丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「千利休」わび茶の完成者として有名な茶人

千利休の肖像画
千利休は、戦国時代に花開いた茶道・利休流の開祖である。茶道と言えば利休という認識が形成された背景には、完成の域にまで高められた「わび茶」精神があった。ここでは織田信長や豊臣秀吉に重用された千利休の生涯について紹介していきたい。

若い頃から茶の湯に親しむ

千利休は、1522年(大泳2年)に和泉国・堺(現在の大阪府堺市)にて商家を営む田中与兵衛の跡取りとして生を受け、月岑妙珎の法名を持つ母と妹・宗円がいた。我々が知っている利休という名称は、後に与えられた居士号であり、幼名は与四郎、名は宗易であった。多くの豪商たちが住む堺では茶の湯が盛んであり、商人に求められる品位や教養の一つであった。若い頃から茶の湯に親しむ環境が整っていたため、17歳になると茶匠北向道陳に師事、ついで豪商であり文化人でもあった武野紹鴎に師事、さらに臨済宗南宗寺にて禅の修行を行い京都にあった総本山大徳寺とも交流している。 商人の跡取りとして生を受け品位や教養を求められていたこと、当時を代表する文化茶の湯に触れられる高い生活水準を持つ環境であったこと、そして堺を拠点としていたことが、その後の人生を決定づけることになる。

天下人の茶頭へ

今川義元を桶狭間で破った織田信長は、足利義昭を将軍に擁立して上洛、畿内平定を進めると火薬原料の硝石を独占輸入し鉄砲生産していた堺に目をつけ、矢銭2万貫と服属を要求した。堺の会合衆は信長と敵対していた三好三人衆と連携するものの敗北を喫し、要求を受け入れることになる。直轄統治が進む堺で、信長が注目したのが茶の湯である。茶堂に起用されたのは豪商の津田宗及と今井宗久であった。2人は武具や鉄砲などの商いに秀でた現在で言うところのベンチャー企業のトップランナーである。いずれも堺商人らしく文化に明るいが、茶の湯を武家の作法に取り入れようと考えた信長は、第一線の人物を紹介するよう依頼すると2人が一致して推挙したのが、新進気鋭の茶人宗易だった。

信長は宗易の腕前を認めると家臣らを呼び集めては茶会を開き、戦功のあった武将には茶器を積極的に与えた。すると武将らも茶の湯を取り入れるようになった。信長は茶の湯文化を武将たちを統制するためや臣下の儀礼として活用したのである。1573年、足利義昭を追放した信長は妙覚寺にて茶会を開催、宗易は茶堂の最高職である「濃茶」という役職を与えられ大勢の臣下の前で茶をたてたのだ。武将たちにとって茶をたてる場所は茶店所と決まっていたため、普段は目にすることのない茶をたてる音や所作、歴史ある広い寺院の趣などが合わさって格調高い儀式となったろう。

突然の切腹命令

1582年の本能寺の変の後は、豊臣秀吉に3000石で仕えた。1585年(天正13年)には、秀吉が正親町天皇へ奉仕する禁中献茶が決定、宮中参内するため「利休」という居士号を勅賜、利休が誕生した瞬間であった。利休の意味には諸説あるが、禅語である名誉も利益も求めないという意味を持つ「名利共に休す」説と、才能に溺れずの使い古したきり先が丸くなるまで努力せよの意味がある「利心、休せよ」が有力である。

1587年、名実ともに最有力の天下人となった秀吉は、北野大天満宮の境内と松原を舞台に北野大茶湯を開催した。宗易を先頭に津田宗及や今井宗久らが茶頭として参加、さらに庶民にも開放され、多くの人々が訪れた。このイベントで公開された黄金の茶室を設計したのも宗易であるし、その他にも秀吉が建設した聚楽第内に屋敷を構え築庭設計にも関わった。このような重用に秀吉の重臣であった豊臣秀長は、大坂城を訪れた大友宗麟に対して「公儀のことは私に、内のことは宗易に」と語ったと伝えられるなど茶人を越えた権勢があったようだ。

しかし宗易の運命は急展開を遂げる。1591年(天正19年)に秀吉から堺蟄居を命じられたのだ。同年2月28日(現在の4月21日)に京都に呼び戻された宗易は、聚楽第内にある自邸での切腹を命じられる。享年70歳、その首は一条戻橋で3日間晒し者にされた。秀吉の逆鱗と切腹の理由は判然としないが、大徳寺の山門(金毛閣)の2階に設置した草履姿をした宗易の木造という説もある。この木造は、宗易の改修支援に感謝した住職古渓宗陳によって設置されたものであった。

宗易と利休七哲

信長や秀吉配下の茶頭として活躍した宗易には、利休七哲と呼ばる高弟がいた。ざっと紹介すると筆頭の蒲生氏郷細川忠興、古田織部、芝山宗綱、瀬田正忠、高山長房、牧村利貞の7人で、いずれも戦国武将であり宗易との深い信頼関係を築いている。

筆頭であった蒲生氏郷はキリシタン大名として知られているが、宗易から「文武に秀でている」と評価されただけでなく、赤楽早船という茶器も与えられるなど、茶の湯に傾倒した人物である。細川忠興は、キリシタンのガラシャ夫人を妻とし和歌や能楽、絵画にも通じた文化人であり、宗易切腹時には見舞いに訪れている。古田織部もまた宗易切腹の際に見送った1人で、織部焼で知られている茶器政策にも携わるなど宗易亡き後の第一人者となった。芝山宗綱は宗易とやり取りした書簡が最も多く残存しており、「雁取」という茶器も送られた他、現在の茶道具にもその名が残されている。瀬田正忠は大きな平高麗茶碗をつかった茶の湯で知られた人物である。高山右近はキリシタン大名であり、秀吉の名を受けて棄教するよう説得した宗易に「宗門は師君の命を重んずる、師君の命というとも改めぬ事こそ武士の本意ではないか」と話したと伝わっている。牧村利貞もキリシタン大名であり、歪み茶碗を用いたことでも知られている。いずれも宗易の弟子として茶の湯の発展に貢献した。

宗易の茶の湯の真髄「わび茶」とは

宗易は「わび茶」を完成させたが、その領域に入ったのは60歳以降からであるため、人生のほとんどで既存の茶の湯を踏襲している。わび茶の茶の湯とそれ以前の茶の湯の違いは、どこにあるのだろうか。

室町時代では唐物の茶器や象牙の茶杓が重視された書院茶の湯が主流であり、これを信長は臣下の儀礼のために活用した。また唐物を含む茶名物器を重要視したため、一時は1つの茶器で城1つが建つと言われるほどであった。秀吉時代は権威という側面だけでなく、絢爛豪華な黄金の茶室を作るなど秀吉らしい趣向を凝らしたが、いずれも庶民では手に入れることのできない名物や高級品を多用していた。

宗易のわび茶は、庶民でも購入できる楽茶碗や万代屋釜、竹を使った茶杓を利用するなど、庶民ですら容易にできる茶の湯へと方向転換している。茶室空間も土や竹を多用した他、広さもわずか1畳半から2畳という1対1の対面式で薄暗くなっており、否が応でも1対1の人と人の関係にならざるを得ず、そこには地位や身分などすらも関係なくなる。身分関係が絶対の戦国時代で、身分すらも越えてしまう茶の湯が、宗易が生み出したわび茶の真髄であった。

宗易亡き後の茶の湯と現代茶道

宗易亡き後の茶の湯は、利休七哲などを中心に受け継がれていくことになる。徳川家康が天下人となった江戸時代には、大名や豪商などの高尚な教養として楽しまれた。しかし江戸中期にはいると町人階級の台頭により、茶の湯人口が急速に増えていく。そんな町人たちを受け入れたのが、表千家と裏千家と武者小路千家の三千家である。

表千家は、宗易の後妻宗恩の連れ子少庵の流れを組む、裏千家は表千家の分家であり、表千家本部から見て裏通りにあるため裏千家と呼ばれている。また武者小路千家も宗易とは直接関係なく、京都市上京区武者小路通りにあることがその名の由来である。それぞれの作法として泡だて、1畳を歩く歩数、菓子を出すお盆の蓋の有無、着用する着物の色、部屋に入る際に踏み出す足(左右のどちらが先か)、礼の角度や手のつき方などの所作が違っている。





おすすめの記事

 PAGE TOP