丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「石川数正」秀吉の元へ突如出奔した家康の家老

石川数正の肖像画(長篠合戦)
家康の人質時代から付き従い、のちに西三河の旗頭として徳川家臣団の中枢を担った石川数正。信長死後、譜代家臣でありながら突如出奔して秀吉に寝返ったが、その理由は一体なんなのか?

松平氏譜代の出自

数正は石川康正の嫡子として誕生。
石川氏といえば、三河松平氏譜代の一族であり、代々筆頭家老を務めるトップクラスの家柄で知られている。

数正の生誕年は定かでないが、天文18年(1549)に竹千代(のちの松平元康、徳川家康)が今川氏の人質として駿府へ連れて行かれた際にこれに付き従ったとされる。
このとき8歳の竹千代にお供した者は数正らわずか7人(いわゆる7人衆)だったといい、数正のほか、酒井正親・内藤正次・阿部重吉・天野康景・野々山元政・阿部元次・平岩親吉などが知られている。

永禄3年(1560)の桶狭間合戦における大高城兵糧入れでは、数正は敵中深くまで侵入し、敵を引きつけて兵糧入れを成功させたという。その後、今川義元が討死すると、これに乗じて家康とともに松平氏の本領・岡崎城に入城した。

永禄4年(1561)、桶狭間の勝者・織田信長と石ヶ瀬で紛争となったとき、数正は先鋒を務めたという。その後、信長が滝川一益を使者として数正に和議の申し入れをしてきており、このとき数正が家康を説得して和議を成立させている。
こうして家康と信長は同盟関係となり、逆にこれまで従属してきた今川氏とは敵対関係となった。

こうした情勢により、今川の本拠・駿府にいた家康の妻子、すなわち築山殿松平信康・亀姫の3人は取り残されることになったが、翌永禄5年(1562)には人質交換によって無事、救出されている。
このとき、生け捕りにしていた鵜殿長照の子・氏長と氏次を連れて駿府に赴き、今川氏真と交渉したのが数正であった。

三河一向一揆と石川一族

永禄6年(1563)には西三河全域で三河一向一揆が勃発している。
当時、三河は禅宗・浄土宗・一向宗などが盛んであり、家康の家臣の中には一向衆門徒も多くいたため、主従が敵味方となって戦うハメとなった。家康は翌年までに苦心の末にこれを鎮圧している。

実のところ、石川氏は三河の一向宗門徒の棟梁的な存在だったとされており、実際に宗家当主にあたる父・康正をはじめ、庶流の多くも一揆方に加担。しかも父・康正は小川城に籠城して一揆方の総大将的な人物だったとみられている。
一方、数正や叔父の石川家成らは松平宗家が信仰する浄土宗に改宗して家康方についた。この一件により、石川宗家は家康の命によって叔父の家成の系統にとって代わられることになる。

あまり知られていないかもしれないが、家成と家康は従兄弟関係にあるのだ。
そうしたこともあってか、家康が三河平定を果たした永禄9年(1566)頃までに編成された ”三備” の軍制で、東三河の統率は酒井忠次が、西三河は家成が任されることになった。

西三河の旗頭へ

だが、永禄12年(1569)に数正にも転機が訪れる。

この年、家康は武田信玄と密約を結んで遠江国今川領への侵攻を行なったが、これに数正も当然のごとく従軍。そして今川氏真の籠もる掛川城を攻め、ついに降伏・開城となった。
戦後、西三河の旗頭だった叔父・家成が掛川城主に任命されて遠江国へ移ると、数正が後釜として西三河の統括を任されることになったのである。

織田政権期

その後、家康は同盟国の信長とともに浅井・朝倉氏や武田氏と戦っていく。

数正もこうした戦いの中、元亀元年(1570)姉川の戦い元亀3年(1572)の三方ヶ原の戦い、天正3年(1575)の長篠合戦などに従軍している。
なお、長篠合戦での大勝利につながった馬防柵について、家康から数正と鳥居元忠の2人宛ての書状で、入念に設営する旨の指示が出されている。

天正7年(1579)、信康の切腹事件後には岡崎城代となる。
信康の首塚は若宮八幡宮境内にあるが、信康の後見を務めていた数正は、翌天正8年(1580)に家康の命でこれを創建している。

信長死後、秀吉との出会いは運命か?

天正10年(1582)、信長によって武田氏が滅亡(甲州征伐)すると、これに協力した家康は戦後に駿河国を拝領した。その後、家康と数正ら重臣たちは信長に招待されて安土城へ赴き、堺を遊覧中であったが、本能寺の変が勃発して信長が横死。

数正らは本国から離れた地で、明智光秀の軍勢をはじめ、信長の死によって謀反を企てる者たちや一揆による襲撃などの危機にさらされることになった。このとき家康のお供衆はわずか数十人ほどであったが、家康一行は伊賀国経由ルートで命からがら三河国へ戻ったという。(神君伊賀越え)

信長死後の翌天正11年(1583)、羽柴秀吉が織田家の覇権争いで柴田勝家との決戦(賤ヶ岳の戦い)に勝利すると、家康は数正を戦勝祝いの使者にたてたという。このとき、数正ははじめて秀吉と出会い、のちの出奔へとつながっていくことになる。

天正12年(1584)、信長二男・織田信雄と秀吉が不仲となると、信雄に頼られた家康は秀吉との戦いを決断し、小牧・長久手の戦いが勃発。

長期戦となったこの戦いは結局、秀吉の巧みな外交によって信雄が単独講和してしまい、家康も和睦を受け入れざるを得ないこととなった。秀吉から和議の申込があった際、家康が重臣らに意見を求めたところ、数正はこれを受け入れるべきだと提言したという。
このときも数正が講和交渉の使者を務めており、家康二男・於義伊(のちの結城秀康)を秀吉の養子として送るが、この際に自らの息子二人も連れて行って於義伊に仕えさせたという。

家康を震撼させた数正の出奔

天正13年(1585)、数正は突如として出奔し、秀吉の元へ走った。
当時、家康と秀吉との関係が悪化しており、秀吉との再戦の機運が高まっていたが、一方で数正はこれまで秀吉の取次役を務めており、関係改善に尽力していたとみられている。

徳川にとって大きな痛手だったのは、数正が徳川軍の軍事機密を握っていたことだろう。数正の出奔により、秀吉に軍事機密が漏洩したも同然である。このため、家康は慌てて旧武田家臣から信玄・勝頼期の武田軍の軍事情報を提出させ、これをベースに軍事制度の再構築を行なったという。

家康を驚愕させた出奔

数正出奔の理由については、以下のように多くの説が存在している。

  • 秀吉の器量に惚れ込んで自ら寝返ったとする説。
  • 秀吉得意の恩賞による誘いに乗せられたとする説。
  • 秀吉に対する穏健派であったが、本多忠勝ら強硬派との軋轢で徳川家中における立場が著しく悪化したためとする説。
  • 数正が徳川家に連れてきた小笠原貞慶が秀吉に転じたため、その責任を追及されたとする説。
  • 松平信康の後見人を務めていたことから、信康切腹事件(1579)をきっかけに家康と不仲になっていたとする説。
  • 信康切腹事件後、徳川家の実権が数正を筆頭とする岡崎衆(信康派)から酒井忠次ら浜松衆(家康派)に移り、徳川家中における立場が悪化したとする説。
  • 数正が徳川家に連れてきた小笠原貞慶が秀吉に転じたため、その責任を追及されたとする説。

上記の説のうち、どれが史実なのかは定かではない。

豊臣政権下での晩年

こうして岡崎から秀吉のもとに走った数正は翌天正14年(1586)に河内国内で8万石を与えられた。

天正18年(1590)の小田原征伐後、信濃・松本10万石に加増移封される。その後、松本城の築城と城下町・天守閣の造営など政治基盤の整備に尽力した。
文禄2年(1593)に死去。





おすすめの記事

 PAGE TOP