丁寧に歴史を追求した、正統派の戦国Webマガジン

真田一族のルーツと一門衆

幸村の出自と真田氏の系図

真田氏は小豪族でありながら、徳川・北条・上杉ら大国を相手に自立して自領を守りきり、大名にまで上り詰めた一族である。

真田氏の先祖は系図類の史料によると、平安時代より続く信濃小県郡から上野吾妻郡に割拠する豪族・滋野一族の流れを汲み、その嫡流である海野氏の嫡流(または傍流)といい、戦国期に入って真田幸村の祖父・真田幸隆が信濃国小県郡真田郷(現在の長野県東御市)を領する小豪族から身を興し、真田の姓を称したことで始まったとされている。

しかし、祖父・幸隆の出自は諸説入り乱れていて定まっていないようである。ただ、幸隆が滋野一族の流れを汲んでいて、海野氏との関連が深いことについてはほぼ諸記録が一致しているようである。

真田三代とは一般によく真田幸隆、昌幸、幸村(信繁)となっている。しかし、真田家の家督に焦点をあてた場合、幸隆→信綱→昌幸→信幸(信之)の四代となっており、幸村は含まれていないことをここに明記しておく。

真田一門

幸村の父母

真田昌幸アイコン

真田昌幸(さなだ まさゆき)

秀吉に "表裏比興" の者と評された幸村の父

武田家臣時代に信玄の側で軍略や外交を習得。武田滅亡後は徳川・北条・上杉ら大勢力に囲まれながらも、真田家の自領を守り抜いた。

徳川家を2度も裏切り、2度も破って家康を震え上がらせた男。

山手殿アイコン

山手殿(やまのてどの)

幸村同様、人質生活を多く経験した幸村の母

昌幸の正室。真田家が武田勝頼の家臣期には甲斐・新府城下に、上杉景勝への従属期の1586年(天正14年)には信濃・海津城に、豊臣政権下の1589年(天正17年)には京都、および大阪の真田屋敷にて人質生活を送ったとされる。
夫・昌幸らが九度山に追放になった際には嫡男・信幸に引き取られて上田に残り、昌幸・幸村らの赦免を働きかけた。

幸村の兄弟

村松殿アイコン

村松殿(むらまつどの)

幸村と信幸の姉

武田滅亡後に真田家が織田信長に臣従すると、人質として安土城に出された。本能寺の変(1582年)の際に行方不明となったとされ、その後の消息は不明だが生存していたとされる。幸村や信幸(信之)とは仲がよかったようである。

真田信幸アイコン

真田信幸(さなだ のぶゆき)

真田家を後世に残した幸村の兄

秀吉による天下統一の前までは幸村や昌幸とともに他勢力と戦った。関ヶ原合戦(1600年)の直前で西軍・石田三成方に与する昌幸・幸村とは袂を分かち、東軍・家康方に残った。のちに"信之"と改名し、江戸幕府では真田家を後世に残した。

一門その他

真田信尹アイコン

真田信尹(さなだ のぶただ)

幸村の叔父であり、昌幸の弟

実名は"昌春"。武田氏滅亡後は兄・昌幸と途中から別行動を取り、徳川家に仕えた。大坂の陣(1614-15年)では家康家臣として参戦し、家康の命で幸村を徳川方に転じるように誘ったが一蹴された。幸村が討ち死にした後に幸村の首実検を行なったとされている。

真田幸隆アイコン

真田幸隆(さなだ ゆきたか)

真田の姓を興した幸村の祖父

昌幸・信尹らの父でもある。実名は"幸綱(ゆきつな)"。武田・村上氏らによる侵略で一旦は真田郷を追われた。しかし、武田氏の当主・信虎が息子・信玄によって追放されると、信玄の家臣となって多くの功績を挙げた。奪われた真田郷も回復して戦国期の真田氏の礎を築いた。

矢沢頼綱アイコン

矢沢頼綱(やざわ よりつな)

沼田領の指揮を任された幸隆の弟

"綱頼"ともいう。真田家とは敵対関係にあった諏訪氏の一族・矢沢氏に養子に入り、兄・幸隆と同様に武田家臣として仕えた。甥の真田昌幸が真田家の家督を継ぐと、これに従い、主に上野国の吾妻郡や利根郡沼田領において指揮を任された。

矢沢三十郎頼幸アイコン

矢沢頼幸(やざわ よりゆき)

上杉人質時代の幸村のお供をした幸隆の嫡男

幼名は"三十郎"。真田家が上杉景勝に従属し、幸村が人質として越後へ赴いた際に同行し、越後から帰国後は父・矢沢頼綱が守備する沼田城に入っており、豊臣政権下の小田原征伐(1590年)の後は真田信幸の家臣となった。

高梨内記アイコン

高梨内記(たかなし ないき)

最期まで幸村に付き従った真田家の忠臣

真田家の忠臣で幸村の傅役を務めたとされ、娘は幸村の側室となった。
九度山での蟄居生活(1600-14年)や大阪の陣(1614-15年)など、幸村に最期まで付き従い、夏の陣で運命をともにして散った。

堀田作兵衛アイコン

堀田興重(ほった おきしげ)

通称、作兵衛(さくべえ)

幸村の側室に妹を嫁がせた。その妹は長女・すへ、次女・於市を産んでいる。
幸村が大阪入りした際にお供し、大阪の陣(1614-15年)で幸村とともに戦い、夏の陣で討ち死にした。


真田幸村の妻子たち

幸村は多くの妻子に恵まれている。

上田時代には2人の側室を娶り、豊臣政権下では秀吉家臣・大谷吉継の娘を正室に迎えて豊臣家との繋がりを強めた。

また、秀吉の甥で関白の豊臣秀次が自害したという秀次切腹事件(1595年)の後、幸村は秀次の娘を匿って後に側室に迎えたという。

関ヶ原の戦い(1600年)で西軍・石田三成方に与した幸村と昌幸は、西軍の敗戦後に高野山に追放となり、九度山で長い蟄居生活を強いられた。

このときに幸村の子が多く誕生している。


堀田作兵衛の妹アイコン

堀田作兵衛の妹

真田家臣・堀田作兵衛の妹(娘という説もある)。

幸村の最初の妻であり、真田が豊臣政権に従属する前の上田時代に側室に迎えた。幸村との間に2女(すへ、於市)をもうけた。

  • すへ:幸村の長女。
    幸村の九度山蟄居(1600年)には従わず、叔父の作兵衛の養女となって石合道定に嫁いだ。大坂の陣(1614-15年)からずいぶん後の1639年(寛永16年)には江戸幕府に存在を気づかれ、石合家が詮議を受けたものの処罰されることはなかったという。
  • 於市:幸村の次女。
    幸村の九度山蟄居に付き従ったが、現地で若くして病死した。

高梨内記の娘アイコン

高梨内記の娘

真田家臣・高梨内記の娘。

幸村が2番目に娶った妻であり、堀田作兵衛の妹と同様に上田時代に側室に迎えたとされている。幸村との間に2女(阿梅、あぐり)をもうけた。

  • 阿梅(おうめ):幸村の三女。
    幸村の九度山蟄居や大阪入城に付き従った。大阪夏の陣(1615年)での落城時に伊達家臣の片倉重長に捕えられ、のちに重長の継室(後妻)となった。
  • あぐり:幸村の四女。

竹林院アイコン

竹林院(ちくりんいん)

豊臣政権の有力奉行・大谷吉継の娘。幸村の正室。

豊臣政権下において秀吉の上意で幸村と結ばれ、九度山蟄居(1600-14年)や大阪の陣(1614-15年)で幸村に付き従っている。幸村の死後に大阪城を脱出したものの、家康家臣に捕えられた。その後、家康に赦免されて余生を過ごした。
待望の嫡男を含む、2男2女(大助、阿菖蒲、おかね、大八)をもうけた。

  • 大助(幸昌):幸村の嫡男。九度山生まれ。
    幸村の大阪入城に従い、豊臣の将として冬の陣(1614年)の真田丸の戦いで功をあげた。翌年の夏の陣(1615年)では道明寺の戦いで負傷したとされ、その後は幸村の命で豊臣秀頼の側に遣わされ、大阪城落城の際に自害した。
  • 阿菖蒲(おしょうぶ):幸村の六女。九度山生まれ。
    片倉重長の継室となった姉・阿梅を頼り、片倉家臣の田村(片倉)定広に嫁いだ。
  • おかね:幸村の七女。九度山生まれ。
  • 大八(守信):幸村の次男。九度山生まれ。
    大阪の陣(1614-15年)で他の姉妹と共に落ち延び、姉・阿梅の嫁ぎ先の片倉重長に引き取られたという。のちに伊達家(仙台藩)に仕え、真田四郎兵衛守信を称した。

隆清院アイコン

隆清院(りゅうせいいん)

豊臣秀次の娘。

秀次切腹事件(1595年)で難が及ぶのを幸村に匿われたといい、のちに幸村が側室に迎えたとされている。1男1女(御田、幸信)を産んでいる。

  • 御田(おでん):幸村の五女。九度山生まれ。
    大阪の陣後に佐竹氏の一族で出羽亀田藩主・岩城宣隆に継室として嫁いだ。
  • 幸信:幸村の三男。
    大阪夏の陣(1615年)で幸村が討ち死にしてまもなく誕生した。外祖父・豊臣秀次の旧姓の三好姓を称し、三好左次郎と名乗った。のちに姉・御田の嫁ぎ先の岩城宣隆に引き取られた。

不詳(側室)アイコン

不詳(側室)

農家の娘とされる。

詳細は不明だが、幸村との間に1男2女をもうけたという。

  • 女子:幸村の八女。青木次郎右衛門室。
  • 女子:幸村の九女。
  • 之親:幸村の四男。
    幸村には大坂夏の陣(1615年)で脱出したという生存説がある。この生存説が前提で誕生した子とされている。


おすすめの記事

 PAGE TOP