丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「小早川秀秋」関ヶ原最大のキーマン?勝敗を決定づけた背信の将。

小早川秀秋の肖像画
戦国時代の裏切り者として有名な小早川秀秋だが、生まれながらにして豊臣秀吉と関わりが深いなど、その生涯は意外と知られていない。

秀吉の養子へ

小早川秀秋は天正10年(1582年)に近江の長浜で誕生した。幼名は辰之助。 父親は豊臣秀吉の正室・おね(高台院)の兄だった木下家定であり、辰之助が誕生したときには既に秀吉の家臣として働いていたと言われ、母親は秀吉の家老・杉原家次の娘とされている。

秀秋3歳となった天正13年(1585年)には、義理の叔父・秀吉の養子となり、おねに育てられることになる。

天正16年(1588年)4月に、羽柴秀俊宛てに後陽成天皇および内大臣・織田信雄以下6大名が連署した起請文作成が送られている。これにより、秀吉の代理として天皇への誓いを受け取ることになった。 なお、羽柴秀俊とは秀秋のことである。秀秋は短い生涯において「辰之助 → 木下秀俊 →羽柴秀俊 → 小早川秀俊 →秀秋 →秀詮」というように多く改名している。

天正17年(1589年)には秀吉の怒りを買った豊臣秀勝の領地・丹波・亀山城10万石がそのまま秀秋に与えられている。秀吉が天下人となった後の文禄元年(1592年)には、従三位・権中納言兼左衛門督に叙任し、「丹波中納言」と呼ばれるように。まだ11歳でありながらこうした官位を授けられたため、周囲の豊臣諸大名らは、秀秋のことを2代目・関白豊臣秀次に次ぐ後継者の地位にあるとみていたようだ。

小早川家の養子へ

やがて秀秋に転機が訪れる。

それは秀吉と側室の茶々との間に実子・豊臣秀頼が生まれたからであった。秀吉自身は息子の秀頼を後継者にしたいと思い、養子の秀秋を疎ましく思うようになった。そんな事情を察した秀吉の家臣である黒田官兵衛が、小早川隆景に「秀秋を毛利輝元の養子にしてもらえないか」と提案し、隆景は毛利家の血筋を守るためにあえてそれを受け入れるのである。

こうして文禄3年(1594年)に秀秋は隆景の養子となり、ここで "小早川秀俊" を名乗るようになった。一方、隆景は中納言の官位を与えられ、思惑どおりに家格を大きく上昇させることに成功している。

ところが翌文禄4年(1595年)に2代目関白・豊臣秀次が突如謀反の嫌疑をかけられて切腹する事件、いわゆる秀次事件が勃発する。この事件の真相は定かでないが、秀秋は連帯責任として丹波・亀山の領地を没収されてしまうことになった。この扱いに不満を持った小早川隆景は少数の家臣を連れて故郷である安芸へ隠居して、家督を秀秋に譲った。この隠居に驚いた秀吉は隆景に5万石という破格の隠居料を与え、一方で家督を譲り受けた秀秋は30万石余りの筑前国の国主となったのである。

初陣が朝鮮出兵

慶長2年(1597年)の慶長の役では、秀秋が日本軍の総大将として出陣を命じられている。秀秋自身にとってこれが初陣となった。同年6月29日に朝鮮出兵の拠点・名護屋城を出発し、渡海して7月17日には釜山へ上陸。上陸当初は釜山周辺の守備や梁山倭城近辺の土木工事の管理を担当している。朝鮮での在陣中に養父の小早川隆景が死去したことで、「小早川秀秋」を名乗るようになる。

本国より帰国命令を受けた秀秋は翌慶長3年(1598年)1月に帰国した。なお、家臣の寺沢正成らは秀秋を安全に帰国させるために引き続き釜山で守備し、帰国したのは5月になってからである。帰国した秀秋は、秀吉よって越前北ノ庄の15万石まで領土を減らされている。これは秀吉側近の石田三成が「秀秋は大将の器にあらず」と厳しいことを進言した影響と言われている。

関ヶ原

関ヶ原の戦いでは西軍の一角として参加。およそ1万5千の兵を率いて関ヶ原の南西にある松尾山にて布陣している。実はこのときに秀秋の家老・平岡頼勝らが東軍の黒田長政と内通しており、徳川家康からも目付け役として奥平貞治と大久保猪之助を差し向けられていた。彼らの役割は見張であり、最初から徳川家康側に寝返る予定であったことが伺える。

決戦では家康の催促もあって秀秋は西軍を裏切り、味方であるはずの大谷吉継の陣へ攻撃をおこなった。このときに小早川勢の大将の一人である松野重元は裏切りに納得がいかずに独断で撤退をしている。裏切りに合った大谷陣営は各武将たちが奮戦したが、自軍の中でも脇坂安治や朽木元綱らが裏切ったこともあって壊滅。このことが影響して西軍は総崩れとなって敗走を余儀なくされ、三成も伊吹山中へ逃亡した。秀秋はその後、三成の本拠・佐和山城の攻城にも参戦している。

早すぎる逝去

戦後、西軍を壊滅させた功労者として家康から備前および美作から備中東半での領地、さらに播磨国にある旧宇喜多秀家領である岡山55万石が与えられた。秀秋はまもなく名を "秀詮" と改名している。

岡山の領土が与えられた秀秋は、岡山城を改築するとともに、外堀の外側に新たに堀をつくるなどの構築をした。ほかにも領内の検地をおこなったり寺社を復興させたり、農地の整備をしたりと自国の近代化を推し進めている。しかし、家老の一人・稲葉正成が出奔したり、同じく家老の杉原重政が斬殺されるなど、近代化は一筋縄ではいかなかった。そして関ヶ原合戦から2年後の慶長7年(1602年)10月18日、秀秋21歳にして逝去。

聖護院道澄が記した記録によると、秀秋は鷹狩の最中に体調を崩して3日後になくなったとされている。この記録には秀秋の病歴も記録されており、そこからアルコール依存症を患っていたことがわかる。このため、死因は酒による内臓疾患との見方が有力視されている。なお、死因のエピソードとして、関ヶ原で秀秋の裏切りに遭遇して死んだ大谷吉継の祟りだとするものもある。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP