あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

大阪夏の陣/道明寺・八尾・若江合戦(1615年)

冬の陣で堀を埋め立てられ、もはや籠城戦ができなくなった大阪城。

城外へ討ってでるしかなくなった豊臣方は道明寺方面若江・八尾方面の2手に分かれ、それぞれ徳川方を迎撃することになったが、いかんともしがたい徳川の大軍を前に、豊臣は後藤又兵衛や木村重成といった主力の指揮官を失うこととなる。

道明寺の戦い

慶長20年(1615年)5月1日、豊臣方の後藤又兵衛・毛利勝永・真田幸村らの隊が大坂城を出陣した。

5月5日、豊臣方は河内国平野の宿営地で、同日夜半に出発して道明寺に集結してから国分に進んで狭い地で迎撃するという作戦を取り決めた。

孤立する後藤又兵衛

しかし、この時点で既に作戦は破綻していた。

徳川方はすでに同日早朝に水野勝成隊らが道明寺東の国分に到着して布陣していたのである。
豊臣方はこれを全く知らずに道明寺へ向けて出発するが、この日は濃霧であったために後続の真田・毛利隊は先行する後藤軍に大きく遅れをとっていたという。

日が変わって5月6日、先に道明寺に到着して他の隊を待っていた後藤隊であったが、幸村ら後続隊はおろか、先鋒の薄田・明石隊らも未だ到着せずにいた。
そして、又兵衛は幕府の大軍がすでに国分村に進出していることを知ると、果敢にも独断で国分に向かい、小松山(現在の玉手山公園一帯)に駆けあがって陣を構えたのである。

後藤隊を察知した徳川軍は小松山を包囲、又兵衛は後続隊を待たずに徳川軍に攻撃を開始した。

後藤隊の攻撃は凄まじく、奥田忠次を討ち取り、松倉重政も敗退させるほどの勢いであったが、その後、伊達政宗隊・松平忠明隊・本多忠政隊など次々と徳川方の救援隊が押し寄せてきて、劣勢に立たされていった。

小松山を包囲した徳川方は伊達政宗隊や松平忠明隊らが激しい銃撃を加えると、兵力差でどうしようもない後藤隊は小松山を追い落とされて後退していく。後藤隊は早朝から昼頃までという長時間にわたって奮戦し続けており、疲弊はピークに達していた。

又兵衛は果敢にも伊達軍に突撃を敢行したが、伊達隊の射撃を受けてついに戦死した(『水野日向守覚書』『駿府記』『言緒卿記』など)。

※出所:by Blowback(2007/12/14)-道明寺の戦い(午前) / CC-BY-SA 3.0 Adapted.)

遅れて到着となった後続の隊

又兵衛が討たれると後藤隊は総崩れとなり、豊臣方は追撃によって道明寺まで押し進められてしまうが、ここでようやく薄田兼相・明石全登らの隊が到着して迎撃した。

明石隊は後藤隊の後詰として参戦したが、逃げてきた後藤隊の混乱に巻き込まれたようである。明石全登は射撃を受けて負傷して後退したと伝わっている(『16・17世紀イエズス会日本報告集』)。

薄田は自ら太刀を振るって奮戦したが戦死、残りの部隊は誉田村方面に後退を余儀なくされた。また、渡辺糺隊も大損害を受けている。

そこへ後詰の真田幸村・毛利勝永らの隊も道明寺に到着。幸村は後退してきた兵を収容して誉田村付近に着陣したが、まもなく追撃してきた伊達隊と激しく交戦した。

真田と伊達の戦いは両隊ともに激しい鉄砲の応酬となったようだが、以下は諸記録の一部である。

  • 真田隊とまともに交戦した伊達隊は先手の片倉重綱。(『伊達政宗記録事蹟考記』)
  • 真田隊は奮戦して伊達隊を道明寺付近まで押し戻した(『長澤聞書』)
  • 真田隊と伊達隊の交戦は三度に及んだ(『水野日向守覚書』)

など。

※出所:by Blowback(2007/12/14)-道明寺の戦い(午後) / CC-BY-SA 3.0 Adapted.)

幸村らが敵の侵攻を食い止めることに成功すると、徳川方は陣を建て直し、両軍が対峙してにらみ合いの状態になったという。

徳川方の水野勝成は攻撃の機会をうかがっていたが、真田隊の側面攻撃を恐れて伊達政宗に真田隊を追撃するよう申し入れたが、政宗は多くの死傷者がでていること、弾薬が底をつきそうなことを理由にこれを拒否したという。

こうした中、午後2時半頃に大坂城から八尾・若江の戦いでの敗戦の報と、退却の命令が豊臣軍に伝えられると、 午後4時ごろ、豊臣方は徳川軍が動く様子がないのを確認して撤退したという(『水野日向守覚書』)。

このとき真田隊が殿を務めたというも話があるが、これは定かではない。真田隊は茶臼山まで引き上げ(『長澤聞書』)、この戦いで真田大助が槍傷を受けるなど真田隊の死傷者は少なくなく、その戦力は低下していたという(『大日本史料』)。

史実ではない?

以上、道明寺の戦いについて大体の通説を記したが、どうやらすべてが史実ではないようである。

通説だと、合戦当日が濃霧であったことから真田や毛利隊の到着が遅れて後藤又兵衛が孤立しているが、実際には真田や毛利隊は遅れることなく最初から道明寺に布陣していたとみられているのである。


八尾・若江の戦い

一方、道明寺の戦いと同日の5月6日の午前2時頃、木村重成や長宗我部盛親らの隊が大阪城を出発、大阪城東からの徳川軍の進軍を防ぐべく、若江・八尾方面へと向かっていた。

徳川方の藤堂高虎・井伊直孝隊ら先鋒は道明寺に向かって進軍していたが、この動きを察知して若江・八尾方面へと舵を切った。

長宗我部隊は八尾に進軍。そして木村隊は若江に進軍し、午前5時頃には着陣して敵に備えて兵を3つに分けている。

戦いは長宗我部隊の先鋒・吉田重親が藤堂高吉の率いる藤堂隊の中備えの部隊の攻撃を受けて始まり、吉田重親が戦死して長宗我部の先鋒が敗走すると、木村隊がその敗兵を収容。
そして、先鋒の敗戦を知った長宗我部盛親は、長瀬川で迎撃の体勢を取った。

木村重成と若江の戦い

木村隊は戦いの序盤、以下のように戦局を有利に進めていった。

  • 始めに藤堂右先手の藤堂良勝・良重が攻撃してくると、これを迎撃して藤堂良勝、良重を討ち取る。
  • 井伊隊が出現すると、玉串川の西側・堤上に鉄砲隊を配置し、田んぼの進軍が困難な場所に誘道して攻撃しようと計画。
  • 誘引作戦が首尾よく進み、井伊左先手の大将・川手良列を討ち取る。
  • さらに、井伊右先手の攻撃も防いで撃退に成功する。

※出所:by Blowback(2007/12/15)-八尾・若江の戦い / CC-BY-SA 3.0 Adapted.)

長宗我部盛親と八尾の戦い

八尾では軍を4つに分けていた藤堂隊が玉串川を越えて長宗我部本陣に迫ってきた。

敵は藤堂左先手の大将・藤堂高刑とその配下の桑名吉成、そして、藤堂高虎の旗本・藤堂氏勝らであった。

盛親は自陣への鉄砲射撃がないと見るや、馬を下りて槍を持たせて堤防の上に伏せて敵の不意を突くという作戦を立案。 長宗我部隊は藤堂隊が接近してくると、十分に引きつけてから一斉に槍を突き上げて攻撃、その後、激しい白兵戦を展開していった。

藤堂隊を混乱させた盛親のこの作戦は大成功を収め、藤堂高刑・桑名吉成・藤堂氏勝らを討ち取る大功をたて、藤堂左先手を壊滅させたのである。

木村重成の最期と長宗我部隊の撤退

しかし、時間の経過とともに若江方面では木村隊の戦局が一転した。

木村隊にやられたままで引き下がれない井伊直孝は決死の覚悟で総攻撃をしかけてきて、これに木村隊も総力戦で臨んだため、両者間で激しい戦闘となったのである。

木村隊は度重なる戦闘で疲労が蓄積しており、重成は家臣から一旦退くように忠告を受けていたが、これに耳を傾けないで戦いを続けた。そうした結果、ついに指揮官の重成が討ち死に、木村隊は壊滅となってしまった。

そして、八尾では長宗我部隊が正午頃まで戦いをしていたが、若江での木村重成の敗報を知った盛親は大坂城への撤退を余儀なくされた。


あわせて読みたい
<大阪の陣>豊臣方の将まとめ
真田幸村トップ / ヒストリー
<大阪の陣>全貌まとめ
真田幸村トップ / ヒストリー
<大阪の陣>徳川方の将まとめ
真田幸村トップ / ヒストリー
【名場面】伊達隊と真田隊の攻防(1615年)
真田幸村トップ / ヒストリー

 PAGE TOP