あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

「真田×武田」真田の軍略の礎となった主家。武田滅亡後は?

「真田 × 武田」の歴史

武田と真田家の歴史は、武田が武田信虎の代、真田が真田幸綱の代にまで遡る。

甲斐を統一していた武田信虎が、信濃の国衆・村上義清らと連携して信濃国佐久郡・小県郡へ攻め込んだとき、幸綱は小県郡を追われて上野国へ逃亡したのが、両家の関わりのはじまりであった。つまり、最初は真田にとって武田家は自領を奪った敵であったのだ。

しかし、武田家で信虎がクーデターによって追放され、嫡男の武田信玄が新たな当主になると、やがて幸綱が信玄のもとに出仕し、主従関係を結ぶことに。。 信玄は天敵の村上義清が有する小県郡・砥石城攻めにおいて、その地に詳しい幸綱を活用してこれを見事に攻略し、真田にとっては旧領回復を果たす形となっている。
真田家は外様家臣であったが、幸綱の代において武田家臣団内での地位を押しあげていったとみられている。

信玄の死後、家督を継いだ武田勝頼は、積極的に領土拡大を進めていくが、重臣らの反対を押し切って長篠の戦い(1575年)で織田・徳川連合に大敗してしまう。
これが武田没落のきっかけとなるが、このときに真田は、幸綱の嫡男で後を継いだ真田信綱と二男の昌輝が揃って討死という憂き目に遭っている。そして勝頼の命で三男の昌幸が急遽真田の家督を継ぐことになった。

勝頼は織田・徳川との所領争いでは劣勢であったが、東の上野国においては、昌幸が沼田城を攻略するなど、領土を拡大している。

しかし、勝頼は第二次高天神城の戦いで後詰めを送らないなど、失策を重ね、さらに織田方の調略によって家臣団の多くが離反していった。そしてついに織田・徳川連合による武田征伐が開始されると、武田軍団は降伏や逃亡等で瞬く間に崩壊。
最後の軍議では、昌幸が自分の支配下にある岩櫃城へ撤退して武田軍の立てなおしを図ることを進言したが、勝頼はこれを退けている。

こうして昌幸ら真田一族はこれに従わずに岩櫃城へ戻ることを許され、勝頼は譜代の小山田信茂の策に従うことになった。だが、 途中で信茂に裏切られた勝頼は、最期に天目山で滝川一益隊との戦いを余儀なくされ、自害して果てたのであった。

ここに武田滅亡となり、真田ら武田遺臣たちはそれぞれの思惑で道を歩むことになるのである・・・

武田家の将

武田勝頼アイコン

武田勝頼(たけだ かつより)

名門・甲斐武田氏の最期の当主

父・信玄亡きあと領土拡大路線を継承してつき進む。
しかし、長篠の戦い(1575年)での大敗、さらに上杉家のお家騒動が原因で北条とも敵対関係になり、織田・徳川・北条の三強に囲まれてしまう。
さらに新府城の築城で軍資金を家臣の国衆らに負担させ、家康との敗戦で後詰めをしないなど、家臣の動揺・離反がすすんで甲州征伐(1582年)も開始され、窮地に追い込まれる。 そうした中、最終軍議で昌幸から岩櫃城で武田家の立て直しを図る献策を進言されるもこれを拒否し、最後は信じた重臣らに裏切られて無念の死を遂げた。

家臣アイコン

小山田信茂(おやまだ のぶしげ)

勝頼滅亡を決定づけた武田家の重臣。

信長による甲州征伐(1582年)で窮地に陥って新府城に撤退した勝頼が重臣たちと今後の協議をした際、 甲斐国・都留郡の岩殿城での籠城戦を主張した。
このとき真田昌幸による岩櫃城での籠城戦の主張もあったが、勝頼によって信茂の岩殿城籠城戦の策が採用。しかし、勝頼一行が岩殿城へ向かう中、突如勝頼から離反して都留郡入りを拒否し、武田家滅亡を決定づけた。

武田滅亡後、織田家への従属を図って信長に拝謁しようとするが、織田信忠から武田の譜代家老衆でありながら離反したことを咎められ、処刑された。

真田と関わる武田遺臣

武田滅亡後、真田氏をはじめとした武田遺臣らは、織田・上杉・北条・徳川といった強大な勢力に翻弄されることとなった。特に信長の死後に勃発した武田旧領(=甲斐・信濃・上野の3国)の争奪戦で、彼らはどのように行動したのだろうか?
ここでは真田昌幸と関わる主な武田遺臣のみをピックアップしよう。

家臣アイコン

室賀正武(むろが まさたけ)

昌幸暗殺で返り討ちにあった昌幸のライバル

真田昌幸と同じ信濃国小県郡の国衆で武田家臣であったが、武田滅亡後には信濃国・川中島四郡を与えられた織田家臣・森長可に臣従したとみられている。信長死後の天正壬午の乱(1582年)では、上杉・北条・徳川らに翻弄されながらも、生き残った。
しかし、昌幸暗殺を計画した家康にそそのかされ、暗殺の実行に移すが、事前に計画を知った昌幸の返り討ちにあって謀殺された。

家臣アイコン

木曾義昌(きそ よしまさ)

甲州征伐のきっかけを作った信濃・木曾郡の国衆

武田家臣時代、義昌が信長に降ったのをきっかけに織田軍による甲州征伐が開始された。 信長死後、天正壬午の乱(1582年)では他の信濃国衆から人質を集めた。この人質の中には昌幸の母、そして、幸村もいたという。はじめ北条氏に従属し、のちに家康に転じて集めて人質と引き換えに知行の約束を得た。

その後、小牧・長久手の戦い(1584年)で家康と秀吉が対立すると、秀吉に寝返っている。

家臣アイコン

依田信蕃(よだ のぶしげ)

天正壬午の乱における信濃国佐久郡での主役

武田家臣として信玄・勝頼の2代に仕え、甲州征伐の際には徳川家康に駿河国・田中城にて籠城して城を守ったが勝頼の死後、まもなく田中城を開城して徳川方に引き渡した。

天正壬午の乱(1582年)では徳川方として北条との合戦の最前線となった信濃国佐久郡でゲリラ戦を展開して孤軍奮闘した。昌幸を調略した後には、昌幸とともに反撃して佐久郡の大半を制圧し、戦局を優位にさせることに大きく貢献した。しかし、戦後処理で北条方の掃討作戦を展開中に、敵の銃撃を受けて戦死した。

出浦昌相アイコン

出浦昌相(いでうら まさすけ)

透破(=忍者)の棟梁。

武田家臣時代には真田昌幸の与力であり、武田滅亡後は真田昌幸・信之に仕えた。


 PAGE TOP