あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

「真田×豊臣」世の流れに逆らわず、真田は豊臣大名へ

「真田×豊臣政権」の歴史

豊臣秀吉アイコン

豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)

豊臣政権を樹立した乱世の覇者

信長死後の弔い合戦となった山崎の戦い(1582年)、続く賤ヶ岳の戦い(1583年)で織田家の覇権を柴田勝家と争って勝利し、信長の天下統一事業を継承。
そして小牧・長久手の戦い(1584年)以後は家康と対立する。

真田昌幸が上野・沼田領を守るために徳川から上杉に転じ、第一次上田合戦(1585年)を経て秀吉に接近してきた際には、真田への支援を確約して真田氏を従属下に置いた。 しかし、その後も昌幸が上洛要請に応じないことに激怒し、家康には真田成敗を容認、景勝には昌幸への支援を禁じた。このときの景勝宛ての書状で昌幸のことを「表裏比興者」と評した。

家康を懐柔して臣従させた後には、まもなくして昌幸とも会って真田氏を正式に豊臣大名としている。 また、真田の人質としてきた幸村には目をかけ、大谷吉継の娘を娶らせるなどし、1594年(文禄3年)には従五位下に叙任し、豊臣の姓を与えた。

豊臣家の将

石田三成アイコン

石田三成(いしだ みつなり)

秀吉の側近中の側近。関ヶ原で家康に挑んだ西軍主導者

秀吉の厚い信任を得て豊臣政権下の五奉行の一人となった。豊臣政権と真田家とのパイプ役を担い、特に真田信幸(信之)との書状が多く残されており、真田家との深い交友があったことがうかがえる。秀吉の朝鮮出兵(1592-93, 97-98年)では兵糧や武器の輸送などの後方支援を担当したが、秀吉への報告や見解の相違をめぐり、加藤清正ら武断派との軋轢を生んだ。

秀吉死後は家康の専横を防ぐため、反家康派を形成。関ヶ原合戦(1600年)の挙兵時には真田昌幸らにも誘いの書状を送り、昌幸と幸村を味方に引き入れた。このとき、三成はなんの相談もなしに決起したことを昌幸に叱責されたという。その後、関ヶ原の敗戦によって処刑された。

大谷吉継アイコン

大谷吉継(おおたに よしつぐ)

幸村の岳父(=妻の父)で石田三成の親友。

賤ヶ岳の戦い(1583年)でいわゆる「七本槍」に匹敵する武功をたてたが、豊臣政権下では奉行としての働きも多く、三成同様に重用された。
秀吉が関白になった際に従五位下・刑部少輔に叙任され、これによって一般に「大谷刑部」と呼ばれるようになる。

三成とはほぼ同年齢であり、親しい友であったという。吉継はある時から感染症を患い、皮膚はただれ、目も不自由になり、晩年には顔を白い頭巾で隠していたという。1587年(天正15年)の大坂城で開かれた茶会で茶碗に入った茶を1口飲んで次の者へ回していった。このとき、吉継が口をつけた茶碗は誰もが飲むふりをするだけであったが、三成だけは普段どおりにその茶を飲んだという。

時期は定かではないが、秀吉の上意で娘・竹林院を幸村に嫁がせたことで、幸村の岳父となった。

秀吉死後、三成から関ヶ原挙兵のことを相談されて反対はしたものの、結局は同調。三成とともに挙兵した際には人質として大阪城にいた昌幸の妻・山手殿と竹林院を保護し、その旨を昌幸に書状で伝えている。
関ヶ原本戦(1600年)では途中で家康方に寝返った小早川秀秋の軍勢と戦い、自刃した。

加藤清正アイコン

加藤清正(かとう きよまさ)

秀吉の遠縁で子飼いの将

幼少期から秀吉に仕え、賤ヶ岳の戦い(1583年)で活躍し、賤ヶ岳の七本槍の一人に数えられた。 戦国を代表する築城の名手としても知られている。

豊臣政権下では秀吉による朝鮮出兵(1592-93、97-98年)をきっかけに石田三成や小西行長らと対立し、秀吉死後には家康に接近、家康養女を娶って関ヶ原合戦(1600年)で家康に与し、国元の九州で西軍勢力と交戦した。

江戸幕府下の1611年(慶長16年)には、徳川家臣として家康と豊臣秀頼の会見を取り持っている。

福島正則アイコン

福島正則(ふくしま まさのり)

秀吉正室・ねね(大政所)の甥で子飼いの将

朋友の加藤清正と同じく秀吉子飼いの将として幼少から秀吉に仕え、賤ヶ岳の戦い(1583年)の論功行賞で七本槍の筆頭として最も多い恩賞を得た。

豊臣政権下では清正とともに石田三成や小西行長らと対立し、関ヶ原の戦い(1600年)では家康に与して徳川方の先鋒を担い、戦後の恩賞として安芸・備後国を併せて49万8,000石の大封を与えられた。

徳川時代には豊臣恩顧の将であったこともあり、大阪の陣(1614-15年)で家康に江戸留守居役を命じられている。

豊臣秀長アイコン

豊臣秀長(とよとみ ひでなが)

秀吉を唯一コントロールし、異を唱えることのできた秀吉の片腕。

秀吉に絶大な信頼をよせられた秀吉の異父弟であり、豊臣政権下の家臣内序列では徳川家康、織田信雄に次ぐ三番目であった。秀吉に唯一異を唱えることができ、政権運営において要となっていた人物であったが、小田原征伐(1590年)を終えて秀吉が天下統一を果たすと、まもなくして病没した。

豊臣秀次アイコン

豊臣秀次(とよとみ ひでつぐ)

秀頼誕生によって豊臣家の後継ぎから切腹へと転落した悲運の将

秀吉の甥。秀吉の天下統一後、豊臣秀長と秀吉の嫡男・鶴松の死により、若くして関白就任となって豊臣家の家督を相続した。急遽、秀吉の後継者となったものの、1593年(文禄2年)に秀吉と淀殿の間に秀頼が誕生すると一転して秀吉から疎まれるようになっていった。

そして、挙句の果てに突如謀反の疑いをかけられて高野山へ追放となり、最期に切腹して生涯を終えた。また、このときに秀次の家臣や子女・妻妾らの大半が粛清されているが、幸村が秀次の娘の一人・隆清院(りゅうせいいん)を保護して後に側室としたという。

片桐且元アイコン

片桐且元(かたぎり かつもと)

豊臣と徳川との調整に奔走した豊臣家の官吏

信長家臣時代の秀吉が長浜城主のころに仕官し、賤ヶ岳の戦い(1583年)で功をたてて賤ヶ岳の七本槍の一人に数えられた。豊臣政権下では馬廻衆(=秀吉の護衛)、奉行として後方支援などの活動をしており、秀吉の晩年には豊臣秀頼の傅役にも選出された。

関ヶ原の戦い(1600年)では石田三成に与したが、戦後は徳川家に長女を人質に差し出して豊臣家と徳川家の武力衝突の回避に奔走した。

家康による大阪攻めの開戦の大義名分となった方広寺鐘銘事件(1614年)では徳川家に赴いて家康家臣の本多正純と面会し、一方で少し遅れて豊臣秀頼の乳母・大蔵卿局も家康と面会した。双方が豊臣家に報告した内容の食い違いの結果、且元は徳川への内通を疑われたため、徳川方へ転じることを余儀なくされた。

大阪の陣(1614-15年)では徳川方として参戦し、戦後まもなくして病没した。


 PAGE TOP