丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「本多正信」幕閣として絶大な権力を得た家康のブレーン

本多正信の肖像画
多くの徳川重臣から疎まれたが、のちに家康の厚い信任を得て、幕政において絶大な権力をふるったことで知られる本多正信。
彼はなぜそれほどの権力を手にすることができたのだろうか?

三河一向一揆」で家康に弓を引く!?

正信は天文7年(1538)、三河国で父・本多俊正の子として誕生。仮名は代々、"弥八郎" と称した。

本多氏は古くから松平氏に仕えた三河譜代の家系であり、正信の家系(弥八郎家)のほか、本多忠勝(平八郎家)や本多重次(作左衛門家)の家系など、いくつか存在しており、宗家がいずれかはハッキリしていない。

父・俊正は松平清康・広忠の2代に仕え、正信も少年の頃より家康に仕えて、永禄3年(1560)桶狭間の戦いで従軍した際には、膝を負傷して片足が不自由になったといわれる。
ただ、正信の前半生はほとんどわかっておらず、これらはなんの確証もない。

一向一揆の際、家康と敵対

やがて家康は今川家から独立を果たすが、永禄6年(1563)には三河一向一揆が勃発。
この一揆は、家中に一向衆門徒も多くいたため、家康家臣団が敵味方に分かれて戦ったことで知られる。本多一族も敵味方に分かれており、忠勝・重次・広孝などは家康方であったが、正信や弟の正重は一揆方に加担して上野城に龍ったのである。

一揆衆が鎮圧された後、正信は家康に赦免されるも、まもなく出奔して諸国を流浪した末に加賀国に移住したという。 本願寺関連の居所と思われる。なお、一時は松永久秀のもとに身を寄せたともいい、久秀から以下のように高く評価もされている。

” 容貌言行、強からず柔かからず。物ごとに飾りなくしてまた賤しからず。尋常ならぬ器なり "

再び家康に仕え、吏僚として頭角をあらわす

やがて正信は再び家康に仕えることになるのだが、その時期は元亀元年(1570)姉川の戦いの時とも、天正10年(1582)の武田征伐の後ともいわれており、はっきりしていない。また、同年の伊賀越えにおける家康一行のメンバーに正信の名はないが、実際は正信も付き従っていたとも言われている。

その後、旧武田領の争奪戦(天正壬午の乱)を経て、徳川家の5カ国領有時代になると、正信は奉行に任じられて甲斐・信濃の統治を担当して吏僚としての力を発揮していったようだ。

天正12年(1584)、家康が羽柴秀吉と対決した小牧・長久手の戦いでは、周辺各国の戦国大名らをも巻き込むほどの広域の合戦となったが、このとき正信は長宗我部氏に出兵を促す書状をだす等しており、外交面にも携わっていたことがうかがえる。
なお、家康が上洛して秀吉に臣従した天正14年(1586)には、従五位下佐渡守に叙任されている。

関東領国時代と正信の台頭

天正18年(1590)の小田原征伐の後、徳川家は北条旧領である関東へと所領を移されたが、このときの知行割で、正信は相模国玉縄1万石を与えられている。

家康は豊臣政権下で江戸の町づくりに邁進、そして天下泰平の世において軍人よりも役人の需要が高まっていった。
徳川家臣団のトップは本多忠勝・榊原康政井伊直政、いわゆる徳川三傑であったが、 奉行職などの政治組織が整備されるとともに吏僚派の正信が家康の信頼を得ていくことになる。

秀吉の死後、慶長5年(1600)の関ヶ原合戦の直前には、家康三男・徳川秀忠の隊(別働隊)に参謀役として補佐に付けられている。

秀忠隊は石田三成との決戦に向かう家康本隊とは別ルートを通り、石田方に寝返った真田昌幸の上田城を攻めたが、この攻略に失敗している。(第二次上田合戦
『三河物語』では、失敗の要因に正信の無能ぶりを挙げている。

  • 秀忠は若かったため、すべては本多正信が取り仕切っていた。
  • 秀忠は何事も「佐渡次第とせよ」、つまり正信に従うように言っていたため、誰も諫言できなかった。
  • 正信は真田に騙されて4~5日を空費した。

戦後まもなく、家康は後継者選びのために5人の重臣を集め、意見を求めたという。そのメンバーは井伊直政・本多忠勝・平岩親吉・大久保忠隣、そして正信であった。
このとき正信は結城秀康、直政は松平忠吉、忠隣は徳川秀忠を推した。後日、家康は秀忠を世子にすることを発表したという。

幕閣として絶大な権力を手に!?

江戸幕府の成立後、正信は幕政を主導するほどの権力をもつようになる。

慶長10年(1605)、家康は将軍職を秀忠に譲って駿府に移り、自らは大御所として二元政治を開始するが、正信を秀忠の指南役にして幕政にあたらせた。また、正信の子・本多正純も幕閣として家康のもとに置かれ、父子揃って家康に重用されたのである。

大久保忠隣との政争

だが正信は、同じく幕閣で権力者となった大久保忠隣との間に大きな確執があったといい、慶長17年(1612)に起きた岡本大八事件の背景にも、両者の対立があったといわれる。

事件の内容は、本多正純の家臣・岡本大八が朱印状を偽造し、肥前国の有馬晴信を騙して賄賂を受け取ったというものだが、最終的に2人は幕府から尋問を受けて処刑となっている。なお、2人がいずれもキリシタンだったことから、以後、幕府は禁教に転じるようになった。

配下の家臣が不祥事を起こしたため、大久保忠隣との権力闘争は不利となった正信父子だったが、翌慶長18年(1613)の大久保長安事件によって一気に形勢が有利となった。
大久保長安事件とは、代官頭であった大久保長安が亡くなり、多額の金銀の蓄財など、生前の不正が次々と摘発した事件である。 長安は大久保忠隣の庇護下にあった人物であることから、忠隣は幕閣として苦しい立場に追いやられることになった。そして、慶長19年(1614)には大久保忠隣が改易となり、ついに失脚。これは正信が長安事件にからめて画策したともいわれる。

このように、正信は忠隣との政争にも勝ち、幕藩体制において不動の地位を得たのであった。以下は『寛政譜』にある正信評だが、家康と正信の親密さがよくうかがえる。

「両御所に奉仕して、乱には軍謀にあずかり、治には国政を司り、君臣の間、相遭こと水魚のごとし」

江戸時代初期の国家の統治について記した書『本佐録』は、正信の著といわれている。在職は17年にわたり、元和2年(1616)に家康の後を追うように没した。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP