丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「山崎の戦い」織田家の覇権闘争の幕開け!秀吉の明智討伐戦
──天正10年6月(1582年)

山崎合戦古戦場
山崎の戦いは、現在の大阪府を舞台として羽柴秀吉が信長の弔い合戦として明智光秀を討伐した合戦であり、その後の日本の歴史を大きく左右した戦でもある。

合戦の背景

天正10年(1582年)の6月2日、ほぼ天下を掌握しつつあった織田信長が京都・本能寺にて横死した。周知のとおり、日本史上最大のミステリー・本能寺の変である。

変の直後、主君信長を討った首謀者・明智光秀は、織田家中の諸将との合戦は避けられないだろうと考えて、各地の諸将に手紙を送り、自分の味方になってくれるように要請。しかし、それに応じてくれる武将はほとんどおらず、そうこうしているうちに、現在の岡山県付近における備中高松城の戦いで毛利勢と交戦中だった羽柴秀吉が、信長横死の知らせを受けて京都へ軍勢を引き返してきた。
彼は本能寺の変の翌3日にその知らせを入手するやいなや、すぐさま毛利軍と和議を結び、全軍を速やかに京都へ向けて進軍し、11日には尼崎まで戻ってきた。いわゆる「中国大返し」である。

しかも秀吉は、撤退中に織田家諸将に手紙を送って、自分の味方になってくれるように要請。光秀とは違って、数多くの武将がこれに応じ、丹羽長秀池田恒興堀秀政といった名だたる織田家の諸将らが秀吉の元に集った。

光秀と秀吉…。「勝った方が信長の天下統一事業を引き継ぐことになるだろう ──。」誰もがそのように予感していたのである。

秀吉が引き返してきたことを知った光秀は、京都から出陣して山崎に到着すると、見晴らしの良い恵解山古墳の上に本陣を据えた。 京都の地とは違い、この山崎は天王山と淀川に挟まれていて、防衛拠点に適している地であったため、決戦の地に選択したのであろう。

一方、味方を連れて山崎に到着した秀吉は、山崎山のふもと付近に布陣。要所である天王山の山裾に黒田官兵衛や羽柴秀長といった武将を置く。光秀軍正面の最前線には高山右近や中川清秀、加藤光泰が着陣し、その後ろには堀秀政が着いた。山崎の地に流れる木津川付近には池田恒興が陣を張る。

着々と戦闘態勢を整える秀吉に対し、味方を上手く集められなかった光秀は進軍に十分な態勢を整えることができず、2~3倍の兵力差のまま決戦へと突入することになった。

戦局と勝敗

開戦となったのは信長横死からわずか11日後の6月13日。移動中だった秀吉軍先鋒中川隊に、明智軍伊勢隊が攻撃を仕掛けることで始まる。

山崎の戦いマップ

伊勢隊は中川隊やその近くに布陣していた高山隊へ猛攻を仕掛け、中川高山隊は窮地に陥る。また、天王山でも明智軍が攻撃を仕掛け、拮抗した戦いを繰り広げることになる。数で優位に立った秀吉軍だったが、最初から優勢だった訳ではないのだ。
秀吉軍はあわや前線崩壊かと思われたが、中川高山両隊の後ろには、戦名人堀秀政が詰めていた。この救援により中川高山両隊壊滅することなく戦線を維持することができたのである。

そして戦局を決定づけたのは、秀吉軍に所属していた加藤光泰、池田恒興隊だ。彼らはひっそりと淀川を渡って光秀軍を攻撃。これに連動して丹羽長秀、織田信孝の軍も光秀軍側面へ攻撃を開始する。 味方の猛攻に劣勢だった秀吉軍正面部隊も息を吹き返し、光秀軍正面を攻める。これによって光秀軍は崩れ、態勢を立て直すことができなくなる。光秀は部下に促される形で勝竜寺に逃れ、彼を逃がすために全部隊は壊滅。秀吉軍が勝利を収めることとなった。

戦後

その後、光秀は坂本城へと退却する道中で落ち武者狩りに遭い死亡することになる。しかし、この死亡説には疑問も残っており、はっきりとしたことは分かっていない。秀吉軍はその後光秀の本拠地である坂本城を攻略、明智氏を滅ぼすと共に近江を平定することになる。

山崎の戦いが歴史の転換点になったことは疑いようがない。光秀を討ったことで秀吉は、織田家において強い発言権を手にすることとなる。翌月に行われた清州会議を経て、信長の後継者としての地位を固め、天下人への道を歩み始めるのである。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP