丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「北条綱成」2代氏綱から5代氏直まで仕えた "地黄八幡" の闘将

今川から北条へ落ち延びた過去?

北条綱成(つなしげ)は今川氏親の家臣であった福島正成の嫡男として永正12年(1515年)に誕生し、幼名を福島勝千代と称したという。福島と書いて「くしま」と言い、九島とも書く。

父の正成は大永元年(1521年)の飯田河原の戦いのとき、自身を含む一族の多くが武田家臣・原虎胤に討ち取られた、もしくは天文5年(1536年)に勃発した今川家の家督争い・花倉の乱において福島氏を母に持つ今川良真(玄広恵探)を支持したことで討死したといい、その後の綱成は小田原へと落ち延びて北条氏綱の保護を受けたと言われている。そして綱成を大いに気に入った氏綱は娘を娶らせて一門に迎えて北条姓を与えたといい、綱成の名乗りも氏綱の偏諱である「綱」と父・正成の「成」を合わせたものとされている。

なお、綱成の父・福島正成という人物は実在せず、伊勢九郎(別名・櫛間九郎)という人物が実父だという見解もあることから、前述したように今川から北条へと落ち延びたという話は伝承の域をでないようだ。

地黄八幡

綱成は天文6年(1537年)より上杉家との戦い等、各地の戦場を駆け巡り、北条氏の北条五色備という赤、青、黄、白、黒の五色の部隊の中で「黄備え」を担当したという。天文10年(1541年)氏綱の死去に伴い、家督を継いだ北条氏康からも引き続き信頼されていた綱成は、氏綱の子・北条為昌の後見役を任され、翌天文11年(1542年)の為昌死後には、為昌の養子という形で玉縄城主となった。

綱成の率いた黄備えは、黄色地に染められた「八幡」と書かれた旗指し物を使用していたことから "地黄八幡" と称された。地黄八幡は「直八幡」の発音に通じ、自身が八幡の直流であるというアピールをしていたとされる。

氏康が窮地に陥った、日本三大奇襲(日本三大夜戦)の一つとされる河越夜戦(1546年)においては、綱成は山内・扇谷の両上杉氏と古河公方の三者連合を相手に、半年余りを籠城戦で耐え抜き、氏康率いる本軍と連携して奇襲作戦を実行。逆転勝利の立役者となっている。この功により、戦後は河越城主も兼ねることになったという。

以後、第三次川中島の戦い(1557年)では武田方への援軍として参戦、第二次国府台合戦では奇襲部隊を率いて里見軍を撃砕、三増峠の戦い(1569年)では武田譜代家老の浅利信種などを討ち取るなど、功を重ねていった。

綱成の人物像

綱成は若いときから武勇に秀でており、毎月15日には必ず身を清めて八幡大菩薩に戦勝祈願をしたという。北条2代目の氏綱に可愛がられていた綱成は、幼少期に素行が悪かった氏康に代わって次期当主として担ぎ上げようとする動きまであったというのだから、相当に気に入られていたのだろう。3代目の氏康とは同い年の義兄弟であったため、信頼が非常に厚く、氏康の名代として外交・軍事の全権委任をされることもあったようだ。

大将であるにも関わらず、常に先陣を切って戦に明け暮れ、その武勇に上杉軍や武田軍さえも恐れさせたという綱成だが、 元亀2年(1571年)に氏康が病死すると、綱成も家督を嫡男・氏繁に譲って隠居し、その際に剃髪をして上総入道道感と名乗ったという。

その後、天下の趨勢が豊臣秀吉へと傾いていった天正15年(1587年)、病のために死去した。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP