丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「八幡城の戦い」関ヶ原前哨戦!
──慶長5年9月1日(1600年)

八幡城の合戦とは、数多くある関ヶ原合戦の前哨戦の一つであり、美濃国の八幡城を巡って遠藤慶隆・金森可重連合軍(東軍)と稲葉貞通軍(西軍)の間で行われた合戦である。

合戦の背景

合戦の舞台となった八幡城の城主は、頑固一徹な武将として有名な稲葉一鉄良通の次男・稲葉貞通であった。彼は慶長5年(1600年)の7月に関ヶ原で三成が挙兵した際、西軍に加担し、会津征伐を中止して三成討伐に西へと進む東軍を阻止すべく、岐阜城の城主・織田秀信の命令で尾張国犬山城に入城。なお、このとき遠藤慶隆が西軍に誘われているが、元々は八幡城主だったが秀吉に改易された過去の恨みから、東軍に加担することを決意する。

八幡城は美濃中山城の城主である修理亮通孝が守っていたが、兵数はわずかだった。これを知った遠藤慶隆は八幡城奪還を井伊直政本多忠勝に願い出たところで許可が下りた。このとき遠藤慶隆の娘婿である金森可重は、徳川家康の会津征伐に従軍していたが、家康から遠藤慶隆に加勢するように命じられている。
こうして遠藤慶隆は高山城主の金森可重の支援も受けて八幡城を攻囲することになった。

経過

同年8月28日、遠藤慶隆は400人の軍勢を率いて出陣して田島に向かった。翌日に金森可重と合流して阿久田に着いた。ここから金森可重軍は城の東の小野の滝山に向かい、遠藤慶隆の軍勢は二手に分けて、9月1日に城の三方から攻撃を開始した。

この間、一方で犬山城に入っていた稲葉貞通は、好を通じていた福島正則の勧めで東軍に裏切ることを決意していたが、八幡城攻めが行なわれていることを知ると、激怒して八幡城へと向かった。福島正則らは事前に遠藤慶隆に対して八幡城攻めの中止を要請していたが、慶隆はすでに出陣していたことや、稲葉貞通がいまだ犬山にいて背後をとられる可能性もあったことからこれを拒否して、八幡城への攻撃を開始していたのである。

稲葉軍が八幡城へ急ぐも、翌2日には両軍の和議が成立し、八幡城は降伏していた。しかし、3日未明に八幡へ到着した稲葉貞通は遠藤慶隆の本陣を急襲。稲葉勢が東軍に転向していたと思って油断していた遠藤慶隆は驚いて本陣は大混乱に。。慶隆はたまらず金森可重の陣営に逃れたという。また、異説には、慶隆は油断してはおらずに両軍鉄砲の応酬となり、その後は稲葉方が遠藤方本陣まで攻め寄せて乱戦となり、互いに多くの死傷者を出してしまったという。
貞通は八幡城に入城して、翌4日に和議の使者を派遣して再び和議が成立する運びとなった。こうして八幡城をめぐる戦いは終わったのである。

戦後

この戦いの後、遠藤慶隆は軍勢を東軍に戻して、9月5日に上ヶ根の砦を攻囲して陥落させたると、その後、秀忠に戦況報告をして家康のもとに向かった。同14日に家康本陣に着いた彼は家康と面会して戦況を報告している。
一方の稲葉貞通は、当初は西軍に属して東軍の兵士を多数殺してしまったことを家康に詫びたが、特にお咎めはなかったようである。それから、関が原の決戦で東軍の勝利に終わったのち、豊後臼杵5万石の領地を与えられている。転封扱いではあるものの、それまで4万石だったので、1万石の加増になった。

遠藤慶隆の方は郡上八幡の本領を回復することに成功し、最終的に郡上全域2万7千石を領有することになった。





おすすめの記事

 PAGE TOP