丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「今川義忠」応仁の乱の渦中、一揆の襲撃によって討死した義元の祖父

今川義忠は今川義元の祖父にあたり、駿河今川氏6代目の当主。

家督を継ぎ、駿河の守護に

1436年(永享8年)に今川範忠の子として誕生。

今川氏は本拠地である駿河国の他、遠江国の守護職も保持していたが、このころは遠江守護職は斯波氏となっていた。

1454年(康正2年)、室町幕府より足利成氏討伐を命じられた父の範忠の代わりに出陣し、鎌倉を攻略(享徳の乱)。その功績により将軍・足利義政より感状を受けた。

1461年(寛正2年)には範忠の危篤を受けて駿河守護職を継承する。

応仁の乱

1467年(応仁元年)には国内史上最大の内乱である応仁の乱が勃発した。

義忠は上洛して将軍警固を理由に東軍が占拠している花の御所へ入って東軍へ属した。これは対立関係にあった遠江守護の斯波氏が西軍に属していたため、東軍に属したとみられている。

1468年(応仁2年)、細川勝元からの要請で駿河へ帰国した義忠は、遠江へ積極的に侵攻を開始し、斯波氏や在地の国人と戦った。遠江守護の斯波氏はなぜか遠江に守護代を置いていなかったため、今川軍は有利に遠江侵略を進めていった。

1473年(文明5年)、将軍から預けられた所領を巡り、同じ東軍の斯波義良らと対立して勝利。しかし、そのために同じ東軍である細川成之とも敵対関係となってしまう。

1475年(文明7年)、東軍は西軍から甲斐敏光を寝返らせて遠江国の守護代として迎え入れたが、そのことで同じ東軍の斯波氏を締め出す形となった。このことで義忠と斯波氏との関係も悪化。遠江国の情勢は混沌とすることになった。

1476年(文明8年)、今川軍は遠江の国人たちを次々と撃破していった。遠江最大の国人・横地氏らを討伐すべく500騎を率いて出陣し、勝間田城と金寿城(横地氏の拠点)を囲み、討つことに成功した。これにより義忠は遠江の完全支配に向けて大きく前進することになった。

しかし、その凱旋途中、遠江小笠郡塩買坂(現在の静岡県菊川市)で横地氏らの残党による一揆に襲われる。義忠は馬に乗って指揮をとるものの、流れ矢に当たって非業の死を遂げた。享年40歳。

義忠死後の今川家

義忠の不慮の死により、今川氏は最大の危機を迎えることとなった。
義忠の子・龍王丸(のちの氏親)が幼少だったために家督争いが勃発し、今川家の家督は龍王丸が成人するまでは小鹿範満が代行する形となったが、範満は龍王丸が成人しても家督を返さなかったので、家臣の手によって討伐されるのであった。

その家臣というのが龍王丸の母・北川殿の弟の盛時(後の北条早雲である。





関連ワード


おすすめの記事

 PAGE TOP