丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「長束正家」豊臣政権の財政を担った五奉行の1人

財政面の事務に秀でた才能をもっていた長束正家。秀吉に見出されて豊臣政権に大きく貢献した武将であり、軍事では知略を発揮した知将でもあった彼の生涯に迫る。

算術能力を秀吉に買われる

正家は、永禄5年(1562年)に長束盛里の長男として誕生した。

彼の出自は、彼自身の活躍によって名をあげたことにより、ハッキリしていない。出身地は近江国とも尾張国とも言われており、近江国の国栗太郡長束村(現在の滋賀県)が有力な説とみられている。正家の出生時、父盛里は水口盛里と名乗っていたらしい。しかし、居城であった水口城が落城したことで長束村に移り住み、その地名を姓にして長束を称したという。

正家の前半生は定かでないが、はじめ織田信長の重臣・丹羽長秀に仕えていたらしい。算術に優れた武将であり、高い能力が認められその時すでに1万石を知行していたとされている。しかし、天正13年(1585年)に寄生虫の病によって長秀がこの世を去ると、豊臣秀吉の奉公衆に選出されることとなる。

しかし、長秀亡き後の丹羽氏は、後を継いだ丹羽長重に軍律違反があったとして、秀吉に所領の大半と長秀時代の有力家臣を取り上げられてしまう。さらに、「財政上の不正があった」と秀吉より糾弾されるが、このとき正家は、その疑いを晴らすべく、自身がつけていた帳簿を提出して抵抗したという。これを機に秀吉からその高い算術能力を買われ、豊臣氏直参の家臣にスカウトされたのである。

秀吉政権下で大出世

豊臣家臣となった後は、豊臣氏の蔵入地の管理や太閤検地の実施を担当した。豊臣氏入りした正家は、翌年の天正14年(1586年)本多忠勝の妹である栄子と結婚し、のちに長男・長束半右衛門助平を設けている。

軍事面では、同年から翌天正15年(1587年)にかけて行われた九州征伐の際、秀吉に付き従って蔵米の徴収や配分を担当するなど、合戦を影から支えている。また、天正18年(1590年)に行われた小田原征伐では兵糧奉行として参列し、およそ20万石の兵糧の輸送をスムーズに行って戦いを有利に進め、さらには小田原一帯の米3万石を買い占めることで、小田原城の兵士を飢えさせる兵糧攻めも同時に行っている。
なお、石田三成を大将、正家を副大将とした成田長親の忍城攻めにおいては武功も立てており、この後、弟である長束正隆が秀吉の直属の家臣に取り立てられている。

このほか、正家は農村支配にも関与した。文禄3年(1594年)の2月には戦乱によって荒廃した農村の再建や、逃亡した農民の還住策などを提案、指示を行った。さらに伏見城の築城・造営にも参加するなど、役人として優れた武将であることが窺い知れる。

こうした功績が認められ、文禄4年(1595年)に近江水口城5万石を与えられてその城主となり、豊臣五奉行の末席に名を連ねるという大出世を果たすことになった。2年後の慶長2年(1597年)には12万石に増加されるととともに、官位も従四位下侍従へと大きく昇進。秀吉からの信頼の厚い武将に成長したことがうかがえる。

領内では、のちに家松山大徳寺となる浄慶寺の保護をするなど、さまざまな功績を立てた。慶長3年(1598年)3月、蒲生秀行が減封された暁には、松田秀宣など蒲生家の浪人を迎えて召し抱えている。

関ヶ原での敗戦後は…

秀吉死後、豊臣家中は徳川家康と石田三成とが対立して二分化。正家は同じ五奉行の三成の下に与することとなる。

正家ははじめ、豊臣政権内部で権力強化を進めていく家康に対し、前田玄以増田長盛らとともに政務面で協力的だったようだが、慶長5年(1600年)に入り、最終的には三成とともに水面下で打倒家康の計画を立てている。

同年5月、上杉景勝と関係が悪化した家康が会津征伐を決定した際、家康に中止を嘆願するも失敗に終わった。さらには、長男と家臣が水口において家康の暗殺を図っているとの噂を立てられるなど、状況はどんどん不利になっていった。そして7月にはついに三成らとともに挙兵し、関ヶ原の戦いへと臨む。
前哨戦の一つ・安濃津城の戦いでは毛利秀元や吉川広家らとともに安濃津城を攻め、これを攻略している。その後、美濃大垣城へと向かい、関ヶ原決戦を目前に毛利秀元・吉川広家とともに布陣。池田輝政隊と銃撃戦を展開したものの、東軍に内通していた広家の妨害によって本戦には参加できなかった。西軍の敗戦となった後は水口城へと向かうが、城を目前に山岡道阿弥率いる軍勢の攻撃を受けて敗走、弟の玄春が捕らえられ、処刑された。その後、正家は水口城に入城するも、敵に欺かれてまもなく捕えられ、最期は切腹して果てた。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP