丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

北条氏康の家紋

家紋

氏康の使用する家紋は後北条氏初代当主の祖父・北条早雲からそのまま受け継いでいる。

後北条氏の家紋(北条鱗)
北条鱗(ほうじょううろこ)

後北条氏宗家の独占紋。鎌倉時代の北条氏の紋であり、祖父・北条早雲が北条の姓だけでなく、家紋も受け継いだという。

<a href='https://sengoku-his.com/houjou/detail/368'>北条氏康</a>の家紋(北条対い蝶)
北条対い蝶(ほうじょううついちょう)

早雲が伊勢新九郎と称していた頃の家紋であり、後北条氏の替紋の位置付けにある。

後北条氏の家紋(三つ鱗)
三つ鱗(みつうろこ)

後北条氏の庶流が使用した紋。宗家の三つ鱗である紋北条鱗と違い、形状が正三角形となっている。






関連記事

おすすめの記事

 PAGE TOP