あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

大阪夏の陣/真田幸村の最期(1615年)

家康本陣へ突撃敢行

大阪夏の陣の最終決戦となった天王寺・岡山の戦いは、前の記事で書いたように、徳川方の味方崩れによって豊臣方に千載一遇のチャンスが訪れた。

この徳川方の味方崩れ(=兵の逃亡等で隊が崩れること)は、前線における真田隊や毛利隊の奮闘もあったが、徳川諸将らの実戦経験不足や味方同士の猜疑心などが非常に大きな要因であった。

家康を追い詰める

この混乱に乗じて毛利隊、真田隊は一気に家康本陣への突撃を開始した。

毛利勝永はさらに敵陣奥深くへ侵攻すると、榊原康勝・諏訪忠澄の隊を突破し、続いて 酒井家次・松平康長・内藤忠興の隊も崩していった。

幸村もまた、交戦していた松平忠直隊が崩れかかった隙をついて、家康本陣へまっすぐ突入した。

一方で、徳川の各隊が大混乱となったことを知った家康は、軍勢の立て直しを図ろうとして旗本衆を派遣するのだが、これが最悪の事態を引き起こす。

その旗本衆も味方崩れに巻き込まれ、逃亡者が続出したのだ。

こうした中、真田隊は家康旗本衆の前に布陣していた本田忠政隊とまともに衝突するが、これを崩すと、ついに家康の旗本衆をとらえた。
そして、味方崩れで動揺していた家康の旗本衆はひどく狼狽して、まさかの敗走をはじめると、家康自身も後方に逃げざるを得ない状況となった。

その様子は家康の馬印が倒れるほどで、周囲の徳川隊からも本陣が崩れたのがはっきり目撃できたといい、また、『三河物語』によれば、このとき家康に付き従ったのは小栗忠左衛門久次ただ一人だけであり、身分のある旗本らは皆恐怖して逃げ去っていったという。

このように豊臣方の勝利は目前であった。

真田隊や毛利隊がこのまま攻撃を続けていれば、家康を討ち取ったか、自害に追い込んだはずであったが、結果的にそうはならなかった・・・。

なぜ、家康を討ち取れなかったか?

豊臣方による家康本陣への突撃は当初からの作戦どおりであったが、この他、作戦の条件であった "秀頼の出馬" が実現していなかった。

秀頼はなぜ出陣していなかったのか?それは自ら出陣のタイミングを判断できなかったことにある。

真田や毛利隊が家康本陣への突撃を敢行していた頃、前線にいた大野治長は秀頼の出馬を促すため、大阪城に戻っていた。

大野治長は秀頼から呼び出されたといい、また、幸村と大野治長が相談の上で大阪城に戻っていたようであるが、 実はこの行動がきっかけで豊臣方敗北の最悪のシナリオが待っていた。

大野治長は大阪城に向かう際、秀頼の馬印を揚げたまま戻るという致命的なミスを犯してしまったのだ。

以下、豊臣方が勝機を逃した流れである。

  1. 周囲からは治長が逃亡するように映った
  2. タイミング悪く、城内にいた徳川方の内通者が放火し、大阪城から出火した。
  3. 周囲からは秀頼が望みを捨て、城に放火したように映った
  4. 大阪城に戻った治長は、古傷から出血し、やがて意識不明になった。
  5. 事情を何も知らない城内の兵士らは、これをみて豊臣方が敗北したと勘違いした。
  6. さらに幸村の命令に従って真田大助が大阪城に戻ってきた。
  7. 事情を何も知らない城内の兵士らは、これをみて幸村が敗北して息子を逃がしたと勘違いした。

こうした結果、豊臣兵は戦意喪失。あと一歩で勝利できる状況でありながら、まさかの味方崩れが引き起こされてしまったのである。

天王寺決戦の敗北

敗北寸前の徳川方であったが、豊臣の諸隊が逃亡などで瞬く間に崩れかかると、家康は全軍に反撃を下知した。
そして、大阪城が燃え上がるのを見て勇気づけられた徳川の各隊が一気に攻勢に転じると、数で大いに勝る徳川方が次第に圧倒しはじめた。

崩れる真田隊

依然、松平忠直隊ら徳川の軍勢と奮戦していた真田隊であったが、家康本陣の窮地に岡山口から駆けつけた井伊直孝隊(一説に藤堂高虎隊とも)の横槍によって隊が崩されたという(『大日本史料』『若州聞書』)。

そして、息を吹き返した徳川の各隊の反撃により、真田隊の死傷者は増えて、ついに隊が散り散りになってしまった。

大阪城では?

このころ、大野治長と会って出馬を決断していた秀頼は、船場に待機する明石全登隊に出撃命令を出し、自らもまもなく出陣という時であった。

だが、時すでに遅し。まもなくして豊臣方の先手が崩れかかっているとの知らせが入ったのである。

秀頼は討死覚悟で出撃しようとするが、家臣の速水甲斐守守久に「先手が総崩れした今は出馬しても仕方ない。本丸を固め、いざとなれば自害すべき」と諌められ、ついには出陣せず、秀頼は桜門から千畳敷に引き揚げたのであった。

これを見ていた城兵らは絶望し、続々と城から逃亡したという。

ちなみに大阪城の放火であるが、諸史料によれば、火の手が上がった時間は、おおよそ午後2時~3時頃、天守に燃え移ったのが午後4時半過ぎとされており、その様子は京都からも遠望できたという。
また、最初に火をつけた犯人は "大角与左衛門" という者で、秀吉に古くから仕えていた料理人であった。

最終決戦に敗れた豊臣

徳川の反撃で隊が崩壊した真田隊がやむなく撤退を始めると、毛利勝永隊も合戦を中断して退却を始めた。

一方、船場を出陣していた明石全登隊は、天王寺で徳川勢を背後から襲って挟撃する手筈であったが、完全に機を逃した。 そして、明石全登は水野勝成、藤堂高虎らの隊と交戦したが、敗退して撤退。
なお、その後の行方はわかっていない。

こうして豊臣方は最終決戦で僅かに及ばすに敗退し、大阪城への退却を余儀なくされたのである。

幸村の最期

幸村の最期はどうだったのだろう?

真田隊の残存兵は退却の途中、茶臼山北方付近で防戦しようと奮戦したが、防ぎきれずに崩壊。このとき、松平忠直隊の西尾仁左衛門に討ち取られたとみられている。

その最期の様子だが、通説では幸村は負傷して昼から続いた合戦でくたびれ果てており、まともに手向かいすることもできずに西尾に討ち取られたと伝わる(『細川家記』)。

しかし、2013年に福井県立図書館保管の松平文庫で見つかった新たな説では、幸村は西尾と戦って討ち取られたという。以下に新説の内容を記す。

  1. 幸村は馬に乗っていたところ、同じく馬に乗った西尾仁左衛門と出くわした
  2. 西尾は "よき敵" に会ったと思い、幸村に言葉をかけて勝負を挑んだ
  3. 両者は馬から降りて、鑓を合わせてから戦いを開始した
  4. ついに西尾が突き伏せ、兜を着けたままの幸村の首級を掻き取った
  5. 幸村は西尾に名乗らなかったため、西尾は首級が誰のものかわからないまま、陣屋に持ち帰った
  6. 夕刻になって西尾のもとへ、同僚の花形市左衛門と縫殿之丞の兄弟が見舞いにやって来た
  7. 花形兄弟は、首級が真田幸村のものであるとわかり、その死を悼み悲しんだ

花形兄弟は真田の旧臣であったことから、幸村の顔をよく知っていたから、首級が真田幸村であることは間違いない、と記されている。

この新説は、幸村を討ち取った西尾本人が書いた手紙の写しであるため、信憑性は高いとみられているようである。
・・・しかし、実際のところ、真実は定かではない。


あわせて読みたい
<大阪の陣>全貌まとめ
真田幸村トップ / 入門
真田幸村の名言・逸話まとめ
真田幸村トップ / 入門
真田一族のルーツと一門衆
真田幸村トップ / 入門
真田一族ゆかりの地
真田幸村トップ / 入門

 PAGE TOP