丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「伏見城の戦い」籠城戦の狙いは時間稼ぎだった!?
──慶長5年7月18日~(1600年)

伏見城の戦いは関ヶ原の戦いの前哨戦に位置づけられる戦いの1つである。

合戦の背景

この戦いで伏見城を守備したのは鳥居元忠であり、彼は家康がまだ幼かった今川義元の人質時代からの側近である。両軍の兵力差は歴然として圧倒的に西軍有利な状況だったが、元忠が逃げることなく踏みとどまったのには理由があった…。

家康は豊臣秀吉亡き後、天下統一に乗り出すために豊臣五大老の1人である上杉景勝を討伐しようと考えていた。実際、景勝は会津の地で軍備増強するなど、家康にとって不可解な行動を取っていた。そこで家康は軍備増強の説明を果たすように上杉家に使者を送るも、景勝はこれを拒否している。
このため、家康は慶長5年(1600年)の6月に会津征伐を開始し、伏見を発って東国へと向かっていった。しかし、家康にとって伏見城は上方における重要拠点だったために、空っぽにするわけにもいかず、元忠に留守を任せたのだが、その隙を見て石田三成が西軍の総大将に毛利輝元を担ぎ上げ、7月17日に大阪にて挙兵。

伏見城は大阪から近かったのもあり、三成が挙兵したのち、まもなくして西軍の大軍が攻め寄せてきた。こうして始まったのが関ヶ原の前哨戦「伏見城の戦い」である。

なお、この危機的状況の中、家康の要請を受けた島津義弘の軍が援軍として到着。しかし、このとき元忠は「家康から話を聞いていない」として島津の入城を拒否。その場で孤立した島津軍はやむなくそのまま西軍へ加わったという。

合戦の経過

元忠を大将にした徳川軍の兵力はわずか1800人なのに対して西軍は4万。伏見城の兵数がここまで少ないのは家康が上杉討伐に兵力を割いたからである。つまり、元忠は上杉討伐に向かった徳川軍が戻ってくるまでの時間稼ぎの役割でしかなかった。 三成は降伏勧告を行うも、元忠はかたくなにこれを拒否して西軍の使者は斬られることになった。

7月19日から本格的に合戦が開始されたが、伏見城自体は防衛力の高い城だったため、西軍は圧倒的な兵力をもっていたにもかかわらず、なかなか攻め落とすことができなかった。
そこで水口城主の長束正家は、徳川家に仕えている甲賀衆の妻子を奪うように画策して人質にすると、伏見城にいる甲賀衆に放火するように命じた。こうして伏見城に放火されると、鈴木重朝が一番乗りで城へと駆け込み、元忠と一騎打ちの戦いをすることになったという。

8月1日、激しい戦いの結果、元忠は鈴木重朝に討ち取られ、徳川家臣の多くが自刃、昼頃に伏見城は陥落となったのである。

戦後

このとき自刃した徳川方の家臣らの血がついた板が京都の養源院、正伝寺、宝泉院などの天井板に利用されていて、それを今でも見ることができる。

この戦いは、元忠の奮戦むなしく西軍の勝利に終わったものの、家康にとっては十分な時間稼ぎとなった。10日以上の合戦だったことから、決戦の地となった美濃国関ヶ原の地への西軍の進出を送らせることができたとの見方もある。つまり、忠義の将として知られる元忠の最期の戦いは、天下分け目の関ヶ原合戦の勝敗に少なからず影響を与えたのかもしれない。





おすすめの記事

 PAGE TOP