丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「杭瀬川の戦い」関ヶ原前哨戦!
──慶長5年9月14日(1600年)

杭瀬川の戦いはなぜ起きたのか

1600年9月14日岐阜城にこもっていた織田秀信を1日で撃破した徳川家康は大軍を率いて美濃赤坂に到着した。その報を聞いた西軍諸将は総大将である石田三成含め大いに動揺したという。なぜなら当時の西軍は近江大津や丹波の東軍派の拠点を制圧するために兵力を分散しておりまだ主力部隊が到着しておらず、決戦を行う準備もまだできていなかったからだ。

また、岐阜城がわずか一日で抜かれるのを三成は想定しておらず、そもそも三成自身家康が前線にいきなり出てくるのは予想外だったため戦局が西軍の不利になったのを見て逃亡する兵すら出始めるありさまだった。 このような西軍不利の状況を打破するため、三成の重臣である島左近はある作戦を立てる。それは戦場についたばかりの東軍に奇襲攻撃を仕掛けて勝利し、味方の士気を回復させようとする作戦だった。この作戦を容れた三成は島左近に蒲生郷舎ら兵500を与えて東軍に奇襲攻撃を行わせることにしたのである。

合戦の概要

杭瀬川とは当時の西軍の前線拠点となっていた大垣城と家康が布陣していた赤坂のちょうど中間地点を流れる川で島左近はその杭瀬川を敵に気づかれないように渡り、東軍の目の前で苅田を行った。 元々苅田とは自軍勢の食料を調達したり、敵の食料を減少させる(奪う)ために行う行為なのだが、島左近はそのような目的のために苅田を行ったのではなく、東軍に挑発を行うためだけに苅田を行ったのである。 その挑発に切れた中村一栄隊の一部の兵士が島軍の兵士と小競り合いを起こし始め、さらに有馬豊氏隊も参加して本格的な乱戦となった。そして島左近はある程度戦った後、杭瀬川方面に撤退を開始し、それにつられるかのように中村・有馬両隊は島部隊を追撃した。そして左近を追いかけて杭瀬川を渡った瞬間突然、周囲の草むらから敵兵が現れた。 そう、島左近は杭瀬川を渡る前にあらかじめ伏兵を配置し、撤退するように見せかけて彼らを罠におびき寄せようとしたのである。 さらに宇喜多秀家の重臣である明石全登もこの戦いに参戦。激しい攻撃を受けた中村・有馬両隊は潰走し、、中村一英の重臣であろう野一色助義が戦死するなど大敗した。

戦いの影響

杭瀬川の戦いはある程度西軍の士気を回復させたことは間違いではないだろう。三成は杭瀬川の勝利の報を聞いた後野戦築城をあらかじめ行っていた関ヶ原に転進、その報を聞いた家康も大垣城を松平康元らに任せ、関ヶ原へと進軍した。 そうしてその翌日に天下分け目の関ヶ原の戦いが始まるのである。

さて、この戦いで敗北した中村一栄は関ヶ原の戦いの後、甥である一忠が関ヶ原の戦いの功績で伯耆国米子17万5000石へと加増転封されると八橋城3万石を有し、一忠がまだ若年だったため、彼の補佐を行い1604年に没した。

一方島左近は関ヶ原本戦で自ら陣頭に立ち奮戦、戦死した。ただし、遺体が見つからなかったことから生存説も当時から強くささやかれた。なおこの時左近に相対した兵は、関ヶ原の戦いののちも、この合戦を思い出しては迫りくる""左近の悪夢""に生涯うなされていたという。主君三成に何としても勝利を贈ろうとするこの時の左近の気迫が伝わってくる伝説である。





おすすめの記事

 PAGE TOP