略年表

  • 1566年(永禄9年)、誕生。
  • 1579年(天正7年)、元服して信玄の1字を賜って信幸と名乗る。
  • 1582年(天正10年)、武田滅亡により、父・昌幸とともに織田信長に臣従。
    信長横死後の天正壬午の乱では昌幸とともに真田の自領を守るため、上杉→北条→徳川と主君を転じる。
  • 1584年(天正12年)、昌幸とともに小県郡の室賀氏を倒して小県を支配下に治める。
  • 1585年(天正13年)、昌幸と共に上杉氏に転じ、第一次上田合戦で徳川方を撃退。
  • 1586年(天正14年)、真田家が秀吉に臣従して家康とも和睦。家康の重臣・本多忠勝の娘・小松姫を娶る。
  • 1590年(天正18年)、秀吉の小田原征伐に従軍。沼田領が真田氏の所領となり、沼田城主となる。
  • 1593年(文禄2年)、従五位下伊豆守に叙任。
  • 1600年(慶長5年)、犬伏の別れで昌幸・幸村が徳川から離反。信幸は徳川方に残る。その直後の 第二次上田合戦では幸村のいる砥石城攻略を命じられる。関ヶ原合戦での徳川方の勝利により、昌幸の旧領を得る。
    昌幸・幸村父子の死罪言い渡しに対して助命嘆願し、赦免されて昌幸・幸村父子は九度山に蟄居となる。このとき、信幸から信之に改名。
  • 1611年(慶長16年)、昌幸が九度山にて死去。葬儀の執り行いを幕府に願い出るも許されず。
  • 1614年(慶長19年)、大阪冬の陣には病気で出陣せず。嫡男・信吉と次男・信政が代理で出陣。
  • 1656年(明暦元年)、松代へ転封され、次男・信政に家督を譲って隠居。
  • 1658年(万治元年)、真田氏の家督相続問題が発生。信政の子で幼少の幸道が藩主となり、代わりに藩政を執るも、同年に死去。享年93。


 PAGE TOP