丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「北条氏直」実権は父氏政にあった若き後北条五代目

北条氏直の肖像画
若くして家督を譲られるも、父の北条氏政に実権を握られつづけた北条5代目の氏直。対豊臣政権に対しては穏健派として知られているが、家中での発言力・影響力が弱かったのか、結果的に秀吉の小田原征伐を止めることはできなかった。

激動の幼少期を過ごす

氏直は永禄5年(1562年)、父北条氏政の二男として誕生。幼名は国王丸、通称は新九郎といった。母は武田信玄の娘・黄梅院で、祖父は後北条三代目当主の北条氏康である。

氏康といえば「相模の獅子」と恐れられた人物であり、彼は信玄をはじめ、上杉謙信今川義元といった強大な敵と対等に激しく戦い、やがて外交政策によって武田・北条・今川の三者間による甲相駿三国同盟を結んでいる。この同盟のときに父氏政と母黄梅院が結婚し、のちに誕生したのが氏直であり、氏康と信玄の血脈を受け継いだサラブレッドなのである。

氏直の幼少期はまさに激動の時代であった。当時、北条は武田と協力して最大の敵である越後の上杉謙信とたびたび戦っており、その一方で今川家は、桶狭間の戦い織田信長に敗れて以降、領国内が大混乱となって没落の一途を辿っていった。そしてついに信玄は今川を見限って徳川家康と密約を結び、永禄11年(1568年)から駿河侵攻を実施。結果、翌永禄12年(1569年)に今川は事実上滅び、当主の今川氏真が小田原に移って北条家に庇護されることになった。つまり、信玄は三国同盟を破ってまで徳川と手を組んで今川領を奪い、北条は今川との同盟を固く守って今川に味方したということであり、当然のごとく、この時点で武田と北条は敵対関係となったのである。

なお、このとき氏直は氏真の猶子として今川家の家督を相続し、将来の駿河国の領有権を得たという。また、母の黄梅院は父氏政と離縁となって武田家に戻されており、この年に病死している。

氏直の元服・初陣・結婚

その後の元亀2年(1571年)には、祖父氏康が亡くなって父氏政が当主となり、北条と武田の同盟も復活となる。氏直16歳となった天正5年(1577年)には、3月に元服、11月に上総国に出陣して初陣を飾っている。この戦いで北条の宿敵であった安房国の里見氏と和睦し、同盟関係となった(房相一和)。

天正6年(1578年)、越後上杉家で勃発した家督争い・御館の乱には武田・北条の両家が介入したが、その過程で武田勝頼上杉景勝と和睦し、戦後に甲越同盟が締結されたため、北条と武田は再び敵対関係となった。天正8年(1580年)には、父氏政が天下の趨勢が織田家にあることを悟り、信長に臣従を申し出て自らは隠居。これにともなって氏直19歳で北条当主の座についている。

氏直は天正9年(1581年)、叔父にあたる勝頼と三島で戦うも、決着はつかず。勝頼は翌天正10年(1582年)3月に信長に滅ぼされるが、その信長も同6月に本能寺の変によって横死する。
武田滅亡から日が浅いことから織田家が支配していた武田旧領(信濃・甲斐・上野)は一揆が勃発するなど大混乱となり、これに乗じて徳川・北条・上杉家による武田旧領争奪戦が勃発することに…。これは天正壬午の乱と呼ばれ、4カ月にも及ぶ大乱となったが、氏直がもっとも活躍した合戦であろう。

大軍を率いて上野国へ進軍した氏直軍は、6月16~19日にかけて武蔵国行なわれた神流川の戦いで織田の重臣・滝川一益を撃破。続いて信濃国に侵攻して上杉軍と対峙し、その後は南下して甲斐国に入り、徳川軍とも戦っている。戦いは徳川 vs 北条の様相を呈すが、やがて戦線は膠着して10月末に両者は和睦。このときの和睦条件で氏直は家康の娘・督姫を娶っている。

北条滅亡への道

以後、氏直は下野・常陸方面に侵攻して勢力を拡げていった。しかしその一方、信長の天下統一を継承した豊臣秀吉天正13年(1585年)に四国を平定、天正15年(1587年)には九州平定を成し遂げ、関東・奥羽(陸奥国・出羽国)の惣無事令を発令。これは関白の名において出された大名間の私闘禁止の法令であり、戦国大名が勢力拡大を目的に軍事行動を起こすことの禁止を意味する。

このため、氏直は秀吉との戦いに備えて軍備増強に務め、同時に家康の仲介によって秀吉との交渉に望み、北条氏は豊臣政権に従属することになった。しかし、先に述べた天正壬午の乱の和睦条件から発生した沼田領問題と、秀吉の惣無事令により、結果的に北条滅亡の糸を引くことになる。

沼田領問題とは、平たくいえば上野沼田領をめぐって真田氏と北条氏が互いに自分の土地だと主張した問題である。
発端は天正壬午の乱の和睦条件に「上野国=北条のもの」とする条件が含まれていたことだが、そのとき徳川に服属していた真田昌幸は、上野沼田の地は過去に自分で得た土地として北条に譲渡しなかったのである。このため、両者はたびたび争っていたが、天正17年(1589年)についには秀吉の介入によって沼田の地が分割された(沼田領裁定)。

だが、その直後に沼田裁定を無視するような事件が勃発。北条家臣が真田の城とされた名胡桃城を突然奪取したのである(名胡桃城奪取事件)。これが秀吉の惣無事令違反として秀吉による小田原征伐が開始されることになる。

氏直の最期

天正18年(1590年)2月から秀吉による小田原征伐が開始されると、氏直は領国内に動員令をかけ、同時に本拠・小田原城や他の支城の修築を行うなどの備えをしている。だが、豊臣の大軍を前にしてまさに多勢に無勢であり、やがて小田原城は完全包囲され、同年7月に降伏。関八州の覇者・北条氏の滅亡となった。
なお、『北条記』では、氏直に関して「虚弱体質だったため、裁決を人任せにしてしまったことから自分の家を失うことになった」と記されている。

戦後、父氏政のほか、北条氏照大道寺政繁、松田憲秀が切腹を命じられた。氏直は家康の婿でもあったためか助命され、高野山追放とされている。そして翌天正19年(1591年)には、氏直自ら行なった赦免活動によって秀吉に許され、大阪の旧織田信雄邸を与えられている。その後、秀吉と対面して河内及び関東で1万石を与えられたが、まもなくして病死した。享年30。『多聞院日記』によると、死因は疱瘡という。

墓所は神奈川県箱根町の金湯山早雲寺。氏直死後、従弟で氏規の嫡子である北条氏盛が氏直の名跡と遺領の内4千石を相続し、慶長3年(1598年)に氏規の跡を継いで1万1千石の大名となり、北条宗家は河内狭山藩主として幕末まで存続した。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP