丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「岐阜城の戦い」かつての信長居城が関ヶ原の舞台の一つに。
──慶長5年8月23日(1600年)

戦国末期、日本が東西二つにわかれ天下の覇権を争った戦いが関ヶ原で起こったのはあまりにも有名だが、その前哨戦とも言われる戦いがこの岐阜城の戦いである。

合戦のいきさつ

天下を統一した戦国大名・豊臣秀吉がこの世を去ってから数年、徳川家康石田三成の対立はその激しさを増し、いつ開戦となってもおかしくはない状況が続く中、日本全土の武将たちが東軍と西軍のどちらに加担するのかとそれぞれがその情勢を見極めていた。

慶長5年(1600年)織田信長の直系の孫で岐阜13万石を有する織田秀信は、当初は家康側である東軍に加勢するため会津へ向かう予定だったが、石田側の説得により西軍に与することとなる。
秀信が城主を務める岐阜城は、地理的にも戦の重要拠点であり、秀信が西軍についたことを知った東軍派の武将たちは大いに動揺した。そして江戸から動きを見せない総大将の家康への忠誠を示す意味も込めて、福島正則池田輝政の軍が岐阜城へ攻めかかった。そしてすでに三成率いる西軍もまた美濃まで進出してきていた。

東海道上を進軍してくる東軍に対し、秀信は岐阜城を中心に数カ所に陣を張って迎撃態勢を整えた。秀信の兵力は1万にも満たなかったと言われている。当初、家臣たちから兵力で劣る場合の上策であった籠城戦を提案されたが、秀信は自ら出陣するという強い意志をみせている。

一方、東軍は木曽川近郊に池田輝政の1万8千の兵が着陣、福島正則軍は池田軍のさらに下流に陣取った。 東軍が木曽川の中洲付近へ上陸するのを確認した秀信軍は、一斉射撃を開始し、戦いの火蓋が切って落とされる。 鉄砲を掻い潜り対岸へたどり着いた東軍に対して予め伏せておいた秀信軍が襲いかかる。合戦開始当初は秀信軍は奮闘し優勢を保ったが、数に勝る東軍が徐々に盛り返しやがて全軍が対岸になだれ込むことに・・・。(河田木曽川渡河の戦い、米野の戦い)
秀信ら西軍は残存兵を集めてその後も善戦したものの、東軍の勢いを止めること叶わず、岐阜城への退却を余儀なくされたのである。

激突から籠城へ

秀信軍の撃退に成功した東軍は深追いすることはせず、総大将である徳川家康に勝利の報を知らせ、近くを流れる荒田川近郊に宿営した。一方、岐阜城退却を余儀なくされた秀信は味方であった大垣城と犬山城に救援要請をする。この際、家臣たちから徹底籠城の意見が出たと言われているが、秀信は岐阜城を守るいくつかの砦に残存兵力を割いている。

東軍は、犬山・大垣城からの援軍を警戒し、山内一豊・藤堂高虎らの武将を要所に配置し対策をとった。 8月23日朝、井伊直政・福島正則らが岐阜城を完全包囲、本丸以外は全てが東軍に攻め落とされてしまう。 この時点で、救援要請をしていた二城からの援軍はなかった。

大垣城の援軍は物理的に間に合うことができなかったと言われているが、犬山城に関しては、東軍の井伊直政の働きによって犬山城主石川貞清はすでに調略されていたとされている。 いよいよ追い詰められた秀信は自害を決意するが、池田輝政や家臣の木造長政の説得により降伏。剃髪し、関ヶ原の戦いの後高野山へ入山した。

戦後

岐阜城の陥落は西軍にとっては相当な痛手であった。岐阜城付近は木曽川・長良川・揖斐川という木曽三川が流れ込む特殊な地理条件下にあり、これだけの自然の要害を備えていながら、わずか1日で落とされてしまったことは、のちの大一番である関ヶ原決戦の西軍敗因のひとつであろう。

西軍は急遽寄せ集めた烏合の衆であった。指揮系統はもちろんのこと、十分な兵力が関ヶ原決戦の直前まで整わなかったことが招いた結果と思われる。岐阜城の戦いでもそうであったが、西軍は関ヶ原決戦でも東軍の調略によって小早川秀秋の裏切りにあっており、組織として一枚岩になりきれなかったのである。

なお、秀信のその後は、出家して高野山で修行の身に。しかし、祖父の信長が一向宗を徹底的に迫害した過去があることから、秀信は迫害を受けて追放されてしまう。その後、善福寺に入って地元の娘を妻に迎え、子供も設けて幸せな日々をすごしたが、1605年、26歳の若さでこの世を去っている。秀信の死によって信長の嫡流の血縁は完全に途絶えた。ちなみに、岐阜城も信長を彷彿とさせる城だったため、家康は大名たちが思い出さないように廃城にしている。





おすすめの記事

 PAGE TOP